ChatHead

カップケーキ専門店「ローラズ・カップケーキ」の夏限定スイーツを食べて比べてみた! | rooVeR [ルーバー]

このエントリーをはてなブックマークに追加
0

カップケーキ専門店「ローラズ・カップケーキ」の夏限定スイーツを食べて比べてみた!

ロンドン発のカップケーキショップ「ローラズ・カップケーキ」。2015年に日本に初上陸して以来、女性を中心に人気を集めている同店で、夏限定のひんやりスイーツ「カップケーキサンデー」と「カップケーキシェーク」を実際に食べてきました。

「ローラズ・カップケーキ」はロンドン発のカップケーキブランド

ヒャクマンボルト (171482)

via ヒャクマンボルト
六本木と原宿に店舗を構える「ローラズ・カップケーキ」には、色とりどりのカップケーキを常時15種類以上ラインナップしています。美味しさはもちろん、見た目も可愛いと若い女性を中心に人気のスイーツです。

そんな「ローラズ・カップケーキ」ですが、6月から夏にぴったりの期間限定スイーツが登場しました!六本木ヒルズ店限定で「カップケーキサンデー」、原宿本店限定で「カップケーキシェーク」が販売中です。

カップケーキを使った、サンデーとシェークとのことですが、気になるお味は……?実際に食べてきました!
ヒャクマンボルト (171483)

via ヒャクマンボルト
ということで、まずはカップケーキサンデーを食べに、六本木ヒルズ店にやってきました。

ハーゲンダッツを使用したカップケーキサンデー

ローラズ・カップケーキ (171484)

via ローラズ・カップケーキ
最初にレポートするのは、6月に新登場したカップケーキサンデー。ローラズ・カップケーキのカップケーキとハーゲンダッツを使った豪華な組み合わせです。看板商品のカップケーキを丸々ひとつ使っているということで、期待が高まります!

今回は、ラインナップしている「クッキー&クリーム」「レッドベルベッド」「チョコレート」の3種類すべてを食べ比べてみました。まずは、ダントツ1番人気というクッキー&クリームをセレクト。

サンデー1番人気は「クッキー&クリーム」

ヒャクマンボルト (171485)

via ヒャクマンボルト
ローラズ・カップケーキ東京の広報の方にお伺いしたところ、「カップケーキもハーゲンダッツも、クッキー&クリームのフレーバーを使用している」とのこと。これはどう考えても間違いない組み合わせです。
ヒャクマンボルト (171486)

via ヒャクマンボルト
こちらのカップケーキサンデー、下からハーゲンダッツ→カップケーキ→ハーゲンダッツ→カップケーキの4層構造になっています。

そして、その上には、大量のホイップとオレオがトッピング。甘いもの好きにはたまらないコンボです!カップケーキの部分とハーゲンダッツを一緒に食べるのがおすすめとのこと。さっそく食べてみましょう!

1口食べてみると、甘さが口全体に広がります。でも、不思議とクドくありません。これはペロっとイケそうです。

「夏は食欲が落ちがちですが、ひんやり冷たいスイーツは不思議と食べられちゃうんですよね。」(ローラズ・カップケーキ 広報)

カップケーキの看板商品「レッドベルベッド」

ヒャクマンボルト (171487)

via ヒャクマンボルト
次は「レッドベルベッド」。ローラズ・カップケーキの数あるフレーバーの中でも、定番のレッドベルベッドを使用したサンデーということで、これまた期待せずにはいられません。

ちなみに「レッドベルベッド」というのは、ケーキなどで一般的に知られたお菓子の名前です。赤と白のコントラストが美しいですね!
ヒャクマンボルト (171488)

via ヒャクマンボルト
とはいえ、どんな味なのかまったく想像ができないまま、口の中に運びます……。
カップケーキに使用されているクリームチーズの濃厚かつすっきりした味わいと、バニラ味のハーゲンダッツのまろやかな味が絶妙にマッチします!

チーズケーキ好きはもちろん、クッキー&クリームよりは甘さ控えめなので、甘いのが得意ではないという方にもおすすめです!

絶妙な甘さを実現した「チョコレート」

ヒャクマンボルト (171489)

via ヒャクマンボルト
最後は、「チョコレート」。トッピングのカラースプレーがポップな見た目でかわいい!

「フォトジェニックな見た目からか、皆さんSNSで投稿してくださってるようで、とても嬉しいですね。」(ローラズ・カップケーキ 広報)
ヒャクマンボルト (171490)

via ヒャクマンボルト
では、食べていきましょう!
カップケーキのスポンジ部分が、これまでのものよりふんわりしています。スポンジにチョコレートフレーバーのハーゲンダッツが染み込み、ジューシーな舌触り。

ハーゲンダッツはバニラ味を採用しており、チョコレートよりも甘すぎず、絶妙なバランスでペロリと平らげてしまいました。

ハーゲンダッツとカップケーキの組み合わせが最高でした!

