ChatHead

犬よりも賢い?実は太ってない?…読めば絶対にブタのイメージが変わる! | rooVeR [ルーバー]

via rooVeR
このエントリーをはてなブックマークに追加
0

犬よりも賢い?実は太ってない?…読めば絶対にブタのイメージが変わる!

豚に念仏猫に経と言われることわざがあるほど、ブタのイメージは結構ネガティブなものが先行してしまいがち。しかし、その実態は悪いイメージとは正反対の特徴があります。

このことわざを知っていますか?

豚に念仏猫に経――どんなに価値ある情報やありがたい教えでも、それを理解できない者に一生懸命伝えたところで理解できず、結局は役に立たないことの例えとして使われることわざです。

馬の耳に念仏や、犬に論語ということわざも同じ意味があります。ブタといえば、人間にとっても身近な動物であり、また家畜としてもメジャーな動物です。
rooVeR (112711)

via rooVeR

なんとなくブタには、ネガティブなイメージがつきがち。

そんなブタですが、「豚に念仏」ということわざのように使われてしまうと、どことなく知能が低いといったような印象を抱いてしまいがち。

その他にも結構おとぼけなイメージが多く、例えば「ブタはくさい」とか、「ブタは太っている」といったものもそれに当てはまるでしょう。しかし、こうしたネガティブなイメージとは裏腹に、実は私たちの想像とは全く異なった特徴を持っており、意外な生態を持つ動物なんですよ♪

実は…ブタってこんな生態なんです。

rooVeR (112716)

via rooVeR

犬よりも賢い!?知能の高さが自慢です。

まず知能ですが、ブタは犬に匹敵するほどの知能をもち、一部では犬よりも賢いと言われます!最近ではミニブタがペットとして人気ですが、犬と同じようにしつけをすることもできるんですよ♪

次に、ブタは常に土まみれといったイメージですが、これもかなりの誤解があります。ブタはとても綺麗好きな動物!食事場所やトイレをする場所、寝る場所などを分けています。私たちが想像する以上に清潔感を持っているのです。

太っているように見えて実は太っていないんです(笑)!

そして「ブタ=太っている」というイメージ。たしかに、短足でコロコロした体型を見ればそんな印象を抱いてしまうのは仕方がないかもしれませんが、実際の体脂肪は15%前後~高くても20%未満。

これは成人男性の標準的な体脂肪率と変わらず、また、成人女性の標準体脂肪率と比較した場合ではブタの方が低いのです。事実を知れば知るほど、私たちの先入観がいかに当てにならないかを思い知らされますね。

そういえば、野性のブタって存在するの?イノシシとの違いは?

→野生のブタはいません。なぜなら家畜用に作り出されたから。

rooVeR (112720)

via rooVeR
実は元々ブタは家畜用に作り出された動物で、昔から野生動物として存在したわけではありません。

とはいうものの、その歴史は8000年以上にも及ぶと言われていますから、非常に人間の生活に密着した動物であったことがうかがえます。そしてその元となった動物がイノシシです。

ブタは野生化するとイノシシになる!?

イノシシはブタと違って牙がありますし、毛色も白やピンクといったブタとは違い、黒や褐色です。体も、ブタの方が胴長で後半身も大きく、全体的にでっぷりとしています。一目見ればそれがブタかイノシシかを容易に判断できるほどの違いがあります。

ブタも野生化してしまうとイノシシと同じような姿になってしまうそうですよ♪実際、ブタにも牙があり、飼育上の安全を確保するために切り落としているんですって!

覚えておきたい!イノシシ・ブタ・イノブタの違い

rooVeR (112726)

via rooVeR
ブタやイノシシと似た動物に、イノブタという動物がいます。この三者の違いは何か?分かりますか?生物学上の違いというのはほぼありませんが、次のような違いがあります。

ブタ

rooVeR (112730)

via rooVeR
先の通りブタはイノシシを家畜化したものです。食用として飼育され、栄養を良く吸収できるように改良されています。毛色も白やピンクを中心に多様なのが特徴で、半年以内に90kgに達するのだそうです!

イノシシ

rooVeR (112734)

via rooVeR
イノシシはブタよりも縦長な体型で、鼻もブタに比べて長めです。牙がブタよりも長く、外敵に対する攻撃に使用します。家畜として改良されているブタよりも腸が短く、90kgに達するまでに1年以上かかります。

イノブタ

rooVeR (112736)

via rooVeR
野生化したブタがイノシシと交配して誕生した子供をイノブタと呼びます。また、家畜としてイノシシとブタの交配種を飼育し、ブタように1年中脂ののった状態、そしてブタなみの繁殖力を持った家畜もイノブタと呼びます。
しかもブタは環境への順応力がずば抜け高く、飼育されている場所から脱走して野生化したからといって食べ物に困ることもほぼありません。

野生のイノシシと同じで、よく利く鼻を生かして土を掘り起こし、球根や昆虫などを食べて生活するようになるそうですよ♪多少荒れた土地であってもたくましく生き抜くほどの順応性があるんですね!

今までのイメージとは正反対だったかも?

ブタは、その鼻を器用に使ってドアノブを回してしまうというお茶目なイタズラもします。また、イノシシと同類ですから、走り出したらすぐに止まることができないため、まさに「猪突猛進」の状態になります。屋内などで飼育する場合は、走りまわるによって怪我をする危険もありますので、ミニブタなどをペットとして飼育する際には十分な注意も必要です。
text:Rey

ここの動物園で見られるよ!

【ワールド牧場】
ベトナム生まれ、ヨーロッパ・アメリカ育ちのミニブタと触れ合うことができます。なんと購入も可能です!
http://www.worldranch.co.jp/291/

【金沢動物園】
ほのぼの広場で放し飼いにされているミニブタに触れることができますよ。
http://www.hama-midorinokyokai.or.jp/zoo/kanazawa/animal/honobono/kanazawa21/

【須坂市動物園】
ゲッチンゲンという種類のミニブタが飼育されています。干してある布団を取り込むといった器用な姿を見れることもありますよ。
http://www.city.suzaka.nagano.jp/enjoy/kankou/suzakazoo/animal/detail/041.php

【京都市動物園】
ベトナム生まれのミニブタをおとぎの国というところでふれあえます。触ってみると思っているよりも毛が堅いことがわかりますよ!
http://www5.city.kyoto.jp/zoo/animals/mammal/s_scrofa
このエントリーをはてなブックマークに追加

WRITER

RECOMMEND

CATEGORY RANKING

CATEGORY RANKING

RECOMMEND

WRITER