ChatHead

コーヒーと本が出会う場所……ドトールコーヒーの新業態!池袋「本と珈琲 梟書茶房(フクロウ ショサボウ)」の居心地が良すぎ | rooVeR [ルーバー]

このエントリーをはてなブックマークに追加
0

コーヒーと本が出会う場所……ドトールコーヒーの新業態!池袋「本と珈琲 梟書茶房(フクロウ ショサボウ)」の居心地が良すぎ

本好き、カフェ好き必見の新スポットが池袋に登場です。その名も「本と珈琲 梟書茶房(フクロウ ショサボウ)」。いったい、どんなお店なのでしょうか。

ドトールコーヒーの新業態「本と珈琲 梟書茶房(フクロウ ショサボウ)」

株式会社ドトールコーヒー (172611)

via 株式会社ドトールコーヒー
近年、カフェスペースのある本屋が増えてきています。本屋のあの独特な雰囲気の中で美味しい飲み物やフードを味わいつつ、ゆっくりと本を読む時間は格別。
人気はとても高く、満席も珍しくありません。
今回、本屋好き、カフェ好きにおすすめするのは、株式会社ドトールコーヒーの新業態新業態「本と珈琲 梟書茶房(フクロウ ショサボウ)」です。
2017年6月に、東京メトロ池袋駅直結の駅ビル「sola(エソラ)」4階に出店されました。
【店舗概要】
「本と珈琲 梟書茶房(フクロウ ショサボウ)」
所在地:東京都豊島区西池袋1-12-1
客席数:禁煙116席(テラス席喫煙可)
営業時間:10:30~22:00(LO.21:30)

コンセプトは?

株式会社ドトールコーヒー (172610)

via 株式会社ドトールコーヒー
「本と珈琲 梟書茶房(フクロウショサボウ)」のコンセプトは「Coffee Meets Books」。

独自の選書センスが評判の「かもめブックス」代表にして、書店などの店舗の企画や運営を行うプロジェクトチーム「エディトリアル・ジェットセット」の柳下恭平氏とのコラボレーションにより誕生した、珈琲と本の新しいブランドです。

「本屋に併設するカフェ」ではなく、「喫茶店の中で思いがけない本との出会い・出会った本を読む時間」をお客様に楽しんでもらえるよう、お店で取り扱うおよそ3,000冊の本は柳下氏が選出!

販売するおよそ2,000冊は「袋とじ」

およそ3,000冊のうち、販売する2,000冊ほどの書籍は、すべて「梟書茶房(フクロウ ショサボウ)」のオリジナルカバーで袋とじされた「シークレットブック」として店頭に置かれます。つまり、中身は買って読むまでわからないのです!
買って開けるまでのお楽しみ……どきどきわくわくしてしまいます。

本を選ぶヒントになるのは、表紙に書かれた紹介文と自身のインスピレーションのみ。自身の感覚を信じて、とびきりの1冊を見つけてください。

店名になぜ「梟」?

株式会社ドトールコーヒー (172612)

via 株式会社ドトールコーヒー
店名に「梟」が入っていますが、これには3つの意味があるそう。

まず、池袋(ふくろ(う))にあること。池袋駅の東口にある「いけふくろう」は待ち合わせスポットとして定番ですよね(ただし最寄の改札は北改札……ちょっとややこしい)。

そして、販売される本がすべて袋とじ(ふくろ(う)とじ)。さらに「かもめブックス」と同じような親しみをこめるという意味から、「ふくろう」を店名にいれたのだそうです。

ちなみにですが、池袋には超人気ふくろうカフェ「いけふくろうカフェ」もあります。

【いけふくろうカフェ】フクロウとの特別な1時間を楽しむべし!「いけふくろうカフェ」に行ってきました! | rooVeR [ルーバー]

【いけふくろうカフェ】フクロウとの特別な1時間を楽しむべし!「いけふくろうカフェ」に行ってきました! | rooVeR [ルーバー]
ふくろうさえいれば、それで十分。そう思わされるのが池袋にある「いけふくろうカフェ」。店内にはテーブルが置かれておらず、現在では衛生面と最大限フクロウにスペースを活用するためペットボトルドリンクのみの提供に。でも店内にいる25種類35羽ものフクロウと戯れれば、ほっとひと息つけるのです。1時間限定、魅惑のフクロウワールドへ出かけましょう!

コーヒーはサイフォンで抽出

株式会社ドトールコーヒー (172613)

via 株式会社ドトールコーヒー
「本と珈琲 梟書茶房(フクロウショサボウ)」では、提供するコーヒーはサイフォンで抽出します。

日本スペシャルティコーヒー協会副会長、同トレイニング委員長である菅野眞博氏が、お店のコンセプトに合わせて「梟ブレンド」を開発。
グアテマラをメインにしたビターチョコレートのような深いコクがある深入り深煎りコーヒーです。

フードメニューはどれも美味しそう!

フードメニューも、もちろん美味しそうなものばかり!おすすめメニューはこちらです。
株式会社ドトールコーヒー (172607)

BOOKシフォン(プレーン)
価格:500円(税抜)
via 株式会社ドトールコーヒー
株式会社ドトールコーヒー (172608)

ホットドッグ(プレーン)
価格:480円(税抜)
via 株式会社ドトールコーヒー

美味しいコーヒーに中身がわからない本……「梟書茶房」がとても面白そう!

「本と珈琲 梟書茶房(フクロウショサボウ)」は、これまでにない新たな業態のお店です。美味しいコーヒーやフードに、袋とじで中身がわからない本……想像しただけでどきどきします。

普通の本屋では味わえない楽しさを、「本と珈琲 梟書茶房(フクロウショサボウ)」で体験してみては?

本と珈琲 梟書茶房 [FUKUROSHOSABO]

本と珈琲 梟書茶房 [FUKUROSHOSABO]
選りすぐりの本と珈琲で「新しい出合い」を提供する「梟書茶房(フクロウショサボウ)」
このエントリーをはてなブックマークに追加

WRITER

編集部ぴんぬ
編集部ぴんぬ

本と音楽と新しいものが好き。よく寝ます。

お気に入り登録 >> 他の記事もチェック

RECOMMEND

CATEGORY RANKING

CATEGORY RANKING

RECOMMEND

WRITER