ChatHead

現役お坊さんにマジ相談したら、やっぱりありがたい言葉を授けてくれた@四谷「坊主バー」 | rooVeR [ルーバー]

via rooVeR
このエントリーをはてなブックマークに追加
0

現役お坊さんにマジ相談したら、やっぱりありがたい言葉を授けてくれた@四谷「坊主バー」

みなさんは悩みがある時、誰に相談しますか?友達、親、もしくは占い……?どうしようか迷っている方にぜひご提案したいのが「お坊さんに相談する」という選択肢。とはいえ、「お寺に行くのはちょっと……」と腰が引けてしまう方もいらっしゃるでしょう。そこで、今回は東京・四谷にある、現役のお坊さんが人生相談にのってくれる「坊主バー」をご紹介。マジのテンションで相談した結果、ありがた~い教えを授かることができました!

僧侶になった理由は「卒啄同機」。……ど、どういう意味ですか(汗)

今回お伺いしたいのは、東京・四谷にある「坊主バー」。2000年にオープンしたこのお店は、現役の僧侶が接客をしてくれるという、ありがたいバーです。

毎日、短い法要や法話が行われるとのことで、仏の教えをお酒を飲みながら身近に感じられる不思議な空間となっています。そんな坊主バーで本物のお坊さんにお話を聞いてきました(聞いてもらいました)!
rooVeR (167796)

via rooVeR
――宗派とお名前を教えてください。

浄土宗です。「南無阿弥陀仏」と念仏を唱える宗派です。名前は山本直志と言います。
――僧籍を取ったのはいつですか?

10年くらい前です。それよりさらに10年前に、私の師僧が住職をしているお寺で定期的に念仏会をやっていて、それに通っていました。通って10年経ってから、師僧に「そろそろ僧籍取りましょうか」と言われて、「はいじゃあお願いします」ということになりました。道があるんだから行ってみようという感じでした。
禅宗に「卒啄同機(そつたくどうき)」という言葉があります。卵がかえる時、鳥によってはヒナが中からチョンチョンと殻をつつくことがあると。一方の親鳥も「そろそろかな」と目を凝らして、外側からチョンチョンとつつく。内側からもチョンチョン、外側からもチョンチョンとやって初めて卵が割れる。つまり、機会が満ちてないと卵が割れない訳です。

やはり僕もその道を求めようと内側からトントンとつついてたんでしょう。師僧もそれに気付いて、外側から「やってみるかい」ってつついてみたんだと思います。そしたらこうパカッと割れちゃったんじゃないかしら。

「出会いがない」のは半分は自分のせい……!

――私の悩みは結婚できないことなんですが、まず出会いがなくて……。

「出会いの機会が無いんです」という人は消極的なことが多い気がしますね。こないだも同じような相談をする女性がいらしたんですが、話聞いてみるとね、やっぱりすごく消極的なんですよ。「空き家です」という看板を出して「来て~」と待っているだけという感じ。それで素敵な人は来るかといったら、なかなか来ないでしょう。

その女性は合コンとかも多少行っていると言っていましたけれど、誘われたら良いなというような“待ち”の状態。それでは出会いの可能性が100%あったとしたら、それを自分で50%に減らしているようなものです。もう50%は自分から働きかけないと。

「自分の気持ちを話したい」――そんな人を見つけること

rooVeR (167805)

via rooVeR
――そうはいっても、自分からというのも簡単ではないですよね……。

趣味の集まりなどに出かけるのはいかがでしょう?カルチャースクールだったり、社会人サークルのようなものも最近ではたくさんありますから、そこで同じ趣味を持つ人とふれあってみるとか。映画が好きなら映画のサークルに入ってみるのも一つの手だと思いますよ。
――でも、その一歩を踏み出すのがなかなか……(泣)

そういう機会は自ら作ってみないとね。いざ踏み出してみると意外ととんとん拍子で進んだりするものです。例えば、良くって良くって誰かに話さずにいられないという映画を観た時って、心理的なハードルも乗り越えやすくなるんじゃないかしら?あざといけれど、コーラか何か持って隣に座って「面白かったですね~」と言ってみたり。時には大胆に、自分から働きかけてみることが大切です。

