ChatHead

『風の谷のナウシカ』空飛ぶ蟲が可動フィギュア化! | rooVeR [ルーバー]

このエントリーをはてなブックマークに追加
0

『風の谷のナウシカ』空飛ぶ蟲が可動フィギュア化!

7月7日(木)から六本木ヒルズで開催される「ジブリの大博覧会」を記念して、スタジオジブリの大人気映画『風の谷のナウシカ』と、「タケヤ式自在置物」シリーズ、海洋堂のコラボレーション企画が始動した。

「ジブリの大博覧会」で先行発売!

同企画では、竹谷隆之氏がプロデュースする「タケヤ式自在置物」シリーズより『風の谷のナウシカ』に登場する空飛ぶ蟲「蛇螻蛄(ヘビケラ)」を可動フィギュア化し、7月7日の「ジブリの大展覧会」で、海洋堂より先行発売する。

先行発売では、パッケージが宮崎駿監督画イラストの会場限定仕様で販売される。一般発売時には、パッケージの仕様を一部変更する予定なので、ファンならぜひ限定パッケージ版を手に入れたい。
タケヤ式自在置物「蛇螻蛄 鉄錆地調」

タケヤ式自在置物「蛇螻蛄 鉄錆地調」

造形総指揮:竹谷隆之・山口隆
原型制作:福元徳宝
販売価格:12,800円(税別)
全長:約405mm
フィギュア素材:PVC・ABS
ジョイント:ナイロン・POM
ベース:ABS
MADE IN CHINA
@ Studio Ghibli
会場限定スリーブのイメージ

会場限定スリーブのイメージ

via ジブリの大博覧会

「タケヤ式自在置物」シリーズ

日本の伝統的な金属工芸のひとつである「自在置物」のルーツは、江戸時代にまで遡る。素材は主に金属で、そのモチーフは龍や伊勢海老、鯉など、数多く存在する。

「自在置物」は、動物を金属で写実的に表現してるだけでなく、実物同様の関節・体の動きを表現していることから、「自在」と呼ばれているのである。

この「自在置物」としての特徴に則りつつ、竹谷氏独特の解釈を取り入れた作品群が「タケヤ式自在置物」シリーズだ。
タケヤ式自在置物「麒麟」鉄錆地調

タケヤ式自在置物「麒麟」鉄錆地調

今回制作される「蛇螻蛄(ヘビケラ)」は、『風の谷のナウシカ』に登場する、翅蟲(はむし)と呼ばれる空を飛ぶ蟲の一種だ。フィギュアでは、見栄えのする鉄錆地調で仕上げられており、置物としても楽しめる出来だ。

また、各関節のジョイントにより、なんと全身45ヵ所が稼働する。頭部の顎の開閉だけでなく、羽もそれぞれを自由に動かすことができるので、劇中の好きなシーンを自分で再現することもできる。
タケヤ式自在置物「蛇螻蛄 鉄錆地調」

タケヤ式自在置物「蛇螻蛄 鉄錆地調」

造形総指揮:竹谷隆之・山口隆
原型制作:福元徳宝
販売価格:12,800円(税別)
全長:約405mm
フィギュア素材:PVC・ABS
ジョイント:ナイロン・POM
ベース:ABS
MADE IN CHINA
@ Studio Ghibli
精工な作りであることに加え、自在に関節を動かすことができるので、初めて見る人は本当にそこにいるかと思ってびっくりするかも!?コレクションする以外にも、驚く人を見る楽しみが増えそうだ。


フィギュアの造形企画製作、販売の株式会社海洋堂
http://kaiyodo.co.jp/

ジブリの大博覧会
http://www.roppongihills.com/tcv/jp/ghibli-expo/
このエントリーをはてなブックマークに追加

WRITER

RECOMMEND

CATEGORY RANKING

CATEGORY RANKING

RECOMMEND

WRITER

HOT WORD