このエントリーをはてなブックマークに追加
0

不器用でうまくいかない、でも恋がしたいあなたへ。世紀末『殺さない彼と死なない彼女』

今回紹介するマンガは、KADOKAWAから3月23日に発売された、世紀末さんの『殺さない彼と死なない彼女』。同作者がTwitterで発表し、大きな反響があった4コマ作品を集めた初単行本化作品で、切なくも心温まるストーリーとなっています。

To love is to suffer. To avoid suffering, one must not love.
But, then one suffers from not loving.
恋をすることは苦しむことだ。苦しみたくないなら、恋をしてはいけない。
でも、そうすると、恋をしていないということでまた苦しむことになる。
これは『アニー・ホール』などで知られる映画監督、ウディ・アレンが恋について語った言葉です。人間にとって恋愛は欠かせないもの。でも、口下手でうまく伝えられない、相手のほんとうの気持ちがわからない。“恋は盲目”とはよく言いますが、恋愛はどんな人をも迷わせ、幸せにも不幸にもする…しばしば痛みを伴う複雑なものです。
 (134278)

今回ご紹介するマンガもまた、そんな恋愛にまつわる物語。世紀末先生の『殺さない彼と死なない彼女』(KADOKAWA)です。

作者はTwitterフォロワー数11万超を誇る、若干22歳のWEBマンガ家

タイトルだけ見るとなんだか物々しいですが、『殺さない彼と死なない彼女』は、世紀末さんがTwitterで発表していた4コママンガを1冊にまとめた作品集。先生は平成7年生まれの若干22歳。Twitterフォロワー数は現在11万6000を超える人気ぶりですが、こちらのコミックも3月23日の発売から1ヵ月も経たずに3刷決定と、非常に好調なようです。
物語は大きく『きゃぴ子』、『君が代ちゃん』、そして表題の『殺さない彼と死なない彼女』の3つに分かれています。いずれのお話もちょっといびつな恋愛をテーマにしていますが、それぞれのお話のあらすじをざっくりとご紹介しましょう。

『きゃぴ子』

きゃぴ子(画像右)、地味子(同左)

きゃぴ子(画像右)、地味子(同左)

(C)2017 Seikimatsu
主人公は自分のことを「誰よりもかわいい」と信じている女の子、きゃぴ子。全人類から愛されたいと願う彼女は、いろんな男性に気を引くようなしぐさを見せたりと、恋多き女の子です。そんな彼女を周囲は疎ましく思っているようで、学校では嫌われている様子ですが…。親友の地味子(じみこ)だけは、きゃぴ子を叱りつつも温かく見守っているのでした。
 (134280)

(C)2017 Seikimatsu

『君が代ちゃん』

君が代ちゃん(画像右)、八千代くん(同左)

君が代ちゃん(画像右)、八千代くん(同左)

(C)2017 Seikimatsu
君が代ちゃん(本名は国歌君が代)は八千代くん(本名は千代八千代)のことが大好き! 彼女はいつも彼に会うたび、「好き」と猛アプローチを繰り返します。一方の八千代くんですが、君が代ちゃんから告白されるたびに「君とは付き合えないよ」と何度も断るばかり。「僕は“好き”がわからないんだ」という八千代くん。実は彼が彼女の気持ちに応えられないことにはワケがあって…。
 (135236)

(C)2017 Seikimatsu

『殺さない彼と死なない彼女』

死なない彼女(画像右)、殺さない彼(同左)

死なない彼女(画像右)、殺さない彼(同左)

(C)2017 Seikimatsu
四六時中「死ぬ」と口にしている“死なない彼女”。そんな彼女を突き放すような言葉をさんざん投げかけながらも、隣にいる“殺さない彼”。会話だけ聞いていると想像できないけれど、彼と彼女はいつも寄り添うように生きています。ところが、そんな2人の間にある出来事が…。悲しみに暮れる中で、相手のことが「好き」という気持ちをどうやって受け止めて、折り合いをつけて生きていくのか。登場キャラクターが選んだ行動がとても胸にしみます。
 (134285)

