このエントリーをはてなブックマークに追加
0

WIDEとWHITEを聞き間違えて…シロサイとクロサイの名前の誕生の仕方がギャグすぎる

同じサイの仲間のシロサイとクロサイ。肌の色が白いからシロサイ、黒いからクロサイ……って思っていませんか? 実はそれ間違いなんです。シロサイとクロサイの違いにまつわる謎について考えてみましょう。

とにかく、でかい。強い。

こちらがクロサイ

rooVeR (104933)

via rooVeR
「サイ」は奇蹄目サイ科に属する哺乳類の総称です。アフリカ大陸に住むシロサイとクロサイのほかに、東南アジアにはジャワサイとスマトラサイ、インド・ネパールにはインドサイが棲息しています。地上に住む動物としてはかなり大きく、小型のスマトラサイでもオスは800kg以上、大きなシロサイでは3600kgにもなります。

地上最強の動物に必ずエントリーされるほどの強者

サイの皮膚はまるで鎧のように堅く、人間のナイフはおろかライオンの歯も通さないのだとか。そのため「地上最強の動物は何か」という議論になると必ず上位にエントリーされていますね(そしてゾウとどちらが強いか、という展開になりがち)。あの大きなゾウと同じく、完全な草食動物で、草や葉を食べています。

英語名でもシロサイはホワイト、クロサイはブラック

こちらはシロサイ

rooVeR (104942)

via rooVeR
シロサイはサイ科シロサイ属(Ceratotherium)、クロサイはサイ科クロサイ属(Diceros)に分類されるサイ。英名はホワイトライノセラス(White Rhinoceros)とブラックライノセラス (Black Rhinoceros)。英語でも意味は同じなんですね。
当然色の違いから名前が付いた、と思いたいのですが、実際見てみるとシロサイもクロサイもどちらもグレーです。シロサイの方が若干白いようですが、白っぽい色の砂で砂浴びをしたクロサイの方が白い、ということもあるようです。

そもそも何が違うの?

①身体のサイズ
かなり違います。大きいのは3トンを超えるシロサイのほう。だいたいクロサイの倍くらいの重さがあるそうです。角もシロサイの方が大きく1mを超えることもあるとか。
②性格
クロサイはかなり好戦的。シロサイは穏やかでおっとりしていると言われています。どっちにしても戦いたくない相手ですが。
③口の形
一番違うのは口の形だそうです。シロサイはあまり食にこだわらないタイプなのか、地面に生えている草を選ばずにバクバク食べるため、口が幅広くなっています。
いっぽうのクロサイは少々グルメ?らしく、タンパク質が多く含まれるマメ科の植物をはじめ果実や小枝を選んで食べやすいよう、口がとがっています。

英語の発音がイマイチだったから「白」「黒」になったという説

rooVeR (104957)

via rooVeR
シロサイがそれほど白くないのに、シロの名が付いた原因は、英語の発音にあったという説があります。

アフリカを訪れたある動物研究家が現地の人に「あれは?」とサイの説明を聞いところ、口の広い(WIDE)なサイ、というのを白い(WHITE)と聞き間違えしまったのだとか。それでついたのが「シロサイ」。そしてそれと区別するために「クロサイ」と呼ぶようになったのだとか。
もしも現地の人の英語の発音が良かったら、私たちはシロサイ・クロサイではなく、例えば「クチビロサイ」「クチボソサイ」なんて呼んでいたかも知れません。それはそれで正しいのでしょうが、なんだかイメージが違うような気がしますよね。
巨体で天敵もほとんどいないサイですが、実はサイは生息数が少ない絶滅危惧種です。そこまで追い詰めてしまった生物は私たち人類。サイの角が工芸品や漢方薬の原料となるために、乱獲されてしまったのが原因なのだとか。お金儲けのために最強の動物と言われるサイを絶滅寸前まで追い込むとは人間の業の深さを感じてしまいます。
text:曽田照子

ここの動物園で見られるよ!

【盛岡市動物公園】
シロサイとクロサイの両方に会えますよ。(冬期は休業)
http://moriokazoo.org/

【アドベンチャーワールド】
ヒガシクロサイとシロサイに会える!どっちがどっちかわかるかな?
http://www.aws-s.com/

【上野動物園】
http://www.tokyo-zoo.net/zoo/ueno/
迫力満点のサイの泥遊びの風景を見ることができますよ!
このエントリーをはてなブックマークに追加

WRITER

RECOMMEND

CATEGORY RANKING

CATEGORY RANKING

RECOMMEND

WRITER