ChatHead

【祝!アニメ化】山本崇一朗先生が語るキョーコちゃん&高木さん誕生秘話 | rooVeR [ルーバー]

このエントリーをはてなブックマークに追加
1

【祝!アニメ化】山本崇一朗先生が語るキョーコちゃん&高木さん誕生秘話

今回のインタビュー企画は、現在ゲッサン(小学館)で『からかい上手の高木さん』などを連載し人気急上昇中のマンガ家・山本崇一朗先生が登場!全3回となる中編では、先生の子供時代からデビューまでをご紹介!

 (13895)

2016年最注目のマンガ家・山本崇一朗先生のデビュー秘話

注目度上昇中の山本崇一朗先生へのインタビューも中編。今回は山本先生の子供時代からデビューまでを振り返る回想が中心です。ゲームとマンガが大好きだった少年が、何をきっかけにマンガ家の道へと歩き出したのか、どうぞお楽しみください!

【山本崇一朗先生プロフィール】
やまもと・そういちろう 5月30日生まれ。小豆島出身。血液型B型。2011年 9月、第27回ゲッサン新人賞佳作受賞。12月、第69回新人コミック大賞佳作受賞。2012年に読切作品を3本ほど発表後、2013年にゲッサンminiで『からかい上手の高木さん』、そしてゲッサン本紙で『ふだつきのキョーコちゃん』を続けて連載スタート。『ふだつきのキョーコちゃん』は7月12日に最終7巻が発売。

山本崇一朗Twitterアカウント
https://twitter.com/udon0531?lang=ja

さらに詳しくは、ゲッサンWEBをチェック!
『からかい上手の高木さん』
http://gekkansunday.net/series/karakai
『ふだつきのキョーコちゃん』
http://gekkansunday.net/series/kyoko

【前編はこちら!】『からかい上手の高木さん』山本先生はぺったん子好き? - rooVeR [ルーバー]

【前編はこちら!】『からかい上手の高木さん』山本先生はぺったん子好き? - rooVeR [ルーバー]
今回のインタビュー企画は、現在ゲッサン(小学館)で『からかい上手の高木さん』などを連載し人気急上昇中のマンガ家・山本崇一朗先生が登場!全3回となる前編では、先生が描くイラストメイキング映像も公開!

『からかい上手の高木さん』 山本崇一朗先生イラスト メイキング動画 - YouTube

インターネットメディア「rooVeR(ルーバー)」で掲載中! 『からかい上手の高木さん』、『ふだつきのキョーコちゃん』などで知られるマンガ家の山本崇一朗先生へのインタビュー中、実際に先生に高木さん&西片君のイラストを描いていただきました。 執筆時間はおよそ30分ですが、その模様をタイムラプス風にご紹介します。 イ...

『ふだつきのキョーコちゃん』ってどんなマンガ?

『ふだつきのキョーコちゃん』は、ゲッサン2013年9月号より連載をスタートした学園ラブコメです。『からかい上手の高木さん』や『あしたは土曜日』とは同じ世界観となっています。

学園中から極悪な不良と恐れられている札月ケンジには、キュートな見た目とクールな性格で人気を集める妹・キョーコがいる。いつも妹を気にかけていることから”シスコン”と噂されているケンジだが、札月兄妹にはある秘密があって…。

実は彼女は定期的に血を吸わないと生きていけないキョンシーだった。彼女の正体を知っているのはケンジただ一人。そんな兄妹の学園生活はトラブルの連続で!?

――――――――――――――――――

チャームポイントの札(リボン)が取れると、クールなキョーコの性格はデレデレに一変。ケンジにべったりな”ブラコン”のキョーコちゃんがお目見えします。表情豊かな彼女のクーデレな様子をご覧ください。
『ふだつきのキョーコちゃん』単行本2巻エピソード第9話...