(C)2017 Seikimatsu

読後感がちょっと違う、3つの恋愛ストーリー

それぞれに共通しているのは、登場するキャラクターたちが“不器用”なこと。彼らは不器用であるがゆえに恋模様はどこかいびつで、空回ってばかりです。たしかに上手くいかないこともしばしばありますが、それでも毎日を全力で生きている。そんなキャラクターたちの姿はコミカルで楽しいですが、同時に切なくもあって…。
『きゃぴ子』『君が代ちゃん』『殺さない彼と死なない彼女』、どのストーリーも素敵ですが、それぞれちょっと読後感が違います。『きゃぴ子』は少女たちの友情に心温まり、『君が代ちゃん』は初恋のときのほほえましい気持ちを思い出させます。そして『殺さない彼と死なない彼女』では、胸が引き裂かれそうな苦しみや悲しみも与えてくれることでしょう。

切ないけど優しい、太陽のようなメッセージ

個人的に印象に残った作品は、冒頭の『きゃぴ子』。恋愛脳のきゃぴ子に周りは軽薄なイメージを抱きますが、きゃぴ子の恋はいつだって真剣そのもの。誰よりも相手のことを愛しているのです。そんな彼女のことを、地味子は呆れながらもちゃんと理解していて…。一見、対照的に見えるきゃぴ子と地味子だけど、深い信頼で結ばれている様子が素敵で、もう付き合っちゃえばいいじゃん!とか思ったりして(錯乱)。
4コママンガって、文字どおり4つのコマの中に起承転結を盛り込みながら話を作らなくてはいけないだけに、簡単なようで案外おもしろく作ることが難しいジャンル。世紀末さんの単行本化は今作が初めてとのことですが、どの4コマ作品もコミカルで、切なくて、味わい深いものばかり。頭身低めにデフォルメされたキャラクターもかわいくて、キャラクターたちの心情をあらわすように、効果的に使われたコマの余白が深い余韻をもたらしてくれます。
 (134289)

(C)2017 Seikimatsu

泣きたいときに、読んでほしい一冊

恋愛のかたちは人の数だけ十人十色ですが、このマンガで描かれている模様もまさにそれ。読んだ人によって感動したり、共感したり、憧れたりと、いろいろな反応があると思います。でも、きっと「恋愛って奥が深いな」と哲学的な気持ちになりながらも、また自分も「素敵な恋に巡り合いたい!」とポジティブな気持ちになるのではないでしょうか。
失恋して悲しいとき、仕事や勉強が上手くいかないとき、誰かになぐさめてほしい…。そんなシチュエーションで読んでみると、本のタイトルからはイメージがわかないけど、そっと寄り添って優しくしてくれるような…そんな一冊かもしれません。

『殺さない彼と死なない彼女』

著者:世紀末
発売日:2017年3月23日
価格:1080円[税込]
発売元:KADOKAWA

(C)2017 Seikimatsu

世紀末(;o;)殺カレ死カノ3刷 (@se1k1ma2_) | Twitter

世紀末(;o;)殺カレ死カノ3刷 (@se1k1ma2_) | Twitter
The latest Tweets from 世紀末(;o;)殺カレ死カノ3刷 (@se1k1ma2_). 殺さない彼と死なない彼女。4コマが本になりました。Amazon様こちらです→https://t.co/cfv94bM3PF ガンバリマース! mail→se1k1ma2@yahoo.co.jp. イラストの使用、転載マジでご遠慮ください
このエントリーをはてなブックマークに追加

WRITER

コマツ
コマツ

KADOKAWAのエンタメ系情報誌で編集者を経て、フリーに転向。 得意分野は漫画を中心に、映画やアニメなどインドアエンタメが中心です。

お気に入り登録 >> 他の記事もチェック

RECOMMEND

CATEGORY RANKING

CATEGORY RANKING

RECOMMEND

WRITER