ChatHead

【COFFEE & FOODS】香りを楽しむスイーツ×コーヒー!「風味」に合わせるマリアージュ | rooVeR [ルーバー]

このエントリーをはてなブックマークに追加
0

【COFFEE & FOODS】香りを楽しむスイーツ×コーヒー!「風味」に合わせるマリアージュ

チョコレートやチーズなど、そのスイーツの原材料を元に、いろいろなマリアージュを解説してきましたが、今回は「香り」に着目。コーヒーコーディネーターが教える「香りがあるもの同士」で合わせたいコーヒーとスイーツの組み合わせです。

香り高いコーヒーに香りが強いスイーツは本当に合うのか?

thinkstock (116306)

コーヒーはそれぞれ風味に特徴があり、苦味・酸味・コク・香り・舌触りといったさまざまな味わいを持っています。ですから、風味豊かなコーヒーと香りが強いスイーツは、互いの邪魔をしやすく美味しく感じられません。
だからこそコーヒーとスイーツで同じ香りを持っていれば相乗効果で風味が深まり、どちらもおいしく楽しめるのです。
つまり、香り高いコーヒーに香りが強いスイーツを合わせる法則は「似た香りを合わせれば良し」ということになります。

コーヒー豆本来が持っている香りを知ろう

gettyimages (84167)

コーヒーの香りは本当に多種多様です。焙煎次第で大きく風味が変わるからです。後から香りなどをつけたフレーバーコーヒーも人気ですが、まずはコーヒー豆が持つ本来の風味を味わってみてください。
ハーブ系のスパイシーな香りを持つマンデリンは、深煎りにするとシナモンやメープルと良く合います。ドミニカ・バラオナは、バニラのような甘い飲み口が特徴で、中深煎りにするとアイスクリームとの相性が抜群です。
チョコレートやナッツの香りには、同じ香りを感じるブラジル・ナチュラルがオススメ。ナチュラルとは精製方法のことで、豆本来の香味を感じやすい精製方法です。
thinkstock (116308)

コロンビア・ウィラは、深煎りにするとダークチョコレートのような香り、中煎りにするとキャラメルのようでフルーティな香りに変化するので、焙煎次第で合わせられるコーヒーです。フルーツを使ったスイーツには、グアテマラやモカもいいでしょう。

香りが強いスイーツにオススメのコーヒー

gettyimages (84172)

シナモンやバターをたっぷり使っているスイーツには、マンデリンも合うのですが、今回はメキシコ産のコーヒーをご紹介します。
カフェ・デ・オジャというシナモンや黒糖を入れたコーヒーは、メキシコの伝統コーヒーでシナモンと相性抜群。
コクがあり上品な味わいが特徴で、中煎りだとさっぱり、深煎りだと安定した深みを感じられます。アップルパイなどと一緒に、ブラックでどうぞ。
thinkstock (116309)

パウンドケーキやブラウニーといった洋酒が香るスイーツには、ハイチのコーヒーがオススメ。さっぱりとした後味と甘み、豊かなコクを持ち、苦味は少なめです。
浅煎りでも酸味が少なくフルーティな甘さを感じられる一方で、深煎りにすると甘みが強くなり程良い苦味が飲みやすくなります。ちなみに、いわゆる「ハイチコーヒー」はコーヒーにラム酒を垂らす飲み方を指すこともあります。

フレーバーコーヒーの注意しておきたいポイント

rooVeR (84176)

via rooVeR
フレーバーコーヒーとは、コーヒーに香りを付けたものです。海外ではナッツ、チョコレート、フルーツ、スパイスといったさまざまな香りのコーヒーが売られています。
例えば、ハワイのコーヒー豆であるコナ・コーヒー。甘い香りが苦手だという方もいますが、飲む前から強い香りを放っているのなら、それはフレーバーが付けられています。コナ自体にも甘い香りはありますが、バニラのような強い香りは本来の豆にはないからです。
istockphoto (116310)

もちろん、フレーバーコーヒーの香りに合わせてスイーツを選ぶことはオススメです。チョコレート風味のフレーバーコーヒーなら、チョコレート系のスイーツと良く合います。

コーヒーはブレンドではなくストレートで!

今回は香りに着目したマリアージュなので、コーヒーはブレンドされたものではなくストレートで飲むことをオススメします。ストレートとは、その豆を100%使用したコーヒーのことです。
まずは気軽に、手に入りやすい銘柄から試してみてくださいね。
text:碓氷あげは
このエントリーをはてなブックマークに追加

WRITER

RECOMMEND

CATEGORY RANKING

CATEGORY RANKING

RECOMMEND

WRITER