ChatHead

メアリの手のひらに、一番伝えたい想いを込めて。『メアリと魔女の花』米林宏昌監督インタビュー後編 | rooVeR [ルーバー]

このエントリーをはてなブックマークに追加
0

メアリの手のひらに、一番伝えたい想いを込めて。『メアリと魔女の花』米林宏昌監督インタビュー後編

7月8日より公開中の劇場アニメーション映画『メアリと魔女の花』。『借りぐらしのアリエッティ』『思い出のマーニー』を手掛けたスタジオジブリの米林宏昌監督が、同社を離れて描いた初の長編作品となります。作品の魅力はどこにあるのか、どのような思いで作ったのか。インタビュー後編では、作品の重要なポイントになる演出に込めたこだわりなどについて伺いました。

「メアリと魔女の花」予告3 - YouTube

公開日:2017年7月8日(土)全国ロードショー 公式サイト:http://www.maryflower.jp (C)「メアリと魔女の花」製作委員会 杉咲 花 神木隆之介/天海祐希 小日向文世/満島ひかり 佐藤二朗 遠藤憲一 渡辺えり/大竹しのぶ 原作/メアリー・スチュアート(KADOKAWA刊) 脚本/坂口理子...

【ちょっとネタバレ注意!】米林監督に訊く『メアリと魔女の花』の見どころとは?

7月8日から公開中の映画『メアリと魔女の花』。もうご覧になりましたか?

メアリが思いがけず遭遇した魔法世界の冒険はドキドキワクワクの連続で、子供から大人まで楽しませてくれる極上のエンターテインメントです。

そんな『メアリと魔女の花』を生み出した米林宏昌監督にインタビューを敢行した今回の企画。先日公開した前編では、西村プロデューサーと2人きりで喫茶店で打ち合わせをしたというスタジオポノック設立前夜までのお話など、『メアリと魔女の花』が誕生するまでのプロセスを伺いました。

僕らはエヴァじゃなくて、もう一度ジブリを作るんだ。『メアリと魔女の花』米林宏昌監督インタビュー前編

僕らはエヴァじゃなくて、もう一度ジブリを作るんだ。『メアリと魔女の花』米林宏昌監督インタビュー前編
©2017「メアリと魔女の花」製作委員会 (175880)

via ©2017「メアリと魔女の花」製作委員会
後編では、神木隆之介さんが演じるピーターの活躍といった原作にはないオリジナル要素や、映画を面白くさせる演出へのこだわりなど、作品の中核部分についてたっぷりとお話しいただいています。

ネタバレを大きく含みますので、ぜひ『メアリと魔女の花』を劇場で鑑賞した後にお楽しみください!

米林宏昌 監督プロフィール

rooVeR (175860)

via rooVeR
よねばやし・ひろまさ 1973年、石川県生まれ。1996年にスタジオジブリに入社し、『もののけ姫』('97年)『千と千尋の神隠し』(’01年)など数々の作品にアニメーターとして参加。2010年公開の映画『借りぐらしのアリエッティ』で長編初監督に大抜擢され興行収入92.5億円の大健闘、続く監督作『思い出のマーニー』(’14年)はアカデミー賞長編アニメーション映画部門にノミネートされました。本作は監督として3作目の長編作品となります。

「変身」がひとつのモチーフ

©2017「メアリと魔女の花」製作委員会 (175879)

via ©2017「メアリと魔女の花」製作委員会
――実際に映画を拝見させていただきましたが、ジブリらしさを残しつつ、新しい現代的な試みにも挑まれている作品であるように感じました。実際に演出でこだわったのは、どのようなところでしょうか?

