このエントリーをはてなブックマークに追加
0

『犬夜叉』開幕!ゴールデンボンバー喜矢武さん「僕がダメだったらこの舞台はダメになるという覚悟で」

4月6日より、『犬夜叉』が東京・銀河劇場にて開幕。初日のゲネプロでは喜矢武豊(ゴールデンボンバー)、若月佑美、伊藤純奈(ともに乃木坂46)ら出演者6人による囲み取材が行われました。

舞台『犬夜叉』 (133584)

via 舞台『犬夜叉』
高橋留美子による名作マンガを原作にした『犬夜叉』が、4月6日(木)~15日(土)に東京・銀河劇場にて上演されます。

『犬夜叉』は高橋留美子により1996~2008年に週刊少年サンデー(小学館)で連載された妖怪ファンタジー。2000年からは数度にわたりアニメ化されたほか、2001年には小学館漫画賞を受賞するなど、高い人気を博していました。
初日となった4月6日にはマスコミ向けにゲネプロ公演が実施され、これが3度目の舞台主演作となる喜矢武 豊(ゴールデンボンバー)、そして喜矢武演じる犬夜叉に想いを寄せる2人の女性、かごめと桔梗を演じる若月佑美、伊藤純奈(ともに乃木坂46)ら6名による囲み取材を実施。今回はその模様をお伝えします。

喜矢武 豊「キャラクターたちの心情の動きをしっかりとらえた内容になっています」

犬夜叉役・喜矢武 豊(写真左から3番目)

『犬夜叉』は有名な作品なので、その名前に負けないようにしっかりとやらせていただきたいと思っています。キャラクターの見た目を再現するだけじゃなく、原作の彼らの心情の動きをしっかりとらえた内容になっています。この作品で3度目の主演になるんですが、僕は座長という呼ばれ方があまり好きじゃなくて。引っ張ったりまとめるというよりは、主演の僕がダメだったらこの舞台はダメになるという覚悟でやってます。
舞台『犬夜叉』 (133559)

via 舞台『犬夜叉』

日暮かごめ役・若月佑美(写真右から3番目)

かごめちゃんは乃木坂46にはいないような女の子だなと思っていて、だからこそやりがいのある役ですし、楽しんで演じたいとも思っています。『犬夜叉』はちっちゃい頃からすごく好きな作品で、毎週の放送を楽しみにしていた想い出があるので、出演のお話をいただいたときには心の中で発狂するくらい嬉しかったです。私は今22歳なのですが、舞台では15歳のかごめちゃんらしく、感情よりも行動が先走ってしまうようなところも出していけたらと思っています。

殺生丸役・佐奈宏紀(写真右から2人目)

今日まで、たくさん頑張って稽古をしてきました。この場にいないアンサンブル含むすべてのメンバーもすごく頑張ってこの舞台を支えてくれているので、みんなのその頑張りをムダにしないように、僕も千秋楽まで精一杯頑張ります。

桔梗役・伊藤純奈(写真一番右)

私にとっては2度目の舞台で、こんなに大きな作品に出させてもらえるのはありがたいことだと思っているので、一公演一公演大事に演じさせていただきます。私が演じる桔梗はかごめちゃんよりも少しお姉さんなので、落ち着きがあって上品な感じを出せるように、仕草なども研究しました。そこを見ていただきたいと思っています。

弥勒役・滝口幸広(写真一番左)

小さい頃にアニメを観ていた作品にこうして出られることを、まずは嬉しく思います。顔合わせで原作者の高橋留美子先生にもお会いしたんですが、すごく楽しみにしてくださっていると仰っていたので、先生や原作ファンのみなさんを楽しませられるような舞台ができたらと思います。

奈落役・木村 了(写真左から2番目)

作品の中では捉えどころのない、奈落という役をやらせてもらっています。高橋留美子先生の原作はもちろんそうなのですが、この舞台の脚本もすごく面白く、『犬夜叉』の世界観を体現できているのではないかと思います。主役の喜矢武くんが素晴らしくしなやかな身体のキレを披露していて本当にかっこいいので、多くの方にこの作品を見ていただけたらと思います。

“四魂のかけら”をめぐる半妖と少女の冒険ファンタジー

神社の古井戸から戦国時代へとタイムスリップした中学生・日暮かごめと、巫女の桔梗により封印されていた妖怪の父、人間の母を両親に持つ“半妖”の犬夜叉が出会い、手にした者に強い力を与える”四魂の玉”のかけらを集める旅に出る……というストーリーの『犬夜叉』。その魅力を、舞台版では約2時間にぎゅっと凝縮して見せて行きます。
舞台『犬夜叉』 (133569)

via 舞台『犬夜叉』
“原作のあのシーンは果たして登場するのか?”など、気になるポイントの多いこの作品の見どころを少しだけご紹介します。

女子高生が古井戸で戦国時代へタイムスリップ!

