ChatHead

業界人も認める極上の浅煎りコーヒーが楽しめる「FINE TIME COFFEE ROASTERS」 | rooVeR [ルーバー]

このエントリーをはてなブックマークに追加
2

業界人も認める極上の浅煎りコーヒーが楽しめる「FINE TIME COFFEE ROASTERS」

数年前にオーナー自らが浅煎りの“フルーティなコーヒー”に衝撃を受け、異業種から焙煎・バリスタの技術を習得、2016年6月にオープンしたのが、「FINE TIME COFFEE ROASTERS」です。

店でも「Fine Time(良い時間)」を過ごしてほしい

小田急線経堂駅南口から農大通りを進んですぐ左折。30メートルほど歩くと右側にお店が見えてきます。
Hiroyuki Yamada (114313)

via Hiroyuki Yamada
敷地に入ってすぐ右側には、丸いお店の看板とともにおすすめメニュー。そして「気持ち良い空間でおいしいコーヒーが飲めるように」と、ベンチが備えられています。店名の由来は「店でも家でもいい時間を過ごして欲しい」というオーナー・近藤さんの思い。
主なメニューは、エスプレッソ(350円)、コーヒー(450円)、カフェラテ(500円)。時間がある時は店内で、急いでいる時はテイクアウトも可能です。
Hiroyuki Yamada (114259)

via Hiroyuki Yamada

自家焙煎の浅煎りコーヒーをエアロプレスで

「FINETIME COFFEE ROASTERS」のコーヒーの特徴は浅煎りで、苦味を抑えたフルーティな味。豆本来の味をできるだけ引き立つように、エアロプレスで丁寧に提供しています。
近藤さんご自身、2016年の世界ジャパンエアロプレスチャンピオンシップ(JAC2016)3位入賞という実力の持ち主。さらに、日本スペシャルティコーヒー協会の「コーヒーマイスター」という資格を持っているほか、コーヒーの生豆の鑑定ができる「Qグレーダー」(唯一の国際的なコーヒー鑑定士の資格)を保有しています。
Hiroyuki Yamada (114262)

via Hiroyuki Yamada
店舗に置いてある豆の種類は6種類前後。それぞれの時期でベストな豆を近藤さんがチョイス。可能な限り、バラエティに富んだ豆を提供しています。そして焙煎、挽き方、お湯の温度、エアロプレスで圧縮しながら押し出す時間まで、秒単位のレシピは近藤さんの研究の賜物なのです。

豆の焙煎からスイーツ作りまでひとりで全てこなす

Hiroyuki Yamada (114264)

via Hiroyuki Yamada
店の扉を開けてすぐ目に入る大きなオレンジ色のマシン。これはディードリッヒというアメリカ製の焙煎機で、近藤さんは毎日焙煎を行い、他のカフェにも焙煎した豆の卸しも行っています。
近藤さんにとってコーヒーとは「普通の苦いコーヒーと比べると全く違う飲み物」なのだとか。“新しい美味しい飲み物”と思って楽しんでもらいたいと言います。
Hiroyuki Yamada (114271)

via Hiroyuki Yamada
近藤さんに一番人気のコーヒーを尋ねてみると…
「エチオピアとかニカラグアかな。コーヒーはフルーツ。フルーツの実をとった後の種がコーヒー豆になります。その精製方法には大きく分けて2種類あって、通常は果肉を除去したのち、水で洗うウォッシュトという精製方法を用います。もう1つのナチュラルという精製方法は水で洗わないで、実を種につけたまま、乾燥させていくやり方。こちらは果実の味がかすかについていることによって、非常に華やかになり、香りも立ち、その発酵した感じはまるでワインを彷彿させます。」
そんなおいしいコーヒーにするためのポイントは、浅煎りとエアロプレス。初めてこのコーヒーを口にしたお客さんは、ちょっと変わった味に、みんな驚き、そしてこのコーヒーの虜になっていくそうです。
また、店のご近所の方も多くいらっしゃるそうですが、「FINE TIME COFFEE ROASTERS」と同じく浅煎りのコーヒーをメニューのメインに据えているカフェの関係者も多く訪れるのだとか。
Hiroyuki Yamada (114275)

via Hiroyuki Yamada
おいしいコーヒーといっしょに食べたいのが、焼き菓子。日替わりでバナナブレッドとチョコブラウニーやマフィンなどが揃っています。
このお菓子を作っているのも、実は近藤さん。店をオープンする前にケーキ教室に通ってパティシエの技術も習得。ほかにもパンの勉強もされているので、もう少ししたら、コーヒー&ブレッドのおいしいマリアージュに出会えるかもしれません。
また、コーヒーの味を比べる「フリーカッピング」も週に1回ぐらいの割合で行っているので、興味のある方はお問い合わせを!
Hiroyuki Yamada (114312)

via Hiroyuki Yamada
text:トライアウト

おすすめは浅煎り豆をエアロプレスで──「FINETIME COFFEE ROASTERS」近藤剛さんインタビュー

おすすめは浅煎り豆をエアロプレスで──「FINETIME COFFEE ROASTERS」近藤剛さんインタビュー
東京・世田谷区経堂で2016年6月29日にオープンしたカフェ「FINETIME COFFEE ROASTERS」。その店主であり、ロースター、バリスタ、パティシエと、一人でさまざまな役割をこなす近藤剛さんに、おすすめのコーヒーや豆などについて語っていただきました。
このエントリーをはてなブックマークに追加

WRITER

RECOMMEND

CATEGORY RANKING

CATEGORY RANKING

RECOMMEND

WRITER