『ふだつきのキョーコちゃん』単行本2巻エピソード第9話「撫でて欲しいのに」

そんな『ふだつきのキョーコちゃん』ですが、ゲッサンの2016年7月号で3年間の連載に幕。7月12日には、最終7巻も発売されました。

インタビューでは、『高木さん』と『キョーコちゃん』の話題を中心に進みます。2つの作品がどんな背景で生まれたのか、お楽しみください。
『ふだつきのキョーコちゃん』第7巻 発売中

『ふだつきのキョーコちゃん』第7巻 発売中

7月12日発売 596円[税込]

ポケモンとジャンプにハマった少年時代

──ところで先生は今おいくつですか?

山本崇一朗(以下、山本):1986年生まれなので、今年で30歳です。

──まだお若いですね。小さなころはどんな子供でしたか?

山本:いやあ、ゲームばっかりしてました。家にあったハードはスーパーファミコンなんですけど、僕が小学生だった頃に『ポケットモンスター』が出てからは、周りがポケモン一色に染まりました(笑)。

──ポケモン直撃世代ですね。

山本:赤緑を狂ったように遊んでて、150+1匹の図鑑埋めるのにすごい時間を使いましたね。でも、『(ドラゴンクエストモンスターズ)テリーのワンダーランド』が出てからは、そっちに浮気しちゃって。

──あらら。ゲームボーイばかりやってたんですか?

山本:据え置き機もやっていたんですけど、やっぱり長時間できないというか。親にコードを隠されちゃうんです(笑)。ゲームにはわりと厳しい家庭だったので…だから親の目を盗んでひたすらゲームボーイを遊んでました。

──すごいあるある体験ですね(笑)。当時はマンガへの興味はあまりなかったのでしょうか?

山本:もちろん読んでました。初めて買った単行本は『ドラゴンボール』です。

──そこはサンデーじゃないんですね。

山本:(笑)。たしか小学生のころにもうアニメで『ドラゴンボールZ』が終わっていたんですけど、物心つく前から親がビデオを借りてきてずっと観せてくれていて。劇場版の『魔神城とねむり姫』とか 、すごく好きだった気がします。それがきっかけで単行本を買い始めたんですよ。

──他にはどんなマンガを?

山本:『ジョジョの奇妙な冒険』や…というか、完全にジャンプっ子でしたね。僕は小豆島出身ですけど、周りの友達みんなジャンプを読んでるし、それがコミュニケーションツールのひとつだったりもして。小中学生のころは『HUNTER×HUNTER』や『NARUTO-ナルト-』、『シャーマンキング』等々、面白い作品がたくさんあったし、何より『ONE PIECE』を連載1話目から読むことができたので幸せでした(笑)。

──素敵な体験ですよね。そんな中で、自分で絵を描き始めるようになったのは?

山本:小学生のころには何となく絵を描くようにはなってましたね。『ドラゴンボール』や『ジョジョ』の模倣をするようになって、落書きレベルですけどマンガもそのころから描き始めてたと思います。

──どんなマンガを描いていたんですか?

山本:かめはめ波を撃つみたいな『ドラゴンボール』のパクリです(笑)。友達にも読ませた記憶があるけど、反応を覚えてないからたぶん面白くなかったんでしょうね…。
 (14078)

友人の誘いで突然拓けたマンガ家への道。でも…?

──「マンガ家になるぞ!」と志すようになったのはいつごろから?

山本:大学2年のころだったと思います。

──思っていたより後になってからだったんですね。

山本:はい。中高校生のころもイラストとかは描いていたんですけど、仕事にしたいなんて夢はまるでなくて…。当時はむしろゲーム会社に入りたいなっていう願望の方が大きくありました。京都の大学で日本画の勉強をしていたんですが、同じようにイラストを描いていた友達に誘われたのがきっかけで。
担当:うちでも連載してくれていた佐伯幸之助君だよね。田岡りき君も同じ学校でしたっけ?
山本:そうです(笑)。田岡君は3つ下ですね。佐伯君と「じゃあ何か描くか」って、とりあえず夏休みの間に1本仕上げて持ち込みに行きました。そしたら担当さんがついて、賞に出すことになって…。

──一気にマンガ家への道が拓けた感じですね。ちなみに持ち込み先はゲッサンですか?

