このエントリーをはてなブックマークに追加
0

ペーパードリッパーにはいろいろな種類と特徴が!ドリッパーが違うとコーヒーの淹れ方も違うの?

日本で最も一般的なコーヒーの抽出方法がドリップなのではないでしょうか。ドリッパーにはさまざまな形があり、その形によってコーヒーの味が異なるという意味ではとても奥が深い抽出器具と言えます。では実際に自分で淹れてみようと思ったとき、どんなドリッパーを選べばいいのでしょうか?

ドリッパーによって淹れ方と味が変わる

ペーパーフィルター用のコーヒードリッパーには実はさまざまな形があり、その形によってコーヒーの味も変わってきます。
例えばそのドリッパー本体の形状、抽出されたコーヒーが流れて出てくる穴の数、ドリッパー内部のリブ(溝)の形状などなど、ほんの小さな違いですが、その違いがコーヒーの味にも影響を与えています。
では、ドリッパーにはどんな形があって、どんなコーヒーを淹れられるのでしょうか?
gettyimages (142674)

形状

ドリッパーは主に、台形型と円錐型の2つに分けられます。違いはお湯の流れ方。台形型はお湯が溜まりやすいのでドリッパー内部の広範囲に渡ってコーヒーが抽出されます。一方、円錐型はお湯がそのまま流れていくので、お湯の注ぎ方がコーヒーの味に影響してきます。円錐形は台形型に比べてコツが必要になってくるので初心者は台形、慣れてきたら円錐形を選ぶといいでしょう。

穴の数

ドリッパーの穴の数は1つ、または3つ。当然ながら穴の数が多ければ抽出時間は少なくなります。台形で一つ穴の場合、お湯はゆっくり落ちていきますので、安定した味で抽出できます。
円錐形の場合は、当然ですが穴は一つ。ただ、穴の大きさも直径が小さいものから大きいものまでさまざまです。
gettyimages (142723)

材質

ドリッパーの材質には、プラスチック、陶器、耐熱ガラス、メタル、カパー(銅)など、さまざまなものがありますが、実は材質の違いでコーヒーの味が大きく変わることはありません。
メタルやカパーなどは金属製なので熱伝導率が高く、コーヒーを抽出する際の湯温が安定します。材質が劣化したり壊れたりする心配もないのですが、それなりにコストがかかります。
陶器や耐熱ガラスについては、本体が冷えていると抽出温度も変わってしまいますが、事前に温めておけば問題ありませんし、メタルやカパーよりも保温性に優れているので、使いやすいのではないでしょうか。ただし、陶器ですので、ぶつけたり落としたりすると割れてしまいます。
gettyimages (142724)

扱いやすさや収納面なども考慮すると、最も使いやすいのは、やはりプラスチックです。軽くて丈夫ですし、メーカーによってはカラフルなものもありますし、何より価格も手ごろです。

メーカーによって大きく異なるドリッパーの形

ドリッパーの形状や穴の数については、各コーヒーメーカーが独自に作っており、そのメーカーの「顔」となっている製品もあります。日本国内で流通している主なメーカー製品と淹れ方のコツを解説していきましょう。
gettyimages (142722)

ドリップコーヒーを淹れる時は
①ドリッパーにペーパーフィルター、挽きたてのコーヒーをセットします。
②粉の中心をめがけて、粉全体を湿らせる程度にお湯を注ぎます(1投目)。
③コーヒーを30秒ほど蒸らします。この時、粉が大きく膨らんできます。膨らんだら抽出を始めます。

というのが基本です。
ここから各メーカーによってお湯の注ぎ方が変わってきます。

ハリオ(HARIO)

【形状】円錐形
【穴の数】1つ穴
コーヒーを蒸らした後は、コーヒーの中心から渦を巻くようにお湯を注いでいきます。このとき、ペーパーフィルターにお湯を直接かけないように注意してください。必要な量が抽出されたらドリッパーを外します。抽出時間の目安は3分です。

A post shared by HARIO (@hario_official) on

ハリオは「V60」というシリーズが有名で、国内だけではなく海外のバリスタも愛用しているドリッパー。内部にスパイラル状にリブがついており、入れるお湯の量とスピードに応じてコーヒーの味が変わってきます。最初から多く入れるとスッキリとした味わいに。ゆっくり入れるとしっかりとした味わいに。ペーパーフィルターでありながら、ネルドリップで淹れたようなまろやかな味わいになります。

