ChatHead

狭い牛舎から解放された牛の反応に涙…まるで人のように嬉しがる姿にモ~感動! | rooVeR [ルーバー]

このエントリーをはてなブックマークに追加
0

狭い牛舎から解放された牛の反応に涙…まるで人のように嬉しがる姿にモ~感動!

狭い牛舎から助けだされて、人間にお礼を伝える牛。その姿はなんとも愛情深く、そして人間と同じように感情を持った動物なんだということを知らされますね。

これは感動…!ありがとうを伝える牛の姿

まずはこちらの動画をご覧になってください。
狭い牛舎から助け出された子牛が人間に「ありがとう」を伝えているという実に珍しい動画です。解放されて喜ぶ姿、感謝を伝える姿は、私たちの知っている牛とは異なるような気がしませんか?

イメージが変わる!実は知能が高く感情豊かな牛の生態

日常的に私たちが目にする牛としては、やはり牧場などに放牧されている牛ですよね?牛といえばどうしてものんびり寝て過ごすという印象がありませんか?
rooVeR (104511)

via rooVeR
「食べて寝てばかりいると牛になるぞ!」という言葉もすっかりお馴染みですよね♪牛は、確かに寝ている印象が強いですし、実際1日の半分以上は寝て過ごすのだそうです。また、性格も優しく、苦しんでいる仲間に寄り添う習性を持っているんです。

数キロ離れた敵のニオイもキャッチ!優れた嗅覚の持ち主。

rooVeR (104524)

via rooVeR
牛は、寝てばかりいて、万が一天敵が現れた際にはどうするのだろう?と不安にもなってしまいますが、牛は嗅覚が非常に発達しており、数キロ先のニオイも敏感に感じ取ることができ、遠くにいる天敵のニオイも嗅ぎ分けることもできちゃうのだそうです!

聴覚も、人間では聞き取ることとのできない周波数を感じ取ることで危険をいち早く察知できるほか、頭を動かさなくても320度の範囲を見渡せる広い視野も持っています。

牛=家畜というイメージだけど…

rooVeR (104536)

via rooVeR
牛というと、どうしても牛乳や牛肉といったように、家畜として牛がイメージとして浮かんでしまいませんか?もちろんこうした、普段私たちが見聞きする牛というのは完全に家畜としての飼育がメイン!野生としては存在していません。

しかし、家畜へと至るまでに一体どのような道をたどったのでしょうね……?

日本に野生の牛はいる?実はあの動物も牛の仲間だった!

世界的に見ると、バイソンや水牛といった野生の牛も存在します。私たちの住む日本では、トカラ列島において家畜から野生化した牛が存在しています。
thinkstock (111454)

また、見た目は牛のようには見えませんが、天然記念物で知られるニホンカモシカもウシ科に属する動物なんですよ!

ニホンカモシカ…“シカ”だけどウシなんです。

thinkstock (111461)

共通点としてあげられるのは角!

シカの角は大きく枝分かれしながら広がっていますが、牛の角は枝分かれして広がることはありません。また、シカの角は毎年必ず生え変わりの時期がありますが、牛やカモシカの角は生え変わるということがないんですって!

ちなみに、カモシカ以外にも、ヒツジやヤギ、ヌーなどもウシ科の動物で、シカはオスだけが角を生やしますが、ウシ科はメスも角を生やしています。

バイソンやバッファローなども牛の仲間

rooVeR (104575)

via rooVeR
世界に目を向けると、バイソンや水牛のほかに、バッファローという動物も牛の仲間♪

バイソンは、北米大陸に分布しているアメリカバイソンと、ヨーロッパに生息するヨーロッパバイソンがいますが、度重なる乱獲によってアメリカバイソンの数も著しく減少し、ヨーロッパバイソンの野生は絶滅してしまったのだそうです。アメリカバイソンは準絶滅危惧種に、ヨーロッパバイソンは絶滅危惧種に指定されています。
rooVeR (104583)

via rooVeR
水牛は、実はバッファローとほぼ同じ牛。バッファローとは、そのまま英語で水牛のことを指します。水牛は、大きく分けると2種類あり、
・アフリカ大陸に生息するアフリカ水牛属
・インドやネパール、タイなどに生息するアジア水牛属

に分けられます。

実は俊足!時速80㎞で走れるんですよ!

家畜としての牛はとてものろまな印象がありますが、サバンナに生息するヌーやスプリングボック、ブラックバックというウシ科の動物たちは、時速80 km以上という速度で走ることができるのだとか!

単純に、「牛」というキーワードだけで見れば放牧されているような牛をイメージしがちですが、「ウシ科」という範囲にまで目を広げると実に様々な生態や姿形を持った動物たち存在するのです。
text:Ray

ここの動物園で見られるよ!

【金沢動物園】
ガウルというウシがが飼育されています!とても貴重な牛なのでぜひ見に行こう!
http://www.hama-midorinokyokai.or.jp/zoo/kanazawa/animal/eurasia/kanazawa22/

【埼玉県こども動物自然公園】
ホルスタインやジャージなどの家畜や牛の仲間であるニホンカモシカも飼育されているよ♪
http://www.parks.or.jp/sczoo/index.html

【東山動植物園】
口之島牛(くちのしまうし)が飼育されています。日本の在来牛を見るチャンス!
http://www.higashiyama.city.nagoya.jp/topics/index.php?g_no=ZOO00071
このエントリーをはてなブックマークに追加

WRITER

RECOMMEND

CATEGORY RANKING

CATEGORY RANKING

RECOMMEND

WRITER