ChatHead

雲が浮いている……!“当たり前なのに、当たり前じゃない光景”を室内で実現「Floating Cloud 2.0」 | rooVeR [ルーバー]

このエントリーをはてなブックマークに追加
0

雲が浮いている……!“当たり前なのに、当たり前じゃない光景”を室内で実現「Floating Cloud 2.0」

雲が浮いている……あまりにも当たり前で、ありふれた光景。そんな瞬間を見たところで驚く人も、不思議に驚く人もいないでしょう。……でも、もしそれが室内で起こっていたら?「Floating Cloud 2.0」は、“どこでも”浮く雲です。

「浮く」が不思議であること再確認させてくれるガジェット

 (177751)

雲とか太陽とか月とか……私たちにとっては、浮いていること(あるいは空にあること)が当たり前で、普段はなんとも思いません。でも、それが目の前で起こると、こんなに不思議に感じるとは……。「Floating Cloud 2.0」は、そんな“当たり前の不思議”に気づかせてくれるガジェット。

そうです、こいつ、浮いているんです。マジで。

浮く、そして光る

「Floating Cloud 2.0」は浮きます。
 (177757)

そして、光ります。その様子はさながら、稲妻の“暴発”を待つ雷雲そのもの。
 (177759)

「Floating Cloud 2.0」は、浮く雷雲。内蔵のセンサーが周辺の音を感知し、それに合わせて雲の中で雷が瞬く「幕電(幕電)」と呼ばれる現象を再現します。お部屋の照明を消せば、嵐の夜空を室内に再現可能。

ビシビシしてきませんか?モテる予感が……!

浮遊の仕組みは磁気コンポーネント

 (177762)

ベース部分と本体には、わずかに浮かせるように設計された磁気コンポーネントがそれぞれ埋め込まれているとのこと。そして、希土類磁石や電磁石、位置センサーの使用により、適切な位置を保持するのだとか。

何はともあれ、オシャレ

 (177765)

さすがに照明として使用するのは不便な気がしますが、とにかく、よくわからないけれど、オシャレ。そういうやつです。ちなみに価格は4,620ドル……日本円にして50万円強といったところでしょうか。……高い、高すぎる。でも、ほしすぎる!そんな人は検討してみてもいいかも。

float. + rc.

float. + rc.
Levitating Cloud with technology developed by Crealev

▼関連記事

インタラクティブLEDつけまつげ。パーティーに行くなら『F.Lashes』をまつ毛にオン。

インタラクティブLEDつけまつげ。パーティーに行くなら『F.Lashes』をまつ毛にオン。
付ける人の動きによってさまざまなパターンで光るインタラクティヴなつけまつげ『F.Lashes』が登場。パーティーに、仮想大会に、普段使いに(!)如何でしょう。
このエントリーをはてなブックマークに追加

WRITER

RECOMMEND

CATEGORY RANKING

CATEGORY RANKING

RECOMMEND

WRITER