ChatHead

【鳥のいるカフェ】浅草の観光スポットにもなりつつある!?鳥のいるカフェ、代表取締役にインタビュー | rooVeR [ルーバー]

このエントリーをはてなブックマークに追加
1

【鳥のいるカフェ】浅草の観光スポットにもなりつつある!?鳥のいるカフェ、代表取締役にインタビュー

近年、猫をはじめいろんな動物のいるカフェがどんどん増えている中、さまざまな鳥をただ眺めるだけでなくふれあえるという鳥カフェが登場したという。今回は浅草にある鳥カフェ、その名も「鳥のいるカフェ」を運営している代表取締役の明渡さんにその真相を探るべく、インタビューしてきました。

人懐っこい鳥たちと思いっきり遊べる癒しスポット!

P.M.A.トライアングル (116311)

via P.M.A.トライアングル
100羽以上のインコをはじめフクロウやタカの猛きん類が集まる「鳥のいるカフェ 浅草店」。鳥好きな人のための癒し空間を提供したいと話すオーナーの明渡さんに、開業の経緯から鳥たちへの思いまで、お話を伺ってきました。

無類の鳥好きオーナーが作った鳥好きの人が集まれる場所

P.M.A.トライアングル (116324)

via P.M.A.トライアングル
――まずお店のコンセプトを教えてください。
「人懐っこいインコたちと思いっきり遊びたい!」と言う声を木場の1号店のお客様に聞き、ならばインコ専門の鳥カフェをオープンしようかと。そして2014年にオープンしました。
――なぜ浅草にオープンされたのでしょうか?
2012年12月に鳥を眺めながら、お茶を楽しんで頂ける喫茶店形式の1号店を木場にオープンしたんです。1号店は、近隣がちょっとさびしくて、食事をしたり遊んだりできるスポットが近くにあったら、というリクエストをお客様からいただいて。だったら観光地でもある浅草にしようと。浅草は外国人旅行客も多いので、いろんな人に足を運んでもらえそうですしね。
――お店をオープンしたきっかけは何だったのでしょうか?
創業者であるオーナーが、小さい頃から無類の鳥好きで、インコから猛きん類までたくさん飼育していました。かなり飼育数が増えてきたので、たくさんの人に鳥の魅力を伝えたい、また鳥好きの人が集まって鳥について語れる場所をつくりたいという思いから開業しました。

インテリアのコンセプトは冒険しているようなワクワク感

P.M.A.トライアングル (122193)

via P.M.A.トライアングル
P.M.A.トライアングル (116333)

via P.M.A.トライアングル
――お店のインテリアや家具などもこだわっていますね。
浅草店はふくろう部屋とインコ部屋の二部屋に分かれており、ふくろう部屋からインコ部屋へつながる廊下を暗いトンネルのようにして、冒険に向かうようなワクワク感を味わってもらえるような造りにしたのが、一番のこだわりポイントです。
――鳥たちへの配慮も大切ですよね?
そうですね。鳥は太陽光を浴びる必要があるので、室内には紫外線ライトの設置したり、調子の悪い子を隔離して休ませるスペースを設けるなど、皆が健康で元気に過ごせるような空間になるよう努力しています。

鳥たちの魅力を再発見してもらえるのが一番嬉しいこと

P.M.A.トライアングル (122249)

via P.M.A.トライアングル
――訪れるお客さまはどんな方が多いですか?
やはり20~40代の女性が多いですね。狙い通り、外国人旅行者の方にも“鳥カフェ”という珍しさが功を奏してよく立ち寄っていただいてます。
――お店を運営するうえで楽しいこと、大変なことは何でしょうか?
大変だなと思うことは、やはり鳥たちも生き物ですので、具合が悪くなることもあれば、鳥同士がケンカをしてケガをしてしまうこともあります。できるだけそういうことがないように気を配っていますが、難しい部分であり常に課題として意識したい部分だと感じています。
楽しいことは、何よりお客さまに喜んでいただけた瞬間です。同じ鳥好きの皆さんが「癒された~」とか「楽しかった!」と言ってくださるのはもちろんのこと、「鳥嫌いだったけど、ここに来て鳥の魅力が分かりました!」とおっしゃって下さる方もいて、その時は本当に嬉しく思います。

いろんな性格の鳥がいることを知ってもらいたいです

P.M.A.トライアングル (116401)

via P.M.A.トライアングル
――ではお客さまにどんな気持ちでお店に足を運んできてほしいですか?
悠々とした猛禽類や、茶目っ気のあるインコたちなど、それぞれに魅力があります。また個体によっても様々な個性があり、まったく飽きない動物です。そんな鳥類の魅力に一緒にハマってほしい、癒されてほしい、またペットとして一緒に暮らすことで、日常に鳥がいることの楽しさを体感してほしい!という思いを、一人でも多くのお客さまへお伝えしたいです。

鳥好きな人にはたまらないオリジナルグッズが充実!

P.M.A.トライアングル (116373)

via P.M.A.トライアングル
P.M.A.トライアングル (116375)

via P.M.A.トライアングル
――かわいいグッズも置いているんですね。
スタッフが鳥好きならではの視点で厳選した、様々な鳥モチーフの雑貨を扱っています。他ではなかなか見つからないような珍しい種類のものや、ここにしかないオリジナル商品など、多彩なグッズの取扱いが当店のこだわりです。

かわいいインコ、神秘的なフクロウたちに会いに行こう!

P.M.A.トライアングル (116419)

via P.M.A.トライアングル
P.M.A.トライアングル (116416)

via P.M.A.トライアングル
かわいいインコたちやフクロウなどの猛きん類がたくさんいる「鳥のいるカフェ 浅草店」。出かけてみれば、今まではただ眺めるだけでしか見ることのできなかった鳥たちが、ふれあうことでぐっと身近に感じられる場所のような気がして、より鳥に対する考え方が変わるかもしれません。実際に鳥たちにふれられる機会はなかなか無いと思うので、ぜひみなさんも一度訪れてみては?
【店舗情報】
「鳥のいるカフェ 浅草店」
住所:東京都台東区浅草1-12-8 大山ビルB1F
料金:時間制。お試し30分1,000円、最初の1時間1,500円、延長15分毎300円
※ 3歳まで無料。4〜6歳まで半額プラスオリジナルポストカードプレゼント
※ 貸出用ポンチョ(無料)
※店内での飲食はカウンターで販売しているもののみ可能
営業時間:13:00~20:00、土・日曜・祝日11:00~
定休日:無休
URL:http://toricafe.co.jp/asakusa

【鳥のいるカフェ】まさに鳥天国!インコやフクロウともふもふできる鳥のいるカフェに行って来ました♡

【鳥のいるカフェ】まさに鳥天国!インコやフクロウともふもふできる鳥のいるカフェに行って来ました♡
鳥カフェと言えば、ここ最近フクロウが人気のようですが、中には苦手な人もいるのでは。今回訪れた「鳥のいるカフェ 浅草店」ではそんなかわいらしいフクロウの他、愛嬌たっぷりのインコたちがたくさんいるんです!
このエントリーをはてなブックマークに追加

WRITER

RECOMMEND

CATEGORY RANKING

CATEGORY RANKING

RECOMMEND

WRITER