山本:いえ、ヤングマガジンさんです(笑)。

──へええ。ちょっと意外です。昔から読んでいたんですか?

山本:いえ。たぶんヤンマガを読み始めたのは大学生に入ってからです。高校生まではバトルものばかりだったので。木尾士目先生の『げんしけん』が読みたくてアフタヌーンを買い始めたところから青年誌面白いなあって目覚めました。『無限の住人』とか超面白いですよね。
担当:山本君、それバトル(笑)。
山本:(笑)。それで持ち込んだところ、ありがたいことに読切でデビューまでさせていただきました。でも、その後のネームが全く通らなくなって…。2〜3年くらい「自分が描きたいのは青年誌じゃないかもしれない」って悩んでから、ゲッサンに来ました。

──そこからゲッサンを選ばれた理由がちょっと気になります。

山本:うーん、少年誌系の中では雰囲気が一番自分に合っているような気がしたんですよね。あと、佐伯君が僕より先にゲッサンで連載してたこともあって。

──なんだか佐伯先生が常に道しるべになっている感じですね。彼が行けたなら自分も!と(笑)。

山本:いやいや、そんなこと思ってないですよ(笑)。
『ふだつきのキョーコちゃん』単行本1巻エピソード第1話...

『ふだつきのキョーコちゃん』単行本1巻エピソード第1話「シスコンのお兄ちゃん」より

完成していた画力と構成力。あとはキャラクターの魅力だけ

──そこで今の編集担当さんと出会ったんですね。

担当:はい。持ち込みのときからずっと一緒にやってます。

──山本先生の第一印象はいかがでしたか?

担当:え、いやあの、上手いなあ~と(笑)。
山本:うそだ(笑)。最初めっちゃ反応悪かったですよ!
担当:ええー、そんなことないよ、ちゃんと覚えてるもん(笑)。初めて持ち込みがあったときに言ったのは、絵は上手いし、構成も上手いし、演出もしっかりしてるけど、なんか微妙に面白くないって。
山本:それは言われた気がします。
担当:山本君が反応が良くないって言ったのは、たぶんそういうことじゃないかな?彼の素朴な作風は一番いいところでもあるんですけど、そこの部分だけだと勝負できないから、とにかくキャラクターを作ろうって。
山本:覚えてます(笑)。さんざん言われましたね…。

──最初の段階でそこまで話をされてたんですね。

担当:はい、本当に完成度は高かったので、逆にそれ以外はこれまでも何も言ってないんです。ここのコマ割りが変だとか、構成を手直しするとか、絵が変だとか、そういうことは一切言ってなくて。
山本:いやもう、本当にキャラのことしか言われてないです。そこしか言われてないから、むしろ分かりやすかったですよ(笑)。

──ちなみにその時の持ち込み作品はどんなお話ですか?

山本:全然覚えてないな…たしかすごい地味なヤツです。
担当:(笑)。『ボクらの友情戦記』って小学生3人組のお話だよね。ゲッサンのGET THE SUN新人賞で佳作を獲っていますよ。
ゲッサン「第27回GET THE SUN新人賞」サイトより

ゲッサン「第27回GET THE SUN新人賞」サイトより

編集部の評価を一変させた驚きのアンケート結果

──ゲッサンで読切を何本か掲載された後に、『ふだつきのキョーコちゃん』と『からかい上手の高木さん』の連載がスタートしました。

担当:ここの流れは山本君も答えづらいと思うので僕のほうからお話しますね。最初の彼に対する編集部の期待度は、失礼な話ですが「天才とまでは言わないけれど絵は上手い。キャラクターができればいけるかも」ぐらいの印象だったんです。実際、最初に載せた読切の『からかい上手の高木さん』は、読者からの反応もまあまあな内容でした。でも、その次に載せた『恋文』っていう読切が、ものすごいアンケート票を取ってしまって。人気連載陣に割って入って上位に食い込む票数でした。これには編集部に衝撃が走りました。
ゲッサン2012年11月号掲載の読切『恋文』より

