ChatHead

高まる緊張と怒涛の急展開!週刊少年ジャンプ最注目の『鬼滅の刃』(吾峠呼世晴)が面白い! | rooVeR [ルーバー]

このエントリーをはてなブックマークに追加
0

高まる緊張と怒涛の急展開!週刊少年ジャンプ最注目の『鬼滅の刃』(吾峠呼世晴)が面白い!

週刊少年ジャンプで吾峠呼世晴さんが連載中の『鬼滅の刃』から最新第6巻が5月2日に発売。話数を追うごとに面白さが加速していく注目コミックの見どころを、作品のあらすじと共にご紹介します。

週刊少年ジャンプの次世代を担う血風剣戟冒険譚

「努力・友情・勝利」というコンセプトをかかげ、徹底した「アンケート至上主義」のもと、数々の時代のヒーローを生み出してきた週刊少年ジャンプ。

その看板タイトルは数知れず、ふだんマンガを読まない人ですら、『ドラゴンボール』や『ONE PIECE』といった名前はご存じのはず。まさに「日本一売れている雑誌」の週刊少年ジャンプですが、近年は『こちら葛飾区亀有公園前派出所』『BLEACH』など、看板作品が相次いで連載を終了。新たな柱となる看板作品が待ち望まれています。
https://www.amazon.co.jp/ (144093)

via https://www.amazon.co.jp/
吾峠呼世晴(ごとうげ・こよはる)さんが連載中の『鬼滅の刃(きめつのやいば)』も、そんなネクストブレイクを期待されるマンガのひとつ。2016年11号より連載をスタートした作品ですが、話数を追うごとに面白さが加速中。現在、最も成長著しい注目のジャンプ作品となりました。

5月2日には待望の第6巻が発売。今回はそんな『鬼滅の刃』のあらすじを解説しつつ、最新刊の見どころをご紹介します。

悲劇からはじまる復讐の物語

ジャンピン!『鬼滅の刃』 - YouTube

週刊少年ジャンプで大好評連載中の『鬼滅の刃』。 ジャンプが贈る血風剣戟冒険譚! コミックスも好評発売中! ■週刊少年ジャンプ公式サイト http://www.shonenjump.com/j/rensai/kimetsu.html
時は大正時代、日本。人里から離れた山奥で、母と弟妹の6人で静かに暮らしている少年・竈門炭次郎(かまど・たんじろう)が物語の主人公です。

父親はすでに他界。炭次郎は、炭を売って手に入れたわずかばかりのお金で家族を養いながら、それでも幸せに生きていました。雪がふり積もったその日も、妹の禰豆子(ねずこ)らに見送られながら、炭を売るため人里へと向かった炭次郎。でも、その翌日、家に帰ると血の匂いが……。

「幸せが壊れる時には いつも血の匂いがする」

炭次郎が駆け付けた時には、血まみれになった部屋に、冷たく横たわる母と弟妹たち……。かろうじてまだ温かい禰津子を背負い、山を下りようとする炭次郎でしたが、突如、凶暴化した禰豆子に襲われて!? 謎の青年・冨岡義勇によって助け出された炭次郎は、彼から家族が「鬼」に殺されたこと、禰豆子が「鬼」と化したことを知らされます。

「人を食べる」と恐れられている鬼は殺すのが習わし。禰豆子も例外ではありません。でも、ただ一人生き残った肉親である禰豆子を失いたくない炭次郎は、彼女を治す手掛かりを探すため、そして家族を殺した鬼に復讐するため、唯一の方法である「鬼殺の剣士(きさつのけんし)」になって鬼たちと戦う苦難の道を選ぶのでした。

作品に散りばめられた伏線とキーワード

炭次郎にふりかかる壮絶な悲劇からはじまる『鬼滅の刃』。ストーリーが進むにつれて、少しずつこの作品を形作っているキーワードが見えてきます。

たとえば「時代劇」。実は週刊少年ジャンプにおいて歴史をあつかった作品は少なく、『るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-』が出現するまで「ジャンプで時代劇は売れない」と言われた時期もありました。『鬼滅の刃』もまた大正を舞台にした時代モノですが、今のところ歴史上に実在したモチーフはなく、あくまで大正という時代設定からなるキャラクターたちの衣装や装備、背景などにとどめているようです。

