ChatHead

イケメンバリスタ File.【5】29歳で脱サラして新米バリスタに! 辻本稔幸さん(BERTH COFFEE) | rooVeR [ルーバー]

via rooVeR
このエントリーをはてなブックマークに追加
0

イケメンバリスタ File.【5】29歳で脱サラして新米バリスタに! 辻本稔幸さん(BERTH COFFEE)

美味しいコーヒーが飲めるお店には、素敵なバリスタさんがたくさんいるんですよ!「イケメンバリスタ File.」では、日本全国のカフェを巡ってイケメン&美女バリスタを紹介しながら、そのコーヒー一杯にまつわるもう一つのストーリーをお伝えしていきたいと思います。バリスタさん達の素顔を知ることで、コーヒーのあるライフスタイルがもっと楽しくなるはずです!

[File.5]29歳で脱サラ!バリスタの道へと人生を激変させたイケメンバリスタ

rooVeR (161157)

via rooVeR
今回のイケメンバリスタは人形町に2017年4月にオープンしたばかりの「BERTH COFFEE(バースコーヒー)」で働くバリスタの辻本稔幸さん。入社して1ヶ月で現在研修期間中という辻本さんは、6年勤めた会社から転職してバリスタになった速水もこみち似の29歳イケメンです。

「イケメンバリスタ File.」記事一覧

「イケメンバリスタ File.」記事一覧
美味しいコーヒーが飲めるお店には、素敵なバリスタさんがたくさんいるんですよ!「イケメンバリスタ File.」では、日本全国のカフェを巡ってイケメン&美女バリスタを紹介していきたいと思います。

バリスタになるため、あえてチャレンジする人生を決意

rooVeR (161119)

via rooVeR
—どうしてバリスタになろうと思ったのですか?

「以前、京都の『Len(レン)』というゲストハウスに滞在したのですが、数日間だったにもかかわらず地域と人々がしっかり繋がっているコミュニティの仲間に入れてもらって、とても素敵な体験をしたことが忘れられなくて。その人や土地を繋げている場所、Lenを運営していたのが、ここと同じ『バックパッカーズジャパン』という会社だったんです。自分もそんな仕事に関わりたいと思って6年働いた会社を辞めて思い切って転職しました。」

—思い切りましたね。不安はなかったのですか?

「29歳でしたし、もちろん不安もありましたけど、そのくらい魅力的だったんです。こんなこと人生で初めての経験ですし、ほぼ素人同然で飛び込むことになるのでかなりチャレンジではあったのですが、ここで得られるであろう経験は、これから先の自分の人生にとってとてつもなく大きい気がしたので 。」
rooVeR (161120)

via rooVeR
—現在研修期間中ということですが、一番難しいことはなんですか?

「基本がしっかりできないと安定して美味しいものは提供できないので、ドリップコーヒーの落とし方ひとつにしても、とにかく全てが難しいですね。家でもお店と同じ器具を揃えて練習しているんですけど、なかなか同じような仕上がりにならないんですよね。」

—バリスタの仕事はどんなところが魅力ですか?

「ここは上の階が宿泊施設になっているため外国人旅行者も多いので、コーヒーを通していろんな国や人種の人達とコミュニケーションを取ったり、感動を共有したりできることですね。」

元音響メーカーの営業マンで無類の音楽好き!

rooVeR (161121)

via rooVeR
—6年間のサラリーマン時代はどんな仕事をしていたのですか?

「音響メーカーの営業をやっていました。音楽が大好きで今もブルースをよく聞きます。特にジョン・メイヤーっていうギタリストが好きですね。」


—ライブなども行くんですか?

「ジョン・メイヤーが一昨年来日した時は行きましたね。聴きたい人が来日すれば行くのでライブは年に1、2回は行きます。去年はサマソニにレディオヘッドを聴きに行きましたが、何十年かぶりにクリープを歌ってくれて感動しました。」
rooVeR (161122)

via rooVeR
—このお店は週末にDJが入るそうですが、元プロの目から見てお店の音響設備はどうですか?

