ChatHead

神谷浩史が語る「今回の傷物語は羽川翼を好きになる」 | rooVeR [ルーバー]

このエントリーをはてなブックマークに追加
2

神谷浩史が語る「今回の傷物語は羽川翼を好きになる」

劇場アニメ『傷物語』3部作の中編にあたる、2作目『Ⅱ熱血篇』が8月19日に公開。rooVeRでは主人公の阿良々木暦役を務める神谷浩史さんにインタビューを敢行。全2回に分けてその模様をお伝えします。

傷物語〈Ⅱ熱血篇〉本予告(8/19全国ロードショー) - YouTube

傷物語〈Ⅱ熱血篇〉 8/19全国ロードショー

主演・神谷浩史さんが語る、『傷物語〈Ⅱ熱血篇〉』の魅力とは

原作は西尾維新先生が2006年より刊行をつづけている怪異小説『〈物語〉シリーズ』。2009年、『化物語』の放送を皮切りにスタートしたTVアニメシリーズは、 Blu-ray、DVD全27タイトルが累計出荷枚数200万枚を突破するほどの人気となっています。
劇場作品として公開される『傷物語』全3部作は、この〈物語〉シリーズの「原点」ともいえるエピソード。今年1月に公開され、興行収入が8億円を突破した『Ⅰ鉄血篇』につづく『Ⅱ熱血篇』では、吸血鬼となってしまった主人公・阿良々木暦を待ちうける、過酷な試練が描かれます。
今回は、そんな『熱血篇』の魅力を主人公・阿良々木暦を演じる神谷浩史さんにインタビュー。ドラマツルギーから始まる吸血鬼ハンター3人との激しいバトル、そして羽川翼との甘酸っぱい青春など、本作の見どころを全2回にわけてたっぷりとお伝えします!

【インタビュー後編】神谷浩史が語る「暦に違和感を感じたら正解です」 - rooVeR [ルーバー]

【インタビュー後編】神谷浩史が語る「暦に違和感を感じたら正解です」 - rooVeR [ルーバー]
劇場アニメ『傷物語』3部作の中編にあたる、2作目『Ⅱ熱血篇』が8月19日に公開。rooVeRでは主人公の阿良々木暦役を務める神谷浩史さんにインタビューを敢行。全2回に分けてその模様をお伝えします。

神谷浩史さんプロフィール

1975年、千葉県出身。1994年にデビュー以降、アニメを中心に数々の作品に出演。2012年から今年にかけて、”声優アワード”に5年連続受賞していることから殿堂入りを果たすなど、日本有数の声優のひとり。代表作に『〈物語〉シリーズ』の阿良々木暦、『さよなら絶望先生』の糸色望、『夏目友人帳』の夏目貴志など。8月24日には6thミニアルバム『Theater』が発売。

『傷物語』の暦はまわりと距離を置いたクールな少年

──劇場アニメ『傷物語』3部作も、いよいよ2作目『Ⅱ熱血篇』が公開です。今作を演じるうえで一番意識したことは?

神谷浩史(以下、神谷):TVアニメ『〈物語〉シリーズ』は、ありがたいことに2009年から続くロングシリーズとなりましたが、『傷物語』は時系列順でいえばシリーズの最初にあたる作品。そのころの僕が演じている阿良々木暦は、みんなとちょっと距離を置いていて、とてもクールで不良だと思われているような少年だったんです。

だからまずそのことを念頭において、キャラクターを作ることを心掛けていました。今回も『Ⅰ鉄血篇』からつなげて観たときも、そのテンションがちゃんとキープできているように意識して演じています。