他にもこのマンガには「バディもの」「復讐劇」「怪異」などのキーワードがありますが、すべての前提にあるのは、週刊少年ジャンプが長年かけて培ってきた、読者を熱く夢中にさせる仕掛けの数々。厳しい「特訓」で身につけた「必殺技」を武器に、鬼殺隊の「ライバル」たちと「協力」して、「強大な敵」と激しい「剣戟バトル」を繰り広げます。

これだけたくさんの要素が詰め込まれた『鬼滅の刃』。これはもう、面白くならないはずがありません!

緊張感みなぎる物語と、個性的なキャラクターたち

さらに物語では、展開が進むにつれて、さまざまなキャラクターが登場します。

まずは炭次郎の家族を殺し、禰豆子を鬼にした宿敵・鬼舞辻無残(きぶつじ・むざん)。炭次郎の最終目的のカギを握る人物が、ストーリー序盤から早くも出現。鬼たちを率いるラスボスとして、炭次郎たちの前に立ちはだかります。
『鬼滅の刃』図説・大正鬼殺活動小史|集英社『週刊少年ジャンプ』公式サイト (143967)

via 『鬼滅の刃』図説・大正鬼殺活動小史|集英社『週刊少年ジャンプ』公式サイト
さらには炭次郎とおなじタイミングで「鬼殺隊」の一人となった我妻善逸(あがつま・ぜんいつ)や嘴平伊之助(はしびら・いのすけ)など、炭次郎と共闘する仲間たちの個性も魅力的。
なかでも善逸は、臆病で軟弱で、おまけに泣き虫という、ジャンプ史上でも指折りのスーパーヘタレ。そんな彼が勇気をふり絞って男気をみせるエピソードは、きっと多くの感動を与えてくれるでしょう。たとえるなら『ダイの大冒険』のポップと『るろうに剣心』の斉藤一の特徴をあわせ持ったハイブリッド、と言っては褒めすぎですが、読者たちから愛されているキャラクターです。
家族の仇を探すシリアスなテーマにもかかわらず、コミカルに立ちまわる善逸たちのおかげでギャグシーンも多く、明るい気持ちで読み進められる点も魅力です。

最新6巻では「鬼滅隊」の主要キャラクターが勢ぞろい

https://www.amazon.co.jp/ (143964)

via https://www.amazon.co.jp/
5月2日に発売された第6巻では、登場キャラクターが一気に増えて、炭次郎たちが所属する「鬼滅隊」の全容が明らかになってきます。さらには、より強くなるために炭次郎たちは修行に突入し、対する鬼舞辻陣営は新たな刺客が……。週刊少年ジャンプらしい味方vs敵の総力戦ができる下準備が整ったところで、次への展開に期待が高まります!

注目の第7巻は今年8月に発売予定。物語もまだまだこれから。興味を持った方は、ぜひためしに読んでみてはいかが?

『鬼滅の刃』第6巻

著者:吾峠呼世晴
価格:各432円[税込]※既刊6巻
出版社:集英社

2016年より週刊少年ジャンプにて連載中

『鬼滅の刃』図説・大正鬼殺活動小史|集英社『週刊少年ジャンプ』公式サイト

『鬼滅の刃』図説・大正鬼殺活動小史|集英社『週刊少年ジャンプ』公式サイト
『鬼滅の刃』図説・大正鬼殺活動小史。「鬼滅の刃」がLINEスタンプに!!「LINEクリエイターズスタンプ」ショップにて好評配信中!!
このエントリーをはてなブックマークに追加

WRITER

コマツ
コマツ

エンタメ系情報誌で編集者を経て、フリーに転向。得意分野はマンガを中心に、映画やアニメなどインドアエンタメが中心です。

お気に入り登録 >> 他の記事もチェック

RECOMMEND

CATEGORY RANKING

CATEGORY RANKING

RECOMMEND

WRITER