ゲッサン2012年11月号掲載の読切『恋文』より

──先生に対する評価が変わったのでしょうか。

担当:むしろ僕らの感覚を疑ったくらいです。キャラクターが薄いとか言ってる問題じゃないかもしれない、これでいいのかもしれないって。これは早く連載をスタートさせようという流れになりました。もう一本読切で『まちにまったおとなりさん』を掲載したあと、3つのネタを出していただきました。そのうちの2つが『ふだつきのキョーコちゃん』と『からかい上手の高木さん』なんです。

──『キョーコちゃん』も『高木さん』も、それぞれその前に描いた読切がベースになっていますよね。そこから連載までの経緯は?

山本:『キョーコちゃん』は色々と話し合いましたよね。
担当:やっぱり連載を意識したものだったので、気合が入ってたよね。キョーコちゃんの札の設定をリボンに変えたり、日々野さんってメガネの委員長キャラを入れたりと、大まかなストーリーの着地点も含めて細かな設定の打ち合わせをしました。
山本:僕のほうは「キャラクターを作る」ことに意識があったので、好きなものをたくさん詰め込みました。元々妹が欲しかったので、こういう妹がいたらよかったなっていう妄想を取り込んでみたりとか。
ゲッサン2013年2月号掲載の読切『まちにまったおとな...

ゲッサン2013年2月号掲載の読切『まちにまったおとなりさん』より

連載を意識した『キョーコちゃん』、自由に描いた『高木さん』

──たしかにキョーコちゃんは「妹」「キョンシー」「ツンデレ」「貧乳」「おでこ」と、かなり属性が強い気がしますね(笑)。それに対して高木さんがあっさりしていると思えるほど。

山本:キョーコちゃんに比べると、高木さんは本当に何にも言われなかったですね。
担当:最後は山本君に全部任せてみよう、と言って出てきた3本目の作品が『高木さん』でした。1本目の『キョーコちゃん』でも2本目のものでもなく、まだ他になにか面白い案はないかって話し合っていたときに、2人の間で共通して好きだったとよ田みのる先生の『ラブロマ』の話題で盛り上がりまして。
山本:ああいうド直球なお話って素敵ですよね、という流れから、公式でイチャイチャしてるマンガを描いてやろうと(笑)。
担当:そしたら最初の『高木さん』の読切を手直しして持ってきたんですよ。
画像左:キョーコちゃん、右:高木さん

画像左:キョーコちゃん、右:高木さん

──そういえば『キョーコちゃん』が高校生なのに対して『高木さん』は中学生ですよね。何年生の設定ですか?

山本:中学1年生のつもりで書いてます。たまに2年生とかになってますけど、一応1年生です(笑)。

──高木さんに対しての西片君は子供っぽいですよね。高木さんにどう仕返しするかで頭がいっぱいみたいな。

山本:はい(笑)。完全に子供として描いてますね。

──読切のときと比べても、2人のデザインはかなり幼くなりました。

山本:やっぱり高木さんが西片君をあれこれと翻弄できるのは、2人の精神年齢に違いがあるからなんですよね。だから小学校後半から中学校ぐらいのイメージがちょうどいいかなって思ってました。ただ小学校だと低すぎるし、制服もないので…。制服あると楽なんですよ、モブ的に(笑)。
担当:高木さんは1話と今とでも全然変わってきたよね。
山本:丸くなりましたよね。

──自分の中にある理想的な高木さんのイメージが変わってきた感じですか?

山本:やっぱり変わってきますよね。青年誌にいたころのリアル寄りな造形が抜けてきたというか。人間の造形は置いておいて、少年誌らしいデフォルメ感が前に出てきた気がします。
『からかい上手の高木さん』2012年7月号読切エピソー...

『からかい上手の高木さん』2012年7月号読切エピソード「席替え」

背景を描くと、だいたい田舎になる

『ふだつきのキョーコちゃん』単行本6巻エピソード第30...