羽川翼はとにかくかわいいだけのかたまり

傷物語〈Ⅱ熱血篇〉 (19500)

via 傷物語〈Ⅱ熱血篇〉
──『熱血篇』で暦と関わるメインキャラクター、キスショット、忍野メメ、羽川翼のそれぞれの印象をお聞かせください。

神谷:そうですね。メメは、前作はめっちゃカッコよかったんですけど、今回は裏方なので、暦視点ではそこまで目立った印象はないんですよね。ただメメのひと言によって風雲急を告げるというか、すべてが瓦解していくきっかけとなる役どころなので、そこはすごく見どころです。いつも冷静で飄々としている彼が、暦に対してシリアスに接してくる珍しいシーンだと思います。
キスショットは、今回あることによって刻一刻とその姿が変わっていくので、きっとご覧になってらっしゃる方は、暦とリンクしたリアクションをしてくれるんじゃないかなと思います。ぜひ期待していただきたいですね。
傷物語〈Ⅱ熱血篇〉 (19499)

via 傷物語〈Ⅱ熱血篇〉
羽川はもう、ずっと前からそうなんですけど、とにかくかわいい、かわいいだけのかたまりです(笑)。今回もとにかく、恐ろしいくらい完璧な美少女として君臨してます。『Ⅱ熱血篇』は、暦が羽川に対して特別な想いを抱くきっかけが描かれているんですけど、そりゃあここまでいろいろと尽くされたら暦もその後どう接していいか分からないと思いますよね(笑)。

原作とアニメの間に立つ存在としてできること

──神谷さんも羽川ファンを公言していらっしゃいますが、これからご覧になる方々にとっても必見ですね。

神谷:実は僕の中の印象として、今回の『熱血篇』は原作とアニメで多少違いを感じているんです。尾石(達也)監督はアニメーションの演出として、暦と羽川の関係がここで築き上げられていく様子を見せたかったと思うんですよね。だから原作のニュアンスと、アニメではセリフの意図が正反対に見えるシーンが時々あります。
最初に原作を読んだ時のイメージで暦を作っている僕としては齟齬が生まれてくるんですけど、作品として美しいのは尾石監督が持ってきているもので間違いない。だから僕は、原作とアニメーションの表現の間に立つ者として、つなぐ役割を任されているのかなあと。顔の表情が見えないオフのセリフとかで、原作のニュアンスをどの程度にじませられるかが勝負と思ってました。

演じる大変さは映画とアニメで一長一短

傷物語〈Ⅱ熱血篇〉 (19524)

via 傷物語〈Ⅱ熱血篇〉
──これまで阿良々木暦というキャラクターを長年TVシリーズで演じてこられましたが、劇場アニメで苦労された部分は?

神谷:TVシリーズではナレーションで状況を説明して、今置かれている状況をより明確にしていくやり方なんですけど、当然物理的にしゃべる量が多くなるんですよ。状況を説明できるメリットはあるけど、やる側は大変です(笑)。
今回は絵で演技を見せて状況が説明できるので膨大なセリフは必要としないけど、逆にセリフひとつずつに込めなくてはいけない意味がある。この一瞬の目の動きだけで一体何を見つけたのか、この息の音で何を思ったのか、っていうところまで伝えなきゃいけないんです。だから大変さは一長一短かなと思うんです。
僕はいつも収録に入るための準備として、台本に書かれているト書きやセリフの意味を原作と照らし合わせる作業をしています。例えば(台本を見ながら)、羽川とのシーンで暦の顔がアップになるカットがあるのですが、「(何も言えない)暦:……」ってト書きとセリフがあるんです。でも原作ではここで「僕はこのとき──初めて。ようやく、羽川に出会ったような気がした」って一文があるんですよね。
僕はそれを表現しなきゃいけないんだと思うんです。こういう情報を、原作からどれだけ拾ってこれるのか。僕の中にあるシリーズ7年分の阿良々木暦へのイメージや、『〈物語〉シリーズ』に対しての理解度を足して言葉にしていきたいと思います。

暦の魅力はまだわかりません(笑)

──ところで神谷さんは阿良々木暦というキャラクターに対して、どういう所が魅力だと思いますか?