会場の銀河劇場にはかごめの実家である神社の大きなご神木、かごめの住む現代と犬夜叉の住む戦国時代を結ぶ古井戸を中心にセットが組まれ、キャストの演技と多彩な映像を組み合わせて物語が進んでいきます。
舞台『犬夜叉』 (133571)

via 舞台『犬夜叉』
原作中の印象的なシーンを散りばめたこの舞台の中でも、特に丁寧に描かれるのはかごめと犬夜叉、桔梗と犬夜叉のやり取り。戦国時代にそれぞれ思いを寄せ合っていた桔梗と犬夜叉は“あること”をきっかけに反目し合うようになり、桔梗は犬夜叉を封印してその命を閉じます。
桔梗の生まれ変わりであるかごめが50年後にその封印を解き、四魂の玉のかけらを探す旅の中でいつしか2人は惹かれ合うようになりますが、そこに生き返った桔梗が現れ、犬夜叉の心は2人の女性の間で揺れ動くことに……。
舞台『犬夜叉』 (133568)

via 舞台『犬夜叉』
犬夜叉を明るく励まし続けるかごめ、断ち切れない犬夜叉への切ない思いをあふれさせる桔梗。この太陽と月のように対照的なふたりの女性に対して、犬夜叉が感じる迷いや悩みといった心情がつぶさに描かれている部分に注目です。

犬夜叉、かごめ、桔梗による恋愛模様もドラマチックに

舞台『犬夜叉』 (133567)

via 舞台『犬夜叉』
また囲み取材のコメントにもありましたが、妖怪たちと戦うシーンなどで暴れまくる喜矢武さんのキレのあるアクションはお見事! 2度目主演舞台『GOKÛ』などを観た方はご存知かもしれませんがバク転などのアクロバットもこなし、大妖怪の父が遺した愛刀・鉄砕牙をふるう殺陣なども非常に見ごたえがあります。
舞台『犬夜叉』 (133566)

via 舞台『犬夜叉』

殺生丸、奈落といった脇を固めるキャラクターにも注目!

そして50年もの間封印されていたという犬夜叉の“汚し”の入った着物など、この作品のビジュアル再現へのこだわりはかなりのもの。また、登場人物の中でも黄金の瞳に白髪のロングヘア、毛皮や角をあしらったデコラティブな着物を身にまとった佐奈さん演じる犬夜叉の異母兄・殺生丸の美しさにはため息が出るほどです。
舞台『犬夜叉』 (133564)

via 舞台『犬夜叉』
犬夜叉たちに帯同しその成長を見守る桔梗の妹・楓(野口かおるさん)、やはり旅の途中で犬夜叉たちの仲間に加わる美形で女たらしの法師・弥勒(滝口幸広さん)の加わるシーンでは、まるでアドリブコントのような爆笑必至のやり取りも。そして殺生丸と手を結び犬夜叉たちを苦しめる、木村 了さん演じる奈落の得体の知れない不気味さと存在感も作品の空気を大いに引き締めています。
舞台『犬夜叉』 (133561)

via 舞台『犬夜叉』
犬夜叉がかごめのピンチに発する「お前を守るって言ってんだ!!!」の決めゼリフなど、原作ファンにとっても思い出深い胸キュンシーンも多数織り込まれたこの舞台。残念ながら見逃してしまった方も、7月26日にはDVDが発売されるので、旬なキャストが熱演を繰り広げる舞台版の世界観を楽しんでみてはいかがでしょうか。

『犬夜叉』

【期間】2017年4月6日(木)~15日(土)
【会場】天王洲 銀河劇場(東京都品川区東品川2-3-16 シーフォートスクエア内2階 )
【原作】高橋留美子『犬夜叉』(小学館刊)
【脚本】松村 武
【演出】茅野イサム
【出演】喜矢武 豊(ゴールデンボンバー)/若月佑美(乃木坂46)/佐奈宏紀/伊藤純奈(乃木坂46)/滝口幸広/野口かおる/小林健一/木村 了 ほか
【主催】ネルケプランニング/ユークリッド・エージェンシー/小学館
◆ 『犬夜叉』 DVD予約販売受付中!!◆
 
【発売日】 2017年7月26日(水)
【価格】 7,000円+税
【内容】 本編DVD+特典DVD (2枚組)
[予約特典] 舞台写真セット<劇場予約・通販共通> ※特典は商品1本につき1セットプレゼントいたします
【通販】
≪特典付き予約期間≫ 4月6日(木)18:00~5月31日(水)23:59
シルクロードストア≫ https://silkroadstore.jp

【DVDに関するお問い合わせ】 スクーデリア・ユークリッド TEL : 03-5488-7771 (平日12:00~18:00)

公式HP http://stage-inuyasha.jp/
公式twitter @stage_inuyasha

©高橋留美子/小学館
©2017 ネルケプランニング/ユークリッド・エージェンシー/小学館

舞台 犬夜叉

舞台 犬夜叉
犬夜叉復活!!高橋留美子原作の大人気漫画『犬夜叉』が4月にゴールデンボンバーの喜矢武豊主演で舞台化決定!
text=古知屋ジュン
このエントリーをはてなブックマークに追加

WRITER

RECOMMEND

CATEGORY RANKING

CATEGORY RANKING

RECOMMEND

WRITER