『ふだつきのキョーコちゃん』単行本6巻エピソード第30話「いいとこ見せようと」

作品でたびたび登場している海のシーン。よく見ると瀬戸内海がモチーフと連想させる、水平線の向こうに島々がチラリ。
先生が小豆島のご出身であることが理由のひとつかもしれない。
──『キョーコちゃん』や『高木さん』、それにスピンオフの『あしたは土曜日』もそうですが、舞台設定ってすべて一緒ですよね。キャラクターがリンクしてることも理由だと思いますが、あの舞台って場所はどこをイメージしているのですか?

山本:いや、ぜんぜんイメージはないです(笑)。どっかの田舎くらいしか。

──でも都会ではない?

山本:都会ではないです。

──特に地元っていう意識はなかったんですか?

山本:意識はないんですけど、育ってきた風景があんな感じだったので、「背景描いて」って言われると自然にああなっちゃう感じはありますね(笑)。

──観てて思うんですが、先生はあんまり設定を細かく作るのがお好きじゃないのかなって思ってました。

山本:ああー、それはあります。設定を細かくしちゃうと作画が大変になっちゃうので…(笑)。

『高木さん』を読んで、女子力を磨こう!

『からかい上手の高木さん』単行本3巻エピソード「逆上が...

『からかい上手の高木さん』単行本3巻エピソード「逆上がり」より

──読んだ人の感想を聞いていると、「高木さんがかわいい」っていう声はよく聞かれますが、西片君についてはいかがですか? あの反応の良さを見ているとからかいたくなる高木さんの気持ちも理解できそうですが…。

担当:たしかにリアクションが見て取れるのは西片君のほうですから、ある意味西片萌えマンガとも言えるかもしれませんね。読者層については男性が多いのはもちろんですが、意外と女性も多いんです。コミックスが出た時に面白いと思ったのは、「『からかい上手の高木さん』から女子力を学ぼう」みたいなネット記事があったんですよね。
山本:なんかちらっと見た気がする(笑)。

──『高木さん』の場合、執筆中の先生の視点はどこにあるでしょう。西片君じゃないんですか?

山本:西片君なんでしょうけど、あの反応は僕にはできないなと思ってて(笑)。ここでこういう反応できたらいいなとは思いながら描いてます。

──1話目の消しゴムにもありましたが、1巻の最後のエピソードでは、高木さんの気持ちがハッキリと見て取れる場面もありました。

山本:そうですね。実はあの話は連載だと4話目に登場したエピソードなんですよね。担当さんと単行本の打ち合わせをしたときに、「巻末でドンっとさせて、読者に喜んでもらおう」ということで順番を入れ替えたんです。

──これはもうそういう意味に受け取って大丈夫ですよね?

山本:そう思って読んでいただいて大丈夫です(笑)。
『からかい上手の高木さん』単行本1巻エピソード「本屋さ...

『からかい上手の高木さん』単行本1巻エピソード「本屋さん」より

インタビュー後編は7月26日(火)公開予定です。お楽しみに!

次回、ラストとなるインタビュー後編では、『ふだつきのキョーコちゃん』が終わるまでのいきさつ、そして『からかい上手の高木さん』の今後についてなど、山本先生のこれからをお伝えします!
ゲッサン 2016年08月号 発売中

ゲッサン 2016年08月号 発売中

表紙は今号より本格連載スタートとなる山本崇一朗先生の『からかい上手の高木さん』。
始動記念として巻頭・カラー2本立てでお送りするほか、読切作品『松本エーコは普通の子』を掲載。さらに特別付録には特製からかいシール付き。

そのほか、あだち充先生の『MIX』、島本和彦先生の『アオイホノオ』、皆川亮二先生・作、泉福朗さん原作の『海王ダンテ』など充実のラインナップ!
(C)山本崇一朗/小学館
このエントリーをはてなブックマークに追加

WRITER

コマツ
コマツ

エンタメ系情報誌で編集者を経て、フリーに転向。得意分野はマンガを中心に、映画やアニメなどインドアエンタメが中心です。

お気に入り登録 >> 他の記事もチェック

RECOMMEND

CATEGORY RANKING

CATEGORY RANKING

RECOMMEND

WRITER

HOT WORD