ChatHead

東京『タイフェス2017』完全レポート!行列回避の裏ワザも! | rooVeR [ルーバー]

via rooVeR
このエントリーをはてなブックマークに追加
0

東京『タイフェス2017』完全レポート!行列回避の裏ワザも!

普段食べられない珍しいタイ料理やタイアーティストによる大興奮のライブ!今年も賑わいを見せた『タイフェスティバル2017』の模様をレポートします。行列回避の裏ワザもご紹介♪

『タイフェス2017』完全レポート!

rooVeR (155701)

via rooVeR
2017年5月13日(土)・14日(日)、東京・代々木公園にて『第18回 タイ・フェスティバル2017』が開催されました。年々盛り上がりを見せるタイフェス、自称・タイ好きの筆者としては参加しないわけにはいかない!ということで、行ってきました!
2日間にわたって開催されたタイフェスの模様をレポートいたします。

タイフェスティバルとは?

今年2017年で第18回目を迎えたタイ王国大使館主催の『タイフェスティバル(通称・タイフェス)』は、タイの料理・文化を日本に紹介することを目的としたイベントで、毎年GW明けの5月中旬の土日に東京・代々木公園にて開催されています。
rooVeR (155623)

via rooVeR
口コミやメディアなどで認知度が徐々に高まってきたタイフェス、いまや訪れるタイファンは土日の2日間で30~40万人とも言われているほどその規模は年々拡大しています。フェス会場内は多くの人たちでひしめきあい、歩くのも大変なほどの盛況ぶり!
タイフェスティバル公式サイト (155622)

via タイフェスティバル公式サイト
会場内にはタイ料理を販売するブースやタイの衣類・雑貨、食品などの物販、観光局などのPRブースがたちならび、野外ステージではタイ伝統舞踊やタイアーティストによるライブが催されます。会場に足を踏み入れたとたん、心地よいタイ音楽とタイ料理の香りがあたり一面に漂い、まるで本当にタイに来たかのよう!

あれもこれもみんな食べたい♡魅惑的なタイ料理屋台がズラリ!

rooVeR (155626)

via rooVeR
レストランエリアには、タイ料理好きなら誰もが知る有名店や普段なかなか訪れることのできない高級店など、東京を中心とした54ものタイ料理店の屋台が軒を連ね、それぞれ自慢の料理を大きく掲げています。
rooVeR (155912)

via rooVeR
スタンダードなタイ料理からタイ地方料理までバラエティ豊かな料理がズラリ!ああー、どれを食べようか迷ってしまう…!

これだけは食べておきたいタイ料理!

それでは、タイフェスに行ったら絶対これだけは食べておきたい!というおすすめのタイ料理を一部ご紹介します。

カオマンガイ(鶏肉のせご飯)

rooVeR (155638)

via rooVeR
タイ現地にて"ピンクのカオマンガイ"とも呼ばれるバンコクのカオマンガイ専門店「ガイトーン」。2014年に東京・渋谷に進出し話題となったことでも知られる名店のカオマンガイです。ふっくらジューシーな鶏肉に鶏のエキスがたっぷり染み込んだライス、そしてこだわりのタレが三位一体となった逸品!現地で食べたことがある方にもない方にもおすすめです。

ガイトーン | 本場タイ屋台料理カオマンガイ専門店 東京・福岡・川崎

ガイトーン | 本場タイ屋台料理カオマンガイ専門店 東京・福岡・川崎
ガイトーン。渋谷駅/徒歩6分、営業時間/昼11時〜夜23時、カオマンガイランチセット、カオマンガイセット、テイクアウト。 日本ではピンクのカオマンガイでお馴染みのラーン ガイトーン プラトゥナーム。タイ・バンコクで一番人気の屋台の味をお試し下さい。

ソムタム(青パパイヤのサラダ)

rooVeR (155652)

via rooVeR
千切りにした青パパイヤにいんげん、プチトマト、ピーナッツなどをくわえ、調味料で和えたサラダです。タイ料理の味の基本"甘・辛・酸"が見事に調和した味わいで、日本人にもファンが多い料理です。青パパイヤのシャキシャキとした歯ごたえがたまらない!
「プーケット オリエンタル」
http://www.phuket-oriental.com/

クイッティオ・ナーム・ムーデーン(タイラーメン)

rooVeR (155634)

via rooVeR
いわゆるタイラーメンと呼ばれている汁そばです。鶏ガラスープの中に細めの米麺、チャーシュー、つみれ、揚げワンタン、もやしと具だくさん!ベースはあっさり味ですが、お店に備え付けてあるナムプラーや唐辛子、酢などを入れて自分好みに味をカスタマイズできるのもポイント。

サワディータイ料理久米川店 - ホーム | Facebook

サワディータイ料理久米川店  - ホーム | Facebook
サワディータイ料理久米川店 、東京都 東村山市 - いいね!697件 · 1人が話題にしています · 310人がチェックインしました - 定休日 月曜日(祝日は営業 )

ビア・チャーン / ビア・シン・ソット

タイ料理にはやっぱりこれがなくちゃ!
rooVeR (155685)

via rooVeR
現在タイシェア1、2位を争うチャーンビールです。
rooVeR (155687)

via rooVeR
シンハービールは缶のほか、生ビールもありました!