米林宏昌(以下、米林):まず考えたのは、メアリというキャラクターを躍動感に溢れた女の子にする、ということでした。

喜怒哀楽があって思ったら行動で示すことができる、『思い出のマーニー』の杏奈とはまったく違ったキャラクターを作るところから構想が始まっているので、そういったキャラクターが動き回る作品だったらアニメーション的にも面白いものが描けるんじゃないかな、と。そのためにはメアリをどういうキャラクターデザインにしたらいいだろうか、とイメージを組み上げていきました。
――本作では子供が無邪気に楽しめる演出が随所に見られました。

米林:これまでに『アリエッティ』や『マーニー』といった作品のプロモーションで全国の映画館を回っていると、座席の最前列のほうに子供たちが並んでいるんです。そんな彼らがドキドキワクワクするような面白いものを作りたいなとずっと思っていて、今作でようやくそれを叶えることができました。

動きのあるアニメーションで楽しいと思わせる作品を意識しつつ、そこから「変身」というひとつのモチーフを据えて描きたいなと思っていたんです。
©2017「メアリと魔女の花」製作委員会 (175878)

via ©2017「メアリと魔女の花」製作委員会
――魔法が作り出す「変身」と、成長するという意味での「変身」。本作のいろいろな部分にかかっているテーマですね。

米林:メタモルフォーゼというか、魔法によって形が少しずつ変わっていくような演出はアニメーションにすれば楽しいだろうし、ほうきを使って自由に広大な空間を上下に動いたりするような演出も観ていてワクワクしますよね。

映画を観ることでその世界を疑似体験できる、というのもひとつの楽しみ方ですから、メアリがほうきにまたがって大空を駆け巡るという日常にはない体験を、観てくださった人たちが重ね合わせて楽しんでいただけたら最高じゃないか、と思ったんです。

そのためには舞台を大きく転換させて、雲海の上にある巨大なエンドア大学を話の中心にしたんです。『思い出のマーニー』は杏奈の心情を描いた作品で、なかなか物語が展開しないという難しい映画だったのですが、今回はすごくいろんなものがどんどん展開していくお話にしていきたかったんです。

メアリの愛らしさは杉咲花さんが与えてくれたもの

魔女の花の秘密を知る、謎の少女。声の出演は満島ひかりさん。

魔女の花の秘密を知る、謎の少女。声の出演は満島ひかりさん。

via ©2017「メアリと魔女の花」製作委員会
――オープニングから場面が目まぐるしく変化していきますね。

米林:メアリが花を折ってしまったがために、霧が発生して、ネコが連れ去られて、それからほうきを見つけて……。さらに不思議な空間に飛ばされて、騒動にまで巻き込まれる。どんどん話が展開していくことで、お客さんを引きずり込んでいけたら、と。今回の映画でやりたかったのは、そういった演出です。

だから、立ち止まって迷うことがなく、思ったらすぐ行動に移すメアリという存在が、この作品には欠かせませんでした。

不思議な魔女の花を見つけたら、「あー!」ってすぐに駆け寄っていて、次の瞬間にはもう折ってるみたいな(笑)。そういった意味では、彼女が次から次へと起こすアクションに合わせてテンポを大事にしました。

逆に、そういう意図で作っていくうちに「メアリ、大丈夫かな?」って不安がよぎったくらいで(笑)。
©2017「メアリと魔女の花」製作委員会 (175877)

via ©2017「メアリと魔女の花」製作委員会
――お客さんを置いてきぼりにしないか、と。

米林:嘘はつくし勝手にどっか行っちゃうし、調子に乗っていろいろなことに失敗するし……。そこは杉咲(花)さんの声に助けられましたね。彼女がメアリを許しちゃいたくなるような愛すべきキャラクターに変えてくれました。
――原作があるものの、メアリのイメージを作る上でモデルになった人はいるのでしょうか?

米林:いないですね。これまでも含めて、そういう作り方はしないようにしてます。身近にいる人をモデルにしたりということはぜず、キャラクターの中でどういう風に面白くなったらいいかなと考えてました。

メアリとピーターの純粋でまっすぐな力を感じてほしい

新訳 メアリと魔女の花 (角川文庫) | メアリー・ス...

