このエントリーをはてなブックマークに追加
0

魔王すらドン引きする秘書が活躍するファンタジーギャグ!鴨鍋かもつ『魔王の秘書』第1巻

コミック アース☆スターで鴨鍋かもつさんが連載中のマンガ『魔王の秘書』第1巻が4月12日に発売。モンスター社会でバリバリと働く敏腕秘書の活躍を描き、Twitterで2万RT以上と話題を呼んだJRPG風ファンタジーギャグの見どころをご紹介します。

主人公は、RPGなどファンタジーでおなじみの魔王さま…の秘書

『ドラゴンクエスト』をはじめとする日本のロールプレイングゲーム(RPG)に限らず、『指輪物語』のようなファンタジー作品には欠かせない魔王の存在。世界征服を企み、人間たちを蹂躙するラスボスともいうべき悪の象徴ですが、そんな彼らの世界でもイノベーションの風が吹き荒れているようです。
今回ご紹介するのはTwitterなどで話題になったJRPG風ファンタジーギャグ。コミック アース☆スターで鴨鍋かもつ先生が連載中の『魔王の秘書』です。4月12日に発売された第1巻の見どころを解説します。
https://www.amazon.co.jp/ (143763)

via https://www.amazon.co.jp/

美人秘書「人類を3日(早くて2日)で滅ぼしましょう!!」

物語のはじまりは、およそ300年ぶりに封印の眠りから目覚めた魔王の復活ーー。

再び世界を手中におさめようと動き出した魔王さまの第一手は、魔王軍にその知能を捧げる人間を捕まえて研究材料にすること。そこで某先進国に忍び込んだ部下のモンスターが、とある国王秘書の女性を連れてきたのですが……。

頭がよくて愛嬌があって、慎ましく気づかいのできる、胸の大きい若い女性(!?)。まるで婚活のような魔王さまの無茶ぶり条件を満たすその女性は、当の魔王さますらドン引きしちゃうほどのやり手秘書だったのです!
 (143764)

(C)鴨鍋かもつ 2017

秘書の見た目と発言のギャップに魔王さまもドン引き!?

作品の一番の魅力は、なんといっても秘書の存在感。アニメやマンガらしいキュートなビジュアルの秘書なのに、人間たちを滅ぼすために考えた征服計画が容赦なさすぎ。より確実に、かつ効果的に人類に恐怖とダメージを与えるプランを次々と提案する秘書に、モンスターたちはそろって「マッハで世界やばい」と同情してしまうのでした。

魔王軍だけでなく人間たちもタジタジな秘書の活躍が、この先どんな影響を与えるのか。果たして世界は魔王と人類、どちらの手にーー!?
 (143766)

(C)鴨鍋かもつ 2017
従順な奴隷のつもりで連れてきたはずなのに、「世界から(私以外の)人間を根絶やしにしましょう‼」と言い放ち、世界征服のためにテキパキと仕事にいそしむ魔王の秘書。

上司である魔王が彼女を恥ずかしめるようは発言をすれば「セクハラです」とたしなめ、魔物たちの征服意欲がなくなったからと新たな魔王軍メンバーを雇う面接をはじめるなど、次々と魔王軍に改革の新風を起こします。
 (143765)

(C)鴨鍋かもつ 2017

魔王軍=ブラック企業で巻き起こるJRPGあるあるギャグ

JRPG風ファンタジーギャグと銘打った作品だけあって、『ドラクエ』などのプレイ経験者なら誰でも共感できる、あるあるネタがいっぱい。

たとえばJRPGって、基本的にストーリーの進み具合とプレイヤーの強さに合った敵が出現するなど、うまくゲームバランスが整ってますよね(一部クソゲーなどを除く)。
『魔王の秘書』でも、そんな状況に疑問を持ったモンスターが、魔王軍新メンバーの面接中に「なぜ人間たちを確実に討てる魔物を巡回させないのか?」と質問して魔王さまを困らせたりと、あるあるネタを逆手に取ったギャグがたくさん登場します。
 (143768)

(C)鴨鍋かもつ 2017
いつもは悪役として勇者の前に立ちはだかる魔物たちも、この世界では生き生きとして個性豊か。彼らにやたらと親近感を感じてしまうギャップ感もこの作品の見どころのひとつです。

たとえばこの魔王軍は、ひとつの巨大カンパニーのように構成されていて、いろんなモンスターたちが働いてます。人間社会から物品を買い付けたりして魔王軍の財政面を管理する「経理部」、ダンジョンの内部に罠を仕掛けたり新たな魔法を研究する「開発部」、モンスターたちに武器や道具を支給する「総務部」、そしてダンジョンを巡回して人間たちとエンカウントしたらバトルをする「営業部」などなど。

一方で、バトルつづきで生傷の絶えない営業部は労災申請が多いなど、魔王軍の離職率はかなり高め。さながらブラック企業も同然の魔王軍ですから、当然モンスターたちからは不平不満が続出しています。コミカルに立ちまわる彼らのやたら生活感にあふれた日常は、きっと世知辛い世の中をサバイバルしている企業戦士たちも共感できるはず…!
 (143767)

(C)鴨鍋かもつ 2017

アニメ化も実現できそうなキャッチーさが魅力

誰もが親しんだRPGの世界にあるセオリーを逆手に取ったアイデアは、マンガでも『ダンジョン飯』や『勇者が死んだ』、『竜と勇者と配達人』などいろいろありますが、そんな中にあっても『魔王の秘書』はユニークな個性とキャッチーな魅力をあわせ持った作品。それでいて、ライトノベルにも通じるような世界観もきちんと構築されています。アニメ化されたらきっと面白くなりそうな予感!
 (143769)

(C)鴨鍋かもつ 2017
第1巻では、魔王軍に雇われた秘書がモンスターがひしめく世界でどんどん頭角をあらわす様子が描かれていますが、終盤では彼女の出生のヒミツや、新たな展開を予感させる事件も起きたりして!? これだけの密度でどこまでストーリーが続けられるのか、期待と不安でいっぱいですが、魔王さまと秘書の世界征服の行く末が今後も楽しみですね!

『魔王の秘書』第1巻

著者:鴨鍋かもつ
発売日:2017年4月12日
価格:648円[税込]
発売所:泰文堂
発行所:アース・スター エンターテイメント
(C)鴨鍋かもつ 2017

2016年4月よりデジタル版コミック アース☆スターで連載中

魔王の秘書|コミック アース・スター

魔王の秘書|コミック アース・スター
ついに眠りから目覚めた魔王。世界征服のためにまずは、人間を捕らえて研究することに。ところが探してきた人間はとんでもなくデキる「秘書」だった…! 想像を絶する有能ぶりでテキパキと仕事をこなす彼女のせいで…人類マッハでヤバい!! Twitterで話題を呼んだ魔王と秘書のJRPG風ファンタジーギャグ、ついに連載開始!!
このエントリーをはてなブックマークに追加

WRITER

コマツ
コマツ

KADOKAWAのエンタメ系情報誌で編集者を経て、フリーに転向。 得意分野は漫画を中心に、映画やアニメなどインドアエンタメが中心です。

お気に入り登録 >> 他の記事もチェック

RECOMMEND

CATEGORY RANKING

CATEGORY RANKING

RECOMMEND

WRITER