カリタ

【形状】台形
【穴の数】3つ穴

A post shared by Kalita USA (@kalitausa) on

蒸らしたら「の」の字を書くようにお湯を注いでいきます。お湯が溜まってきたら少し待ちますが、ドリッパー内のお湯が抽出し終える前に、お湯を注いでください。3つ穴でお湯の流れがスムーズになるため、ハリオ同様に注ぎ方でコーヒーの味わいを調整できます。早く注げばスッキリした味わいに、ゆっくり注げば重みのある味わいに。

A post shared by Kalita USA (@kalitausa) on

カリタは「カリタウェーブ」と呼ばれる波形のペーパーフィルターも有名です。波形のため、ドリッパーとの接触面が少ないのがポイントです。

メリタ

【形状】台形
【穴の数】1つ
カリタと同じ台形ですが、穴は1つです。入れるお湯の量に関係なく抽出される量が安定するため、コーヒーの味も安定します。お湯を一気に注いでしまうと、お湯がドリッパー内にとどまってしまい、余計な苦味や雑味が抽出されてしまうので注意が必要です。
 (142719)

メリタは1908年にドイツで創業したコーヒーメーカー。ペーパードリップシステムの製法を作り出したのが、このメリタ。「最愛の夫に手軽に美味しいコーヒーを淹れてあげたい」という思いでメリタ・ベンツ夫人が考え出しました。

コーノ

【形状】円錐形
【穴の数】1つ
このドリッパーで淹れるときだけは、コーヒーの蒸らしをしません。その代わり、コーヒー粉の中心からゆっくりとお湯を注いでいきます。ドリッパー内部のリブが下半分にあるため、お湯を入れると、そのリブがお湯を一度ドリッパー内にとどめます。その段階で蒸らしができる、という仕組みです。
 (142721)

最初は粉の中心にぽたぽたお湯を垂らします。そのお湯がサーバーに抽出されてきたら、次は少し大きめに500円玉くらいの大きさにお湯を落とすポイントを広げます。そうして徐々にお湯を入れるスピードをあげていきます。
コーノ式とも呼ばれる「名門フィルター」は1963年創業の「珈琲サイフォン株式会社」の製品。初心者でも安定して美味しいコーヒーを淹れられるように試行錯誤して作られたドリッパーです。

ケメックス

【形状】円錐形
【穴の数】1つ
ケメックスは、ほかのドリッパーとは違い、専用のペーパーフィルターをドリッパーとして使います。コーヒーを淹れる前にペーパーを湯通ししてペーパーの臭いがコーヒーに移るのを防ぎましょう。

そこからは他のドリッパーと同様、コーヒー粉を蒸らします。サーバーにお湯が落ちるスピードとお湯を注ぐスピードが同じになるように注いでいくのがポイント。必要な量が抽出されたら、ドリッパーにお湯が残った状態でフィルターを外します。
gettyimages (142625)

ケメックスはドイツ出身の科学者、ピーター・シュラムボームが1941年に作ったコーヒーメーカー。シュラムボーム氏が実際に実験に使うフラスコをコーヒーメーカー代わりに使っていたことから誕生したのだとか。このデザイン性の高さで世界中から人気を集めており、MoMA(ニューヨーク近代美術館)の永久展示品に認定されています。

形が違えばこれだけ違う!

gettyimages (142633)

ドリップコーヒーは、ドリッパーの形や穴の数、大きさなど、本当にわずかな違いでコーヒーの味に違いが出てきますし、同じドリッパーでもお湯の注ぎ方次第で変わってきます。
ぜひ、いろいろ試してみて、お気に入りの味を見つけてください!

▼関連記事

コーヒー好きなら「HARIO」V60シリーズで「測る」にもこだわりたい! | rooVeR [ルーバー]

コーヒー好きなら「HARIO」V60シリーズで「測る」にもこだわりたい! | rooVeR [ルーバー]
コーヒー好きなら揃えたいコーヒー・三種の神器!スケール、サーモメーター、計量スプーンが「HARIO」から登場!まとめて揃えれば、あなたのコーヒータイムもワンランクアップしますよ!

知ってる?世界で愛用される日本製のコーヒーツール「名門フィルター」の開発秘話 | rooVeR [ルーバー]

知ってる?世界で愛用される日本製のコーヒーツール「名門フィルター」の開発秘話 | rooVeR [ルーバー]
コーヒーに一家言あり、のこだわり屋さんに愛用者も多い「名門フィルター」。世界で愛用されている“MADE IN JAPAN”ドリッパーの歴史と秘密をご紹介!
このエントリーをはてなブックマークに追加

WRITER

RECOMMEND

CATEGORY RANKING

CATEGORY RANKING

RECOMMEND

WRITER