カップケーキサンデーは、丸々1個のカップケーキとハーゲンダッツを使用しているので、ボリュームもあり食べ応え抜群です。

今回レポートした「レッドベルベッド」と「チョコレート」は7月14日まで。7月15日からは、「抹茶」と「ブルーベリー」が新たに仲間入りする予定です。ぜひお試しあれ!
ローラズ・カップケーキ (171491)

via ローラズ・カップケーキ
お次は、カップケーキシェークを食べに、ローラズ・カップケーキ原宿本店に行ってきました!

「カップケーキシェーク」のコンセプトは飲むカップケーキ

ローラズ・カップケーキ (171492)

via ローラズ・カップケーキ
2016年の夏限定でリリースし、大好評だった「カップケーキシェイク」が、2017年も登場。「クッキー&クリーム」「レッドベルベッド」「バニラ」の3フレーバーに加え、今年は「抹茶」「バノフィー」「チョコレート」の全6フレーバーを用意。さらに7月からは、さらに7月からは、バニラに替わり、ミント・チョコレートのフレーバーが登場!

今回は、「バノフィー」「クッキー&クリーム」と、そして7月から仲間入りを果たす「ミント」の3フレーバーをレポートします。

バナナとキャラメルがコラボした「バノフィー」

ヒャクマンボルト (171493)

via ヒャクマンボルト
カップケーキシェークのコンセプトは「飲むカップケーキ」。カップケーキを丸ごと1個ミキサーにかけてドリンク状にしているそう。

まずはバノフィーから食べていきます!
ヒャクマンボルト (171494)

via ヒャクマンボルト
シェイクの上にはホイップクリームと刻んだチョコレート、キャラメルソースがかけられています。

太いストローで飲んでみると、バナナのフレーバーにチョコレートとキャラメルソースがよく絡みます。甘さのなかにもフルーティーな味わいが感じられて美味しい!

このバノフィーには、マスカルポーネを使用しているとのこと。甘さの中にチーズの酸味がプラスされ、すっきりしていて飲みやすいです。 これはクセになりそう!

定番の「クッキー&クリーム」は食感が楽しめる

ヒャクマンボルト (171495)

via ヒャクマンボルト
お次は、カップケーキサンデーでも食べた「クッキー&クリーム」。ローラズ・カップケーキ、定番のフレーバーです。
ヒャクマンボルト (171496)

via ヒャクマンボルト
ホイップクリームはバノフィーと同様ですが、こちらの「クッキー&クリーム」は、ミニサイズのオレオとクッキークランチがトッピングされています。

さっそくいただきます!クランチの食感がとってもいいですね!クッキー&クリームと聞くと、甘そうなイメージがありますが、こちらはオレオのほろ苦さがプラスされているので、クドくない美味しさ。夏にすっきり飲めるシェークになっています!

爽快感がハンパじゃない「チョコミント」

ヒャクマンボルト (171497)

via ヒャクマンボルト
最後は、リピーターも多いという「チョコミント」を食べていきます。爽やかなミント色が夏にぴったりですね!
ヒャクマンボルト (171498)

via ヒャクマンボルト
ホイップクリームに、たっぷりチョコレートソースがかかっています。

食べてみると、チョコの甘さの中に上品なミントの香りが広がり、さっぱりしています!この爽快感は真夏でもペロっと食べれちゃいますね。

ミントの主張が強くないので、ミントが苦手な人にもぜひ試してみてほしいです。

カップケーキサンデーとカップケーキシェーク、ぜひ試してみて!

今回レポートしたカップケーキサンデーとカップケーキシェークは、いずれも9月末までの限定商品。どれも味も見た目も美味しく、並んででも食べたい!この夏、ハマること間違いなしです!

皆さんも、気になった味をぜひ試してみてくださいね!
【店舗情報】
「ローラズ・カップケーキ 六本木ヒルズ店」
住所:東京都港区六本木6-4-1
六本木ヒルズメトロハット B1
営業時間:11:00~21:00
定休日・無休
電話番号:03-3475-1127

「ローラズ・カップケーキ 原宿本店」
住所:東京都渋谷区神宮前1-10-37
カスケード原宿2F
営業時間:11:00 - 20:00
定休日・無休
電話番号:03‐6447-1127

ホームページ:http://lolascupcakes.co.jp/

ライター:幸谷亮
撮影:インディ
編集:ヒャクマンボルト
このエントリーをはてなブックマークに追加

WRITER

RECOMMEND

CATEGORY RANKING

CATEGORY RANKING

RECOMMEND

WRITER