ChatHead

お正月はお雑煮!実は全国の地域によって味付けも食べ方も全然違うんです! | rooVeR [ルーバー]

このエントリーをはてなブックマークに追加
0

お正月はお雑煮!実は全国の地域によって味付けも食べ方も全然違うんです!

お正月といえば、忘れてならないのが「お雑煮」ですよね。お雑煮だけは実家で食べたいという人も多いのではないでしょうか?

意外と地域性が高いのが「お雑煮」

お正月の楽しみは、地元のお雑煮です。故郷のお雑煮は実家でなければ食べられないという人も多いのではないでしょうか。お雑煮の話をすると地域がわかるほど、お雑煮はその地域の特徴がでています。

あっさりとした味付けの雑煮から、しっかりと味がついたもの、具材にその土地の名産を使っているもの、そして、中に入っているお餅の違い。地域性の高いお雑煮をご紹介します。
Cooked rice cake in soup

Cooked rice cake in soup

実はいろいろな地域の味が合わさってできたのが「北海道」流

gettyimages (181363)

北海道の歴史を振り返ると、さまざまな地域から人が集まって開拓されています。そのため、お雑煮も北海道独自というよりも、それぞれが出身の地域の味を持ち込み、そこに北海道の特産品を加えたものが多いようです。

焼いた角餅にしょう油ベースのダシがきいたお雑煮には、いくらなどの北海道ならではの豪華な海鮮が具材に入っています。
gettyimages (181364)

関東・関西・東海に近いエリアで味が変わる「三重県」

gettyimages (181361)

三重県は地理的に、関東、関西、東海といった地域に挟まれているので、お雑煮にもいろいろなスタイルがあります。

我が家は丸もちなのに、お隣は角餅ということもありますし、だし汁も、すまし汁、赤味噌、白味噌とさまざまなのもおもしろいところです。

愛知県に近い桑名や四日市では、すまし仕立て、津市などの中勢地域では、濃縮味噌のお雑煮、名張のあたりは、白みそ仕立てと各地域によって傾向が分かれています。

家だけではなくカフェや甘味処でも食べられる「京都」のお雑煮

gettyimages (181370)

京都の白みそベースのお雑煮は有名です。かつおと昆布だし汁を使った白みそベースの汁に、煮た丸餅が入っています。

具材は、鶏肉、大根、人参といったシンプルなものが多いようです。

お雑煮は、家で食べるというイメージがありますが、京都では、和食屋さんはもちろん、和菓子屋さん、甘味処、カフェといった町のあちらこちらのお店でお雑煮を食べることができます。

国内でもこの地域だけ!小豆雑煮の「鳥取県」

gettyimages (181372)

各地のお雑煮の中でもオリジナル性が高いのは鳥取の小豆雑煮です。小豆をやわらかく煮て、その煮汁に丸もちが入っています。砂糖で甘くしているものもありますが必ずしも甘い味が主流とは限らず、塩味のものもあります。

鳥取の中でも山間部では味噌ベースや醤油ベースの雑煮もありますが、その場合は、焼きもちを使います。

あんこが入ったお餅を白味噌で「香川県」

同じ甘いお雑煮でも、こちらはお餅にあん餅を使っている香川県のあん餅雑煮。

白みそ仕立ての雑煮に、大根や人参などの野菜といっしょに、あんが入った丸餅を入れます。江戸時代に、砂糖の産地だった香川県、普段は大名などの献上しますが、お正月くらいは贅沢に、でもお上に見つからないようにコッソリと餅の中に入れた、という由来があると言われています。

日本各地でお雑煮自慢!

gettyimages (181374)

本当にビックリするくらい、いろいろなお雑煮がありましたね。

だし汁は、その土地ならではの食材をおいしくいただくための工夫です。地元を離れると懐かしくなる郷土料理の中でも、いつもたべられるものではないという点で、地域の特色が残るお雑煮は貴重な文化資産ですね!
このエントリーをはてなブックマークに追加

WRITER

RECOMMEND

CATEGORY RANKING

CATEGORY RANKING

RECOMMEND

WRITER