新訳 メアリと魔女の花 (角川文庫) | メアリー・スチュアート, 越前 敏弥, 中田 有紀 |本 | 通販 | Amazon

――実際にメアリー・スチュアートさんの『小さな魔法のほうき』を読んでみましたが、原作と比べると、本作ではピーターが大活躍しているように感じました。

米林:原作だとピーターは後半までほとんど登場しないですからね。それに終盤でマダムに捕らえられてしまうのもティブとギブの猫たちなんです。

でも原作を読んだ時、僕たちの目にはピーターがとても魅力的に映りました。だったら猫たちじゃなくて、いっそピーターが捕らえられたほうが大きく展開できて面白いんじゃないか、と。せっかくの面白いキャラクターですから、クローズアップしていきたいなと思って、序盤のうちから登場させて、メアリとの接点を増やしたんです。


……ただ、これが難しかったんですよね(笑)。
赤い館村に住む少年・ピーター。声の出演は神木隆之介さん。

赤い館村に住む少年・ピーター。声の出演は神木隆之介さん。

via ©2017「メアリと魔女の花」製作委員会
――たしかにストーリー構成に影響が出てきますよね。

米林:原作が圧倒的にメアリのお話として完成されているので、いろいろと試行錯誤しながら今回のような流れへと組み立てていきました。

――子供らしいメアリと、大人っぽいピーターという対比が見事に描かれてました。

米林:赤い館にやってきたメアリが、シャーロットたちの役に立ちたくていろいろと行動するんですけど、それがやることなすことすべて上手くいかない。そういった失敗を気にするメアリのコンプレックスみたいな感情に対比させるようなキャラクターを考えていった時、ピーターの存在が上手くハマりました。

失敗ばかりするメアリに対して、地元ですでに働いている少年のピーターはなんでもできて、街に溶け込んでいて、しかもすごくイイヤツ。メアリは彼を見かけるたびに面白くない表情をしている。

ピーターへの感情は友情?それとも……

©2017「メアリと魔女の花」製作委員会 (175882)

via ©2017「メアリと魔女の花」製作委員会
――そこから成長というメアリの「変化」にも結び付くわけですね。

米林:メアリはそんなピーターとエンドア大学で再会するんだけど、彼の本当の心の内を聞くうちに、2人はようやく本当の友達になって一緒に走り出していけるわけです。今作は、原作にはないピーターとのやり取りも見どころだと思います。
――余談ですが、2人が抱いている感情は恋ですか?

米林:恋……という風には描いてないです(笑)。メアリにとってのピーターは、どちらかと言うと憧れですよね。「私なんて何もできない」って思っているメアリの目の前で、ピーターは脱出を試みようと一生懸命に頑張っている。そんなピーターに魅力を感じたんでしょうね。
©2017「メアリと魔女の花」製作委員会 (175863)

via ©2017「メアリと魔女の花」製作委員会
――そんなピーターのピンチを今度はメアリが救う。

米林:そうですね。メアリが「よっしゃ!」って立ち上がってからは彼女のペースなんですよね(笑)。メアリはピーターに引っ張られ、ピーターもメアリに引っ張られながら、なんだか微笑ましい感じの2人になりました。個性あふれるエンドア大学のキャラクターたちの中にあって、純粋に進んでいくまっすぐな2人の若い力を描けたんじゃないかな。

伝統と革新の交わるところに、僕たちが目指す道がある

スタジオポノックでの『メアリと魔女の花』制作風景

スタジオポノックでの『メアリと魔女の花』制作風景

via ©2017「メアリと魔女の花」製作委員会
――今年はFlashアニメやCGによる演出を取り入れた作品が注目を集めていますが、今作に関して言えば手描きにこだわっている印象を強く受けました。

