このエントリーをはてなブックマークに追加
0

香港でコーヒー&紅茶のマリアージュ!「鴛鴦茶(ユンヨンチャ)」にチャレンジ!

コーヒーと紅茶をミックスさせた香港スタイルドリンクのひとつである「鴛鴦茶」。「茶餐廳(チャーチャンティン)」と呼ばれるレストランや喫茶店「冰室(ビンサッ)」で普通に飲まれている「鴛鴦茶」とはどんな飲み物なのでしょうか?

こんなにポピュラーなのにルーツは謎の「鴛鴦茶」

P.M.A.トライアングル (117776)

via P.M.A.トライアングル
香港では、ごく普通に飲まれる鴛鴦茶ですが、その歴史は謎に包まれています。誰が考案したのか、いつから香港内に定着したのかよくわからないのです。一説には、茶餐廳や冰室で飲まれ始めたのは、数十年前のイギリス統治時代とか。

現在では、香港のほとんどのお店で飲めるようになり、その作り方もこれというものがなく、お店独自の作り方があったりします。
香港の季節は日本と違い、亜熱帯気候のため明確な四季がないので体調管理が必須。夏は建物の中が冷蔵庫のように寒いのも香港ならでは。地元の人たちは、体を冷やさないように夏でも熱い飲み物をよく飲みます。その中で鴛鴦茶は定番のオーダードリンクなのです。

寒い時期はホットがおいしい!花園餐廳式「熱鴛鴦茶(イッユンヨンチャ)」の作り方

コーヒーと紅茶の割合が5:5だったり、7:3だったり、ガムシロップと無糖練乳が入っていたり、加糖練乳だけだったりと、アレンジもさまざま。香港の味を自宅でも飲みたい!という方に、おうちでも気軽にできるおいしい鴛鴦茶のホット版、「熱鴛鴦茶(イッユンヨンチャ)」の作り方を、香港の老舗茶餐廳「花園餐廳」で教えていただきました。

①カップに紅茶をイン

P.M.A.トライアングル (117793)

via P.M.A.トライアングル
少し濃いめに出した紅茶をカップの半分くらいまでいれます。

香港ではお湯を入れるだけの「インスタント鴛鴦茶」というものも売られています。実際作る味には劣りますが、それだけ香港人に愛されている証拠。実際自分で鴛鴦茶を作ると、コーヒーと紅茶の割合が意外と難しいのもわかってきて、ちょっと研究してみたい気分に。

②お好みのコーヒーをドリップしてミックス

P.M.A.トライアングル (117803)

via P.M.A.トライアングル
紅茶を入れたカップに、さらにコーヒーを注ぎます。コーヒーはインスタントでもいいですが、花園餐廳ではコーヒー粉でドリップしたコーヒーを使用しています。出来上がりの香りとコクが断然違います。

③加糖練乳を入れて甘みをプラス

P.M.A.トライアングル (117806)

via P.M.A.トライアングル
コーヒー×紅茶の上から、加糖練乳をカップギリギリまでたっぷり注ぎます。甘いのが苦手な人は、無糖練乳を入れてガムシロップで甘さを調整するもOK。どちらにしても、練乳の風味がないと鴛鴦茶とはいいません。練乳は絶対です!

できあがり!

P.M.A.トライアングル (117822)

via P.M.A.トライアングル
ふわっとコーヒーの香ばしさと紅茶の上品な香りがミックスされて、何ともいえない良い風味です。ティースプーンで練乳をしっかり混ぜていただきます。

花園餐廳おすすめ!鴛鴦茶と相性のよいスイーツはコレ!

P.M.A.トライアングル (117826)

via P.M.A.トライアングル
甘い飲み物に、甘いスイーツやパンを組みわせるのが香港の人の好み。香港スタイルを再現するなら、香港式メロンパンの菠蘿飽(ポーロゥバオ)がおすすめです。日本ならメロンパンやエッグタルトをお茶受けにしてみましょう!

花園餐廳はステーキがおいしいと、地元民や香港在住日本人の間でも有名なお店でもあります。香港へ出かけたら鴛鴦茶とステーキをオーダーして、香港式ディナーを満喫してみてもいいですね。

夏は、キンキンに冷えた凍鴛鴦茶(ドンユンヨンチャ)でリフレッシュ!

P.M.A.トライアングル (117842)

via P.M.A.トライアングル
クラッシュアイスにたっぷりの凍鴛鴦茶(ドンユンヨンチャ)。今回紹介するのは、中環の德輔道にある香港のファミレス的存在「翠華餐廳」。

ここの鴛鴦茶は二層になっていて、ちょっとアイスラテのようなオシャレな感じに。日本語OKのスタッフはいませんが地域的なものもあるのか、日本人が多く訪れるお店として知られていますので、香港初心者でも安心して入れます。
P.M.A.トライアングル (117867)

via P.M.A.トライアングル
鴛鴦茶は、コーヒー少な目や紅茶少なめといったカスタマイズもできるのですが、広東語じゃないと通じないところが難点。甘さ少なめにしたいなら「小甜(シーウティン)」、無糖なら「走甜(ツォウティン)」とオーダーしましょう。香港ローカル気分を味わえるのでぜひトライしてみてくださいね。

鴛鴦茶のテイクアウトもOKでペットボトル入り鴛鴦茶「樽仔鴛鴦」(30香港ドル/日本円で約438円)もあります。中環の街並みを散策しながら飲み歩きも楽しいですよ。

香港人の日常に欠かせない鴛鴦茶を気軽に楽しみましょう

P.M.A.トライアングル (117875)

via P.M.A.トライアングル
金融都市で各国の文化が入り混じり、流行や文化も日進月歩の香港ですが、そんな環境の中で「香港式」の食べ物や飲み物は、自分たちの都市のスタイルとして確立されています。

さまざまなメニューの中でも、コーヒー、紅茶好きの香港人が愛する鴛鴦茶は、故郷の味といってもいいかもしれません。

香港に行って本場の味を楽しむのもよし、家でオリジナル鴛鴦茶を作ってみるのもよし。鴛鴦茶の作り方は無限大!一回飲むとはまってしまう鴛鴦茶をぜひ味わって。
P.M.A.トライアングル (117881)

via P.M.A.トライアングル
【店舗情報】
「花園餐廳 本店(ファーユンチャンティン/Sweetheart Garden Restaurant)」
住所:旺角豉油街38號榮高大廈地下至2樓
電話番号:+852-2785-5661
営業時間:11:00~翌1:00
定休日:無休
P.M.A.トライアングル (117888)

via P.M.A.トライアングル
【店舗情報】
「翠華餐廳(チョイワーチャンティン)中環德輔道店(Tsui Wah Group)」
住所:中環德輔道中84-86號地下
電話番号:+852-2815-3000
営業時間:7:00~翌2:00
定休日:無休

翠華集團

翠華集團
翠華集團的願景是「弘揚健康優質香港飲食文化」。對食物品質、環境衛生和服務質素皆有嚴格要求。我們於香港地道飲食口味上不斷推陳出新,並注入新元素將之演變成中西薈萃、不分國界的地道特色食品。
このエントリーをはてなブックマークに追加

WRITER

RECOMMEND

CATEGORY RANKING

CATEGORY RANKING

RECOMMEND

WRITER