ChatHead

【検証】どんな違いがあるの?「ピエール・エルメ」「ラデュレ」など、マカロン有名店5店舗食べ比べ! | rooVeR [ルーバー]

このエントリーをはてなブックマークに追加
0

【検証】どんな違いがあるの?「ピエール・エルメ」「ラデュレ」など、マカロン有名店5店舗食べ比べ!

おしゃれスイーツの大定番、「マカロン」。デパ地下に行くと、宝石のように並べられている様子を一度は見かけたことがあるはずです。そんなマカロンですが、「どこで買っても一緒じゃ……?」と思っている人も多いのはないでしょうか。そこで今回は、マカロンで有名な5店舗の商品を食べ比べし、それぞれの味や食感の違いを調べてみることにしました!

今回用意した5店舗のマカロン

ヒャクマンボルト (143116)

via ヒャクマンボルト
ここでは「サダハル・アオキ」、「セバスチャン・ブイエ」、「ピエール・エルメ」「ラデゥレ」「ジャンポール・エヴァン」といった有名5店舗のマカロンを用意しました。お店によってどのような違いがあるんでしょうか?さっそく食べていきましょう!

食材にこだわる!サクサク感が特徴の「サダハル・アオキ」

ヒャクマンボルト (143119)

via ヒャクマンボルト
「サダハル・アオキ」のマカロンは、使用する食材にこだわりがあり、フルーツはパリ産、アーモンドはスペイン産など、食材別に産地から仕入れているそう。他のブランド比べると甘みの強い味わいが特徴です。ここでは大人気の「アールグレイ」と「ヴァニーユ」を食べてみることにしました。

アールグレイ(左)

一口食べると、豊かな紅茶の香り感じるフレーバーです。舌触り滑らかなクリームと、ちょっとビターな後味が特徴。マカロン自体はサクっとしており、味も食感も楽しめる一品です。

ヴァニーユ(右)

箱から出してみると、バニラの甘い香りが漂います。こちらもサクサクとした食感で、砂糖菓子のような甘みを感じるため、甘党にはたまらないでしょう!ブラックコーヒーと一緒に楽しみたいですね。

【商品概要】
「アールグレイ」
「ヴァニーユ」
価格:各315円(税込)
URL:http://www.sadaharuaoki.jp/

甘さ控えめのマカロン!「セバスチャン・ブイエ」

ヒャクマンボルト (143126)

via ヒャクマンボルト
フランスのリヨンに本店を構える「セバスチャン・ブイエ」。生地に自家挽きしたアーモンドを加え、香ばしく焼き上げているマカロンです。定番人気はもちろん、旬の素材を使用した季節限定のフレーバーなど、バラエティ豊かなラインナップを揃えています。全体的に、甘さ控えめのクリームを使っているのも特徴。

バニーユ(左)

こちらはホワイトチョコガナッシュのフレーバー。「バニラ」という名前がついていますが、ホワイトチョコの味が強い一品です。皮はしっとりしており、「不二家」の「カントリーマアム」のような食感。紅茶と一緒にいただきたいです!

ドゥルセ シトロン(右)

春夏限定のフレーバーのこちら。口に入れた瞬間、レモンの爽やかな香りが口いっぱいに広がります。「マカロンは甘すぎるし……ちょっとくどいかも」というイメージを抱いている方こそ試していただきたい一品です。

【商品概要】
「バニーユ」
「ドゥルセシトロン」
価格:各216円(税込)
URL:http://www.bouillet.jp/html/index.htm

見た目も味も楽しい!「ピエール・エルメ」

ヒャクマンボルト (143134)

via ヒャクマンボルト
ピエール・エルメのマカロンはふんわりと焼き上げられ、他のお店に比べるとクリームの量が多いため、分厚く見える印象です。色鮮やかなので、目でも楽しませてくれますね。

アンフィニマン ピスターシュ(左)

口にいれるとフワッとしたピスタチオの香りを感じます。クリームはとても濃厚で、しっかりとした味わいです。噛めば噛むほど、後からアーモンドの香りが追いかけてきます。

アンフィニマン ローズ(右)

芳醇なローズの香りが特徴的な一品。クリームも濃厚で弾力があり、もちっとしています。見た目もかなりフォトジェニックなので、インスタ映え抜群のマカロンです。

【商品概要】
「アンフィニマン ピスターシュ」
「アンフィニマン ローズ」
価格:各302円(税込)
URL:https://www.pierreherme.co.jp/

パリ風マカロンならこれ!伝統のマカロン「ラデゥレ」

ヒャクマンボルト (143140)

via ヒャクマンボルト
「マカロン=ラデゥレ」というファンも多い、歴史ある超有名店。生地にガナッシュを挟んだパリ風マカロンの歴史は、こちらのお店が発祥です。ピエール・エルメも実はここラデゥレ出身なんですよ!

キャラメル(左)

こちらのフレーバーは、マカロンシェルの中に塩バターキャラメルが入っています。焦がしたようなナッツの香ばしさもあり、キャラメル自体は甘さ控えめ。塩キャラメルなので、後味にほんのりとしたしょっぱさを感じます。

ピスタッシュ(右)

ピスタチオがベースのクリームを使ったマカロン。アーモンドの風味と、粒感がしっかりと感じられます。「ピエール・エルメ」のピスタチオと比べると濃厚すぎず、軽やかな印象。

【商品概要】
「キャラメル」
「ピスタッシュ」
価格:各303円(税込)
URL:http://www.laduree.jp/

チョコだけじゃない!「ジェーンポール・エヴァン」

ヒャクマンボルト (143147)

via ヒャクマンボルト
パリを代表するチョコラティエの「ジョン・ボールエヴァン」。チョコレートで有名なお店ですが、絶品マカロンも作っているんです。特徴としては、濃厚なチョコレートガナッシュが多いこと。しっとりとした生地が、チョコレートのおいしさを引き立たせています。

ヴァニーユ(左)

マダガスカル産ヴァニラビーンズを贅沢に使用したホワイトチョコレートのガナッシュ。ミルク風味でアメールに比べ、適度なほろ苦さがあります。濃厚なチョコレートなのに甘すぎないのも魅力です。

アメール(右)

ビターチョコレートのガナッシュで、カカオの力強い風味を感じます。口溶けも良く、これはマカロンというよりも、本当のチョコレートを食べている感覚に近いかも。適度にビターで、ちょっと大人の雰囲気があるこの一品は、お酒との相性も抜群です。

【商品概要】
「キャラメル」
「ピスタッシュ」
価格:各280円(税込)
URL:http://www.jph-japon.co.jp/

ブランドの特徴をチャートにしてみました!

今回食べ比べた5店舗のマカロンは見た目こそソックリですが、実際は食感も味わいも、全然違うんです。それぞれのブランドの特徴がわかるように、チャートを作ってみました!以下のマップを参考に、自分好みのマカロンを探してみてくださいね!
ヒャクマンボルト (143155)

via ヒャクマンボルト
ライター・撮影:インディ
編集:ヒャクマンボルト
このエントリーをはてなブックマークに追加

WRITER

RECOMMEND

CATEGORY RANKING

CATEGORY RANKING

RECOMMEND

WRITER