米林:手描きであれCGであれ、お客さんに伝わればいいと思っています。でも、たしかに手描きだからこそ伝わる部分があるというのは感じることがありますね。

たとえば、マダム・マンブルチュークが水の形でボボボって噴水から出て来るシーンなんて全部手描きです。ものすごい作画に手間がかかっていて、1カットあたり2ヵ月以上かかったんですけど……(笑)。そうやって人の手で苦労して描いたものには、絶対に伝わるものがあると信じてます。
――たしかに、ものすごい躍動感でした。

米林:ああいうシーンはCGで描くよりも手描きで描いたほうが躍動感が出るので、それが有効的なシーンでは頑張って描くように努めましたね。

一方で、CGが得意な部分もあって、たとえば今回だと霧の表現なんかはCGですね。それに魔法が発動した時にダーッと文字がくるくる回転しながる浮かび上がるシーンなんて、CGじゃないと表現できません。
――どちらがいいと言うわけではなく、それぞれの長所を活かして取り入れる。

米林:はい。『メアリと魔女の花』でも、新しい手法と伝統的な手法が混ざっている。僕たちがやろうとしている、やりたいなと思っているのは、それぞれの手法が混ざっていく先に行く道があるのではないかと思います。でも、結局のところお客さんにどう伝わるかがすべてなんですよ。
©2017「メアリと魔女の花」製作委員会 (175870)

via ©2017「メアリと魔女の花」製作委員会
――その考え方はスタジオジブリ時代から変わりませんか?

米林:スタジオジブリも次から次へと作品ごとに色々な新しいことをやってきたので、僕もスタジオポノックもその延長線上にいて、新しいことをどんどんやりたいなと思っています。手描きのような伝統的な手法を踏まえたうえで進化していくのが理想的じゃないかな。

魔法を失ってからが本当のメアリの物語

――クライマックスの動物大脱走なんて、すごく圧巻のシーンですよね。

米林:今回の作画の中で圧倒的に大変だったのは動物の脱走のシーンだったと思います。「面白いのは分かるけど、こんなに大変なシーン描けるわけないじゃないですか」とスタッフから言われた覚えがありますからね(笑)。

でもたしかに面白いシーンだし、この原作の目玉のシーンなんですよ。これを描かないと作品として盛り上がらない。じゃあいっそのこと、原作以上にしてやろうと決心しまして。動物たちを二手に分けて、一方は正門から出て、もう一方は屋根から出てって……作り始めたら、やっぱり大変でした(笑)。
『メアリと魔女の花』制作中の米林宏昌監督

『メアリと魔女の花』制作中の米林宏昌監督

――それこそCGにするプランもあったのでは?

米林:もちろん「CGでできませんかね?」と聞いてみたこともあります。でも「こういうのは手描きでやったほうがいいと思います」と。「そうですか」って(笑)。

――あえなく撃沈ですね(笑)。

米林:でも、まぁそうだろうなとは納得しますよね。先ほどお話したように、CGでやったほうが有効的なシーンはあります。遠くのほうにヌーの群れがいるとか、そういう演出はCGでやったほうがいいと思うけど、カメラのすぐ近くを動物たちが怒涛の群れで走っていくというのは手描きのほうが絶対に迫力が出ますから。まあ、僕がそういう絵コンテを描いちゃったからしょうがないんだけど(笑)。
エンドア大学の校長、マダム・マンブルチューク。声の出演...

エンドア大学の校長、マダム・マンブルチューク。声の出演は天海祐希さん。

via ©2017「メアリと魔女の花」製作委員会
――実際の仕上がりを観ていかがでしたか?