もちろん、これをやってください、という訳ではありません。そういう風にして人に伝えずにいられない、この人だったらどうかなっていう人を、いつも生活の中で何となく気にしていることが大事なのではないでしょうか。

自分のことを決められるのは、自分だけ。

rooVeR (167806)

via rooVeR
相談のあとには、一緒に読経した後、お経の解説をしてくださいました。お釈迦様が最後に残された仏典を和訳したものだそうです。
「飲み過ぎや食べ過ぎは良くない」とよく言いますが、その本旨は、「自分のことは自分で決めなさい。ブレーキをかけるのは自分しかいません」ということです。

最近よく問題に挙がる過重労働、つまり「働きすぎ」問題もそれに通ずるものがあるかと思います。過重労働問題は自分の目標を高く設定し過ぎたから起きているのではないでしょうか。つまり、「ブレーキをかける」タイミングが上手くいっていないのではと思うのです。

目標を低く設定すれば人間は落ちていくだけ。ですから、目標を高く設定することは人間向上のために良いことです。ただし、大事なのは自分が目指すゴールに対して今どこにいるのかをしっかり把握して、適切な目標を定めることです。

今の自分が60%の地点にいるとすると、目標を120%に設定した場合、そこへ到達するには多くのステップを踏んでいく必要があります。途方もないように見えますが、それでもまずは70%に達するプランを立てて行動を起こせば、次は80%が見えてきます。同じことを繰り返せば、次へ次へと見えてきます。

自分の位置を常に確認してゴールを目指せば、過度な無理をせずにブレーキをコントロールしていけるはずですよ。

一歩を踏み出すことが大事です。

rooVeR (167798)

via rooVeR
最後に、「rooVeR読者に贈る人生の教訓は?」とお伺いしたところ、以下の言葉を授けてくださいましたよ!


「とある世界でトップを極めた方が晩年、ガンで入院していた時に、弱気になっていた息子に言った言葉。

『人生なんて何べんでもやり直せる』。

たくさんの修羅場を潜り抜けてきたからこそ言えた言葉でしょう。人生はまずやってみることが大事。行動の結果、プラスになることもマイナスになることもありますが、マイナスになったら次の行動でプラスにすればいい。でも行動しなかったら永遠にゼロです。若い人には、人生はやり直しがきくんだから、まず一歩踏み出してみてくださいと伝えたいですね」

仏の教えで悩みが解決するかも!?

四谷 坊主バー (169383)

via 四谷 坊主バー
今回の坊主バーへの取材は、人生はやり直しがきくんだから、出会いの機会を求めてもっと積極的に行動してみようと思わされたひと時でした。みなさんも、もし悩みがあるのなら、坊主バーで山本さんに人生相談してみてはいかがでしょうか?お悩みも、仏の教えに触れれば道が開けるかもしれませんよ。

坊主バー 東京・四谷 - VOWZ BAR -

坊主バー 東京・四谷 - VOWZ BAR -
東京・四谷の坊主バーのご紹介。現役の僧侶がいるバーです。坊主バーのスタッフやオリジナルカクテルなどのご紹介とアクセスのご案内。

四谷 坊主バー(公式) (@yotsuya_vowzbar) | Twitter

四谷 坊主バー(公式) (@yotsuya_vowzbar) | Twitter
The latest Tweets from 四谷 坊主バー(公式) (@yotsuya_vowzbar). 参拝時間:19:00-25:00。 参拝料(チャージ):500縁。定休日:日、祝日。時々店員がバンド(@vowzband)やってます。Instagram:四谷坊主バー(yotsuya_vowzbar). 東京都新宿区荒木町6 AGビル2F
このエントリーをはてなブックマークに追加

WRITER

RECOMMEND

CATEGORY RANKING

CATEGORY RANKING

RECOMMEND

WRITER