神谷:うーん、意地悪でも何でもないんですけど、自分がやらせていただいているキャラクターに対して、その渦中にいるときにあんまりその魅力を考えないよう心掛けているんですよね。それを知った上で演じるとあざとくなってしまうので。僕ってやらしい人間なんです(笑)。だから自分の性格もあってあんまり考えない方がいいだろうなと思って。だから阿良々木暦がどういう風に魅力的に映っているのか、いまだによく分からないんです。
逆に欠点はいっぱい見つかるんですよ。そもそも暦って、女性にだらしがないじゃないですか。女性からしたら迷惑ですよね。戦場ヶ原(ひたぎ)なんて一番そう思ってると思うんですけど、ホントに厄介な人ですよ。絶対許せないと思うもん。八九寺(真宵)との別れのシーンなんて、あんなの聞いたら別れるでしょ(笑)? 貝木(泥舟)と戦場ヶ原がああいう関係で別れていたら、僕だったら怒るもん。貝木とガハラさんがそんな関係だったらやだもん(笑)。でもそんな関係を結んでいる女性がすげーたくさんいるんですよ。だからホントどうしようもないなコイツって思います。
貝木にしたって、あんなに憎らしかった相手なのに、たまに助けてもらっちゃうし。僕、原作読んでいるときに貝木をぶっ殺したいと思って読んでましたから(笑)。だから貝木泥舟とドーナツ屋さんで2人でしゃべったりするシーンとかも理解できなかったんですけど、三木真一郎が演じることによって人間なんだということが分かっちゃって。ああ、貝木も完璧な悪じゃないんだってわかった瞬間、憎めなくなっちゃったんですよね。
傷物語〈Ⅱ熱血篇〉 (19494)

via 傷物語〈Ⅱ熱血篇〉

羽川とのシーンはとても美しくてロマンティック

──神谷さんから見て、今回の『熱血篇』で一番活躍したキャラクターは?

神谷:どう考えても羽川ですね。うん、羽川です(笑)。とにかくめちゃくちゃかわいいんです。そんな彼女が暦に対してものすごく尽くしてくれる。もう完璧ですよね。完璧すぎるから、原作とかを読んでいると時々怖くなってくるくらいです。
それって、男の人はきっと共感してくれると思うんですけど、暦からしてみれば、羽川が自分に協力的なことが理解ができないんですよ。なんでこんな美少女が、今までしゃべったこともないのにこんなに良くしてくれるのか分からない。そういう戸惑いが暦の中にあるし、そういう面を僕は表現すべきだと思ってます。
ただ、すごくぶっちゃけたことを言うと、今作の暦は、彼女をわりと受け入れているんですよね。例えば羽川に対して「本当にありがとう」って感謝を述べるシーンがあるんですけど、台本だと「キザに」って指定がある。このシーンがとても美しく、ロマンティックに映るように演出されているんですよね。
でも原作だと、友人を作らないという生き方をしていた暦が、羽川を友人として認めて、精一杯「ありがとう」っていうシーンなんです。だから僕の暦に対するイメージと、羽川をとにかくかわいく見せたい演出に差があると思うんですよ。でもそれがとっても効果的になってる。
羽川が「ありがとう」ってキザに言われてちょっと動揺しちゃってるわけですよ。そりゃーかわいいに決まってます(笑)。きっと僕が暦に抱いている気持ちと同じように、羽川に対しても違和感があるんでしょうね。でもそれはとってもいい違和感だと思うので。まあ『鉄血篇』もそうでしたけど、今回も絶対羽川が好きになっちゃうお話です(笑)。
傷物語〈Ⅱ熱血篇〉 (19548)

via 傷物語〈Ⅱ熱血篇〉

『Ⅱ熱血篇』はバトルと青春のギャップが楽しめる作品

──原作では人間強度の話も出てきますが、神谷さんから見て、羽川と友達になって暦の人間強度は?

神谷:いやあもう激下がりでしょうね(笑)。ホントに。もうどうしようもないくらい下がってると思います。猛烈に青春してますよ、今回の『熱血篇』は。バトルと青春のギャップを楽しんでいただけると思います。
──羽川のことをかわいくて仕方ないっておっしゃっていましたけど、特にその気持ちが強まったシーンはありますか?

神谷:うーん、今回の一番の見どころなので具体的に言うのは難しいんですけど、羽川がとあるアイテムを暦に渡す場面です(笑)。あのシーンはもうメチャクチャかわいいです。あんなものをキーアイテムに使っているのに、ものすごく良いシーンに見えます(笑)。ホントに天才だなって思いました、西尾維新と、それを映像化する尾石監督と新房総監督は。あんなもの感動的に見えないですよ。
傷物語〈Ⅱ熱血篇〉 (19523)

via 傷物語〈Ⅱ熱血篇〉

共演してる声優さんの顔が時々見たくなる

──『〈物語〉シリーズ』は会話劇が中心ですから、いつも共演者さんと一緒にアフレコを収録されていると伺いました。今回は羽川役の堀江由衣さんと多く共演されていますが、収録中に羽川の声を一番身近でお聞きになっている神谷さんとしてはどんな心境ですか?

