このエントリーをはてなブックマークに追加
0

「バリスタ」──コーヒーの幅広い知識と確かな技術を持つスペシャリスト!

「バリスタ」という言葉は、今では日本でもよく聞かれるようになりました。コーヒー関連の商品の名前でも時々見かけますよね。では、そもそも「バリスタ」ってどんな仕事をするの?「バリスタ」になるにはどうしたらいいの?「バリスタ」に関する疑問にお答えします!

「バリスタ」とは?

「バリスタ」と聞くと、真っ先にコーヒー、あるいはカフェを連想される人が多いのではないでしょうか?
gettyimages (133175)

元々、“バリスタ”という言葉は「バーテンダー」を指すイタリア語。バール(bar)という、南ヨーロッパの軽食喫茶店や酒場においてカウンターに立ち、エスプレッソを中心とする飲み物を給仕するスタッフのことです。

日本ではコーヒーやコーヒーベースのドリンクを作りますが、イタリアにおける「バリスタ」はコーヒー系の飲み物だけではなく、あらゆる飲み物の注文に対応しなければなりません。
近年は日本からも多くの優秀なバリスタが誕生し、中には国内外のバリスタの大会で優勝する人たちも出てきています。

では、バリスタに求められることは何でしょうか。バリスタになるには何が必要なのでしょうか。

バリスタに求められる知識と技術とは?

gettyimages (133008)

バリスタは通常、コーヒーをメインで扱いますから、コーヒーに関する幅広い知識を持ち合わせていなければなりません。

単に美味しいコーヒーを提供できるというだけではなく、各コーヒー豆の違いやその豆に最も適した挽き目、準備や後片付けも含めたコーヒーマシンの扱い方など、とにかくコーヒーに関する全般的な知識が求められます。
お客さんの中には、体がカフェインを受け付けない人や使用するミルクによってアレルギー反応が出てしまう人もいますので、そのようなお客さんに対する細かな気遣いもできるようでなければなりません。

また、日本のようにコーヒー豆をほぼ輸入に頼っている国で働いているバリスタは、世界的な気候変動によるコーヒー産出国でのコーヒー豆の出来、輸出入関係の情報にも常に気を配っている必要もあります。
gettyimages (133177)

知識もさることながら、バリスタは、おいしいコーヒーを提供するための確かな技術も求められます。

たとえ忙しいカフェで異なるオーダーがひっきりなしに入ってきても、コーヒーを入れる機械や道具を正確に操作できるようでなければなりません。

落ち着いて判断力を働かせ、違う種類のコーヒーを効率よく手早く提供するのです。

バリスタになるためには?

では、バリスタになるための知識と技術を修得するためにはどうしたらいいのでしょうか。
gettyimages (133013)

バリスタを目指す人のための専門学校やカルチャースクールに通うのが最も確実な方法といえるでしょう。

学費は数十万円から、学校によっては100万円を超えるところもあり、必ずしも安いとはいえませんが、その分、しっかりした指導を受けることができますし、設備も整っているので、定期的にコーヒーを淹れる練習ができます。
ほかには、自宅で通信講座を通して学ぶこともできます。

ただしこの場合、費用は比較的抑えることができても、学校のように講師から直接指導を受けられませんし、何より、コーヒーを淹れる道具や機械などは自分で用意しなければなりません。
バリスタになることを目指して海外に留学する人もいます。

特にオーストラリアやアメリカは、バリスタの勉強をするのにとても良い環境といえます。旅費も含めて費用はそれなりに掛かりますが、コーヒーの文化が根付いた国で学ぶのは貴重な機会となるでしょう。

バリスタに関連するいろいろな大会もあります

rooVeR (133022)

via rooVeR
日本国内外で開かれる大会──ジャパン バリスタ チャンピオンシップ(JBC)やワールド バリスタ チャンピオンシップ(WBC)など──に出場し、優勝あるいは入賞してカフェをオープンしている人たちもいます。

例えば、日本にも2003年にアメリカで開かれたワールド バリスタ チャンピオンシップで優勝したオーストラリア人のポール・バセット氏のプロデュースするカフェ「Paul Bassett」があります。
また、2014年には、イタリアで開かれたワールド バリスタ チャンピオンシップでは、井崎英典氏が日本人初の優勝を果たしました。同じ日本人として誇らしさを感じますね。
gettyimages (133176)

バリスタ関連としてほかにもたくさんの大会が国内外で開催されています。

例えば「ジャパン エアロプレス チャンピオンシップ」、「ジャパン ハンドドリップ チャンピオンシップ」、「ジャパン ブリュワーズ カップ」といった、コーヒーの淹れ方に関するものから、「ラテアート世界選手権」のような大会まで。
そのいずれの大会でも近年、日本人が多数活躍しています。コーヒーはまさに知れば知るほど、その奥深さに、さらに興味がわきますね。
text:ともねこ
このエントリーをはてなブックマークに追加

WRITER

RECOMMEND

CATEGORY RANKING

CATEGORY RANKING

RECOMMEND

WRITER