このエントリーをはてなブックマークに追加
0

「本物みたいだろ…?ダンボールなんだぜ…。」女子がダンボール工作を極限まで極めるとこうなる

ダンボールで工作…誰しも幼少期にやったことあるはずです。ではそれを極めるとどうなるか、女子が極めたらどうなるか。日本人の女性アーティストが作り出したダンボールアートがハンパではない。みたらきっと、涙出ますよ。

段ボール工作を極めてしまった女子

A post shared by Monami Ohno (@monamincb) on

「ピザポテトがないのでダンボールで作ってみました。」

さらっと言うレベルじゃねぇ。ダンボールってこんなことできるのかよ!誰だこんなのを作ったのは!最高過ぎる!

この作品を作ったのは「大野 萌菜美」氏。1991年生まれの現在25歳の女性です。大阪芸術大学在学中にダンボール工作を作りはじめ、その圧倒的なクオリティで多方面から絶大な支持を得ているダンボール界の女王。制作総数は数えきれないほどで、自身の作品のほかにも映画の宣伝材料の提供や、PVの造形制作、ワークショップなどの主催をするほどの方です。

ちなみに大野 萌菜美氏とはこの方です。

A post shared by Monami Ohno (@monamincb) on

最高かよ!

大野 萌菜美のダンボールアート

「ピザポテト」ぐらいで驚いちゃいけねぇ。

A post shared by Monami Ohno (@monamincb) on

一体、制作にどれほど時間をかけているのでしょうか?

A post shared by Monami Ohno (@monamincb) on

A post shared by Monami Ohno (@monamincb) on

A post shared by Monami Ohno (@monamincb) on

A post shared by Monami Ohno (@monamincb) on

A post shared by Monami Ohno (@monamincb) on

「バックトゥザフューチャー」のデロリアンの後部、素晴らしいデティール。

A post shared by Monami Ohno (@monamincb) on

「スターウォーズ」のミレニアムファルコン。これは鳥肌ものですね。

A post shared by Monami Ohno (@monamincb) on

靴だって履けてしまう。

A post shared by Monami Ohno (@monamincb) on

A post shared by Monami Ohno (@monamincb) on

A post shared by Monami Ohno (@monamincb) on

曲線の多い管楽器の造形も完璧。

A post shared by Monami Ohno (@monamincb) on

稼働する機工まで作り出してしまう。

A post shared by Monami Ohno (@monamincb) on

かと思えば、このようなかわいらしいガチャポンも作