ChatHead

あの「ジャックダニエル」がコーヒーを作った!?それってどんなコーヒー? | rooVeR [ルーバー]

このエントリーをはてなブックマークに追加
1

あの「ジャックダニエル」がコーヒーを作った!?それってどんなコーヒー?

アメリカの酒造メーカー「ジャックダニエル」が同じくアメリカのロースター「ワールド・オブ・コーヒー」と提携してコーヒーの販売を始めました。ウイスキーとコーヒーのコラボって、一体どんなコーヒーなのでしょうか?日本でも購入できるのか…?気になります。

「ジャックダニエル No.7」のコーヒーって?

世界でも有名なあのウイスキーメーカー「ジャックダニエル」がコーヒーを発売しました。その名も「JACK DANIEL’S Tennessee WHISKY COFFEE(ジャックダニエル テネシーウイスキー コーヒー)」!
Jack Daniel's (135205)

via Jack Daniel's
これは「ジャックダニエル」がアメリカのコーヒーロースター「World of Coffee(ワールド・オブ・コーヒー)」と提携して誕生したコーヒー。
100%アラビカ種を使用し、ミディアムローストに仕上げているそうです。バニラのような甘い香りとキャラメルの香ばしい香りが特徴とのことですが、これはまさに「ジャックダニエル No.7」の香り。ですが、残念ながら(?)というか、当然というか、アルコール分はゼロです。
Jack Daniel's (135203)

via Jack Daniel's
コーヒーは缶入りと袋入り、普通のコーヒーとデカフェコーヒーとあります。

「ジャックダニエル」とは?

「ジャックダニエル」は言わずと知れた、アメリカを代表する酒造メーカー。創業者はもちろん、ジャック・ダニエル。1866年に自身の名前を冠したウイスキーの販売を始めています。
今回コーヒーとのコラボを果たした「ジャックダニエルNo.7」は1904年に開催されたセントルイス万国博覧会で金賞を受賞し、以来、世界的な認知度を得たウイスキー。
Jack Daniel's (135215)

via Jack Daniel's
今回はその「ジャックダニエルNo.7」をコーヒー豆の焙煎に使用しているのだとか。だからウイスキーの香りがするんですね。

アメリカの名ロースター「World of Coffee」

「ワールド・オブ・コーヒー」は、ニュージャージー州で35年続くコーヒーロースター。その品質の高さには定評があり、アメリカのスペシャルティコーヒー協会やスペシャルティフード協会などに名を連ねています。
World of Coffee (135221)

via World of Coffee
中南米やアフリカからアジアなど、世界各地から最高級のスペシャルティコーヒーを輸入し、ロースト・販売。アメリカ国内では、飲食系のみならずファッション系やニュース系のメディアからも絶賛されるロースターなのです。

どこで手に入る?

Jack Daniel's (135224)

via Jack Daniel's
アメリカ国内でもフロリダや「ワールド・オブ・コーヒー」のあるニュージャージー、「ジャックダニエル」のお膝元のテネシーのいくつかの店舗のみでの販売のほか、「ジャックダニエル」の公式オンラインショップでの販売のみです。ただ、残念ながら、現在ではオンラインでも発送はアメリカ・カナダのみのため日本からは購入できません。
ウイスキーのような香りのコーヒー…どんなコーヒーが気になりますよね。これはぜひ、日本国内からでも購入できるようになってほしいです!
Jack Daniel's (135226)

via Jack Daniel's
JACK DANIEL’S Tennessee WHISKY COFFEE
URL:http://www.jackdanielscoffee.com/

World of Coffee
URL:http://worldofcoffee.biz/World_of_Coffee/Home.html
このエントリーをはてなブックマークに追加

WRITER

編集部tktk
編集部tktk

旅行とお酒と映画が好きです。

お気に入り登録 >> 他の記事もチェック

RECOMMEND

CATEGORY RANKING

CATEGORY RANKING

RECOMMEND

WRITER