タイフェスでしかめぐりあえない?珍しい料理

続いては、作る手間などから日本のタイ料理屋さんではなかなか見ることはできない、タイフェスならではの珍しい料理をご紹介。

サークーサイムー(豚肉入りタピオカ団子)

rooVeR (155640)

via rooVeR
甘辛く味付けした豚ひき肉をタピオカで包んでお団子にしたものです。もちもちとした食感がクセになる!唐辛子をひとかじり、パクチーと一緒に食べると、味に変化が出ていくつでも食べられそう。

TINUN ティーヌン

TINUN ティーヌン
「トムヤムクンラーメン」のティーヌンを経営。エスニック料理業界をリードし続けるスパイスロード社のHPです。

パートンコー(タイ風揚げパン)

rooVeR (155635)

via rooVeR
タイでは朝ご飯として食べられているパートンコー。本場のパートンコー屋台では豆乳と一緒に売られています。サクサク食感にふんわりした甘みが特徴。コンデンスミルクにつけて食べるとなお良し!

サワディータイ料理久米川店 - ホーム | Facebook

サワディータイ料理久米川店  - ホーム | Facebook
サワディータイ料理久米川店 、東京都 東村山市 - いいね!697件 · 1人が話題にしています · 310人がチェックインしました - 定休日 月曜日(祝日は営業 )

カノムチャン(タイ風ういろう)

rooVeR (155647)

via rooVeR
薄いお餅が層になったお菓子。ほんのりとした甘みにもちもちした食感はういろうに近いです。そのままパクッ!と食べるのもいいですが、薄い層を1枚1枚はがしながら食べるのも楽しい!

キンジューヤンタイ - 首页 | Facebook

キンジューヤンタイ - 首页 | Facebook
キンジューヤンタイ, 馆林市. 99 次赞 · 1 人在谈论. Khinyuyangthai

トゥクトゥクも買える!?物販エリア

rooVeR (155673)

via rooVeR
物販エリアでは、タイの雑貨や衣類、タイフルーツなどが販売されています。
rooVeR (155675)

via rooVeR
甘さあふれるマンゴーやマンゴスチン、独特な臭いが特徴のフルーツの王様・ドリアンなどのタイフルーツが格安で購入できます。食べ歩きも◎!
rooVeR (155679)

via rooVeR
なんと、タイの伝統的タクシー「トゥクトゥク」も買えちゃうんです!購入すれば、ちゃんとナンバーももらえて公道でも走れます。日本の街並みをトゥクトゥクが走れば、注目されることまちがいなし!?

タイ舞踊からライブまで!メインステージ

rooVeR (155726)

via rooVeR
朝10時から夜19時までの間、メインステージでは舞踊学校の生徒さんたちによるタイ伝統舞踊、ムエタイデモンストレーション、そしてタイのアーティストによるライブなど、さまざまなパフォーマンスが繰り広げられています。

混雑が苦手な方におすすめの裏ワザ!

ここまでタイフェスの主な内容についてご紹介してきましたが、「タイフェスには行きたいけど、人ごみが苦手で…」と尻込みをしている方もいらっしゃるかもしれません。ここで、人ごみを避けるちょっとした裏ワザをご紹介。
rooVeR (155694)

via rooVeR
フェスの開催時間は朝10時から夜20時までなのですが、特に入場制限はなく、開始時間前であっても自由に出入りできます。ですので、少し早めの朝9時ごろに行くのがおすすめ。このくらいの時間に行けば、人もまだまばら。場所取りをしている方たちも数える程度です。
rooVeR (155659)

via rooVeR
「早く行ってもやることな~い!」と思ってしまうかもしれませんが、ご安心を!9時を少し過ぎたあたりになると、徐々に料理の販売を始めるお店がちらほらと出てきます。

受付でもらえるパンフレットであらかじめ「これだけは食べておきたい」と思うお店をチェックしておき、お店が開いたらあとは一直線!スムーズにお料理が買えるのはこの時間帯だけですよ。

行列の苦手な方、がんばってちょっぴり早起きしてみてはいかがでしょう?

『タイフェス2018』にも期待が高まる!

初日は雨だったのが少し残念でしたが、今年も大盛況のうちに幕を閉じた『タイフェスティバル2017』。フェスでしか食べられない珍しい料理に舌鼓を打ち、有名アーティストによるライブで盛り上がれば、気分はタイ旅行♪

2018年ももちろん開催されるであろうタイフェス。今年行かれなかった方は絶対訪れるべきですよ~!

公式タイフェスティバル ホームページ THAI FESTIVAL OFFICIAL SITE - --- トップページ ---

公式タイフェスティバル ホームページ THAI FESTIVAL OFFICIAL SITE - --- トップページ ---
Joomla! - the dynamic portal engine and content management system
このエントリーをはてなブックマークに追加

WRITER

櫻井れき
櫻井れき

こんにちは。グルメライターの櫻井れきと申します。 東京都内のグルメスポットや観光情報、海外についてはタイの情報を中心に記事をお届けいたします。 食べ歩き・飲み歩きはもちろん、コンビニ新商品チェックも欠かせない日課となっておりますので、こちらの方も記事にしていきたいと思っています。 どうぞよろしくお願いいたします。

お気に入り登録 >> 他の記事もチェック

RECOMMEND

CATEGORY RANKING

CATEGORY RANKING

RECOMMEND

WRITER