米林:本当に苦労したシーンでしたけど、映画一本を通して観てみると、圧倒的にメアリへ視線がいく作品になったと思います。これは狙ったとおりとはいえ、本音を言うと動物のシーンも観てほしいです(笑)。

『魔女の宅急便』などとは違う、新しい魔女の物語

――それだけメアリが主人公として存在感を放っていた、と。

米林:あらゆるすごい魔法がいっぱい出ている作品なんですけど、そんな中でも僕が一番描きたいと思っていたのは、メアリが魔法を失ってからの物語だったんです。

たとえば《夜間飛行》の力でメアリの手のひらに魔法の印が宿るんですけど、魔力を失って印が消えた時、彼女に残ったのは傷だらけの手のひらだけ。でも、彼女は拳を握って前に進んでいく。立ち上がって前に進んでいく。
©2017「メアリと魔女の花」製作委員会 (175875)

via ©2017「メアリと魔女の花」製作委員会
――メアリは魔法にたよらず自分の力で歩む道を選びました。

米林:ここが上手く描ければ、『魔女の宅急便』などとは違う、新しい魔女の物語ができるだろうなと思ってました。

魔女の力を失って、初めてメアリの物語が始まるんです。魔女ではなく人間として、メアリというふつうの女の子の物語が描けるんじゃないか。たぶんそのほうが今の感性に響く魔女の物語だろうなって。クライマックスに差し掛かる重要なシーンでもありますから、一番力を込めて描きました。

メアリの手のひらに、込めたかったものとは?

――米林さんが一番伝えたかったシーンなんですね。

米林:あのシーンの顔や手の傷のタッチなんかは僕が自分で描きましたね。百何十枚ありましたけど一枚一枚。

――すごい。最後まで粘った部分でもあるんですか?

米林:かなり粘りましたね。「傷のタッチ描きたいんですけど」って言ったら制作の人に嫌がられて(笑)。でも良かった。すごくスケジュール的に差し迫った状況だったけど、ここはやっておかなければいけないところだと強く感じてました。そういうこだわりのシーンでもあります。

「メアリと魔法の花」TVCM~スタンダード編~ - YouTube

公開日:2017年夏全国ロードショー 公式サイト:http://www.maryflower.jp (C)「メアリと魔女の花」製作委員会
――これから観る人たちだけでなく、リピートする方にとっても、ぜひ注目して観てほしいシーンですね。

米林:そうですね。でも全体的に見れば、すごく楽しいエンターテイメント作品になっていると思うし、子供が見てドキドキワクワクできるお話です。大人たちが観ると、ちょっとピリッとしてくれるといいなって思います。

メアリにとっての魔法のように、僕にとってのスタジオジブリのように、劇場に足を運んでいただいた皆さんが自分にとっての「魔法」とは何かを考えていただけたら。そこから立ち直って、前に進んでいくメアリを自分の姿に重ねて観ていただけたら、とても嬉しいなと思います。

映画『メアリと魔女の花』 2017年7月8日(土)より全国公開中

©2017「メアリと魔女の花」製作委員会 (175876)

via ©2017「メアリと魔女の花」製作委員会
出演:杉咲花、神木隆之介、天海祐希、小日向文世、満島ひかり、佐藤二朗、遠藤憲一、渡辺えり、大竹しのぶ
原作:メアリー・スチュアート(KADOKAWA刊)
脚本:坂口理子
脚本・監督:米林宏昌
音楽:松村崇継
プロデューサー:西村義明
制作:スタジオポノック
製作:「メアリと魔女の花」製作委員会

©2017「メアリと魔女の花」製作委員会

『メアリと魔女の花』公式サイト

『メアリと魔女の花』公式サイト
「借りぐらしのアリエッティ」「思い出のマーニー」の米林宏昌監督全世界待望の最新作、大ヒット上映中!

『メアリと魔女の花』 (@mary_flower_jp) | Twitter

『メアリと魔女の花』 (@mary_flower_jp) | Twitter
The latest Tweets from 『メアリと魔女の花』 (@mary_flower_jp). 「借りぐらしのアリエッティ」「思い出のマーニー」米林宏昌監督 全世界待望の最新作、始動!! 『メアリと魔女の花』の公式アカウント 2017年7月8日(土)全国ロードショー #メアリと魔女の花
このエントリーをはてなブックマークに追加

WRITER

RECOMMEND

CATEGORY RANKING

CATEGORY RANKING

RECOMMEND

WRITER