「ここはタグチクラフテックというところの素晴らしいスピーカーを使っているんです。いいスピーカーを入れている施設って、スピーカーからじゃなくて建物全体から音が聞こえてくるんですよ。このお店はそういうところも気に入っています。音響に関しては文句なしの環境です。」

【コーヒー&ガールフレンド】「未来蕗(みくろ)」×「BERTH COFFEE(バースコーヒー)」

【コーヒー&ガールフレンド】「未来蕗(みくろ)」×「BERTH COFFEE(バースコーヒー)」
ふんわり系からハード系まで幅広く着こなすモデル・未来蕗ちゃん。カフェデートに選んだ場所は、馬喰町にある「BERTH COFFEE(バースコーヒー)」。

イケメンバリスタはどんなオフを過ごしてる?

—お休みの日は何をしているんですか?

「ONIBUS COFFEE(オニバスコーヒー)やNOZY COFFEE(ノージーコーヒー)など、いろんなコーヒー屋さんを飲み歩いて、ドリップの仕方や焙煎を間近にみられる店舗に行って学んでいます。年齢も年齢ですし、立ち止まってる時間はないなと思って、休みの日もコーヒーに関わることばかりやっています。」


—努力家ですねぇ。辻本さんはご自身のことをどういう性格だと思います?

「インドアで内向的なんですけど、誘われれば出かけるのでたまにアウトドアかな。最近は目黒川のお花見に行った時に盆栽を見つけて買いました。家に飾っていつも眺めています(笑)。」

—盆栽を眺めるオフの過ごし方とは渋いですねぇ。他に今興味があることはありますか?
rooVeR (161123)

via rooVeR
「ここは外国人のお客様が多く英語で会話する機会がたくさんあるので、英語の勉強に興味があります。もうすっかり忘れてしまったし全く話せないので、まずいと思ってアプリを使って単語をチェックして勉強しています。」

—最後にこれからの夢を教えてください。

「今はここで必要とされるバリスタとしてできるだけ長く続けたいと思っています。やっぱり自分の淹れたコーヒーを飲みたいと言って、お店に来てくれる人がいるのはとても嬉しいことだと思うので、徐々にそういうお客様を増やしていけるようになりたいですね。 」

辻本さんに会えるのはこのお店!

「BERTH COFFEE(バースコーヒー)」

rooVeR (161124)

via rooVeR
2017年4月に人形町にオープンしたゲストハウス「CITAN」の1階と地下1階併設されたカフェ&バー。ハリオV60で淹れたフルーティなドリップコーヒーが特徴で、「オニバスコーヒー」の豆を常備しているほか、不定期で異なるロースタリーの豆も提供しています。サンフランシスコの陶器メーカー、ヒースセラミック社の店内用マグカップにも注目。

11時までは朝メニューとして野菜たっぷりのファラフェルサラダやクロワッサン、パン・オ・ショコラなどがいただけます。辻本さんのおすすめはクロワッサン。生地はフランスから輸入している本格的なもので、 焼きたてのふわーっと広がるバターの風味を楽しんでほしいそうです。
【店舗情報】
「BERTH COFFEE(バースコーヒー)」
住所: 東京都中央区日本橋大伝馬町15-2
電話番号:03-6661-7559
営業時間:8:00-19:00
定休日:無休
URL:https://backpackersjapan.co.jp/citan/coffee
TEXT:Kaya Takatsuna
PHOTO:Haruka Takase

「イケメンバリスタ File.」記事一覧

「イケメンバリスタ File.」記事一覧
美味しいコーヒーが飲めるお店には、素敵なバリスタさんがたくさんいるんですよ!「イケメンバリスタ File.」では、日本全国のカフェを巡ってイケメン&美女バリスタを紹介していきたいと思います。
このエントリーをはてなブックマークに追加

WRITER

RECOMMEND

CATEGORY RANKING

CATEGORY RANKING

RECOMMEND

WRITER