神谷:ふだんは自分の役に集中しているのであまり考えたことはないんですけど、たまに相手のセリフが長く続くシーンがあるじゃないですか。そういう時って、相手が言ってる姿を見たくなる時があります(笑)。由衣ちゃんは今どんな顔してこのセリフを言ってるんだろう、って。でもその姿も含めて彼女は羽川を演じているので、やっぱり素敵だなあって思います。
由衣ちゃんだけじゃなくて、戦場ヶ原役の斎藤(千和)さんをはじめ、『〈物語〉シリーズ』に出てくる声優さんって本当に優れているので、僕が渡したセリフをちゃんと受け取って返してくれる。例えばアフレコってマイクが横に並んでいて、声優さんは並んで立って収録してるんです。由衣ちゃんはだいたい僕の左側に立つので、いつも左側に羽川がいると意識して演じていることになるんですよね。
ゆきのさつきさん(臥煙伊豆湖役)なんて、ちゃんとセリフをしゃべっている人の方に台本を持って演じるんですよ。こっちに意識がちゃんと向かっているんだな、ってマイクに立っていても感じることができるんです。僕なんかは台本を左手に持ってしまうので、右側に相手がいたとしても右手に台本を持てないんですよね。もちろん声優によってスタイルがあるので良し悪しではないんですけど、その立ち振る舞いからも役に対しての姿勢が見えてきたりして、本当に素敵ですよね。
傷物語〈Ⅱ熱血篇〉 (19521)

via 傷物語〈Ⅱ熱血篇〉

インタビュー後編は8月18日(木)掲載予定です。

『傷物語〈Ⅱ熱血篇〉』 8月19日全国ロードショー

あらすじ

高校2年の春休みに、美しき吸血鬼キスショット・アセロラオリオン・ハートアンダーブレードと出会った阿良々木暦。四肢を失い、瀕死の状態にあった彼女を助けた暦は、しかし自らも吸血鬼になってしまう。人間に戻るためには、奪われたキスショットの四肢を取り戻さなければならない。怪異の専門家・忍野メメの助言を受けた暦は、過酷な戦いに乗り出していくことになる。
彼の前に待ち受けているのは、身長2メートルを超える巨漢である吸血鬼を狩る吸血鬼・ドラマツルギーと、巨大な十字架を自在に操る半吸血鬼(ヴァンパイア・ハーフ)のエピソード。そして、吸血鬼退治を専門にする、物静かな人間・ギロチンカッター。はたして暦は、3人の「敵」から、キスショットの四肢を奪い返すことができるのか? 雨がそぼ降る3月最後の夜、血戦の幕が静かに上がる──。

スタッフ

原作:西尾維新「傷物語」(講談社BOX)
総監督:新房昭之 監督:尾石達也 キャラクターデザイン:渡辺明夫、守岡英行
音響監督:鶴岡陽太 音楽:神前 暁  アニメーション制作:シャフト
製作:アニプレックス、講談社、シャフト
配給:東宝映像事業部

キャスト

阿良々木暦:神谷浩史
キスショット・アセロラオリオン・ハートアンダーブレード:坂本真綾
羽川翼:堀江由衣
忍野メメ:櫻井孝宏
エピソード:入野自由
ドラマツルギー:江原正士
ギロチンカッター:大塚芳忠
http://www.kizumonogatari-movie.com/

(C)西尾維新/講談社・アニプレックス・シャフト
このエントリーをはてなブックマークに追加

WRITER

コマツ
コマツ

エンタメ系情報誌で編集者を経て、フリーに転向。得意分野はマンガを中心に、映画やアニメなどインドアエンタメが中心です。

お気に入り登録 >> 他の記事もチェック

RECOMMEND

CATEGORY RANKING

CATEGORY RANKING

RECOMMEND

WRITER