このエントリーをはてなブックマークに追加
0

ドリップもプレスも水出しも!「トリニティワン」コーヒーメーカーがかっこよすぎ!

コーヒーにはいろいろな淹れ方がありますよね。同じコーヒー豆でも淹れ方によって風味が変わってくるのですから試したくなってしまいます。あれもこれも、いつでも飲めるようにしておきたい!気分に合わせて淹れ方を選びたい!という欲張りなコーヒー好きのためのコーヒーメーカー「Trinity One」をご紹介します。

コーヒーにはいろいろな淹れ方がありますよね

コーヒーの淹れ方には、最も一般的なドリップコーヒーや空気圧を利用するエアロプレス、まろやかなアイスコーヒーが楽しめるコールドブリューなど、たくさんの方法があり、淹れ方によって風味も異なります。
ですが、これらは全て違う器具が必要。その時々の気分でいろいろ楽しみたいけど、全部揃えるのはちょっと…大変ですよね。でもほしい!揃えたい!という人にオススメしたいコーヒーメーカーが、この「Trinity One(トリニティワン)」なんです。

The Trinity ONE: Specialty Coffee Brewer - YouTube

これ1台で、ドリップコーヒーからプレス式、コールドブリューも淹れられる上、スッキリとしたデザインでかっこいいですよね!

使い方も簡単です

いろいろ部品はありますが、使い方は簡単です。それぞれの淹れ方で見ていきましょう。

ペーパードリップコーヒーの場合

① ペーパーフィルターは円錐形のものを使用します。
② 器具の上にペーパーフィルターを置いて、お湯を流します。
③ ポットのお湯を捨て、コーヒーをセットします。
④ 少しお湯を注ぎ、蒸らしてから抽出します。

プレス式の場合

① チェンバーにフィルターをセットします。このフィルターはペーパーで。
② チェンバーをせっとしたらポットにコーヒーを入れ、お湯を入れます。
③ カップでフタをしたらシリンダーをセットします。
④ 45秒ほどで抽出します。

浸漬法(しんしほう)の場合

① チェンバーにフィルターをセットします。このフィルターはステンレス製がベスト。
② チェンバーをセットしたらポットにコーヒー(粉)を入れ、お湯を入れます。
③ カップでフタをして2分30秒待機。
④ ハンドルを回してコーヒーをグラスに入れます。
「浸漬法」とはコーヒーの粉を一定の時間お湯に漬けて抽出する方法で、フレンチプレスやサイフォンがこれにあたります。ドリップ方式は透過法といいます。
浸漬式のやり方を使えば、水出しコーヒーも作れます。この場合、水を入れて12時間置いてから抽出してください。もっと大きなポットなどに水とコーヒーを入れて冷蔵後などで12時間置いたあと、「Trinity One」を使って抽出するという方法も可能です。
Trinity Coffee (140775)

via Trinity Coffee
いずれの淹れ方も公式サイトに動画のチュートリアルおよび説明書(英語)があります。

あれもこれもできるまさにオールインワンなコーヒーメーカー

つまり、コーヒーを淹れるいろいろな方法を応用できるコーヒーメーカーということですよね。
価格は299.45USドル(日本円で約3万2,700円※2017年4月現在)と、ちょっとお高くはなりますが、その用途の幅広さを考えるとコストパフォーマンスは良いのではないでしょうか。
ちなみに、この「Trinity One」を作ったのはオーストラリアのマーク・フォーカーさん。クラウドファンディングで資金を集め、2年近くの歳月をかけて商品化にこぎ着けました。
ドリップコーヒーからプレスコーヒー、水出しコーヒーまで、1台でいろいろ試せるコーヒーメーカーはそうそうありませんよね。
まさにオールインワンのコーヒーメーカー。日本への発送も可能なので、興味のある人はぜひチェックしてみてください。
Trinity Coffee (140774)

via Trinity Coffee
【商品情報】
「Trinity One(トリニティワン)」
価格:395USドル(日本円で約3万2,700円※2017年4月現在)

Trinity Coffee Co. | Trinity Coffee Co.

Trinity Coffee Co. | Trinity Coffee Co.
The Trinity ONE is a specialty coffee brewing revolution. Brew your favourite pour over, press, and cold brew, all in ONE.
このエントリーをはてなブックマークに追加

WRITER

編集部tktk
編集部tktk

旅行とお酒と映画が好きです。

お気に入り登録 >> 他の記事もチェック

RECOMMEND

CATEGORY RANKING

CATEGORY RANKING

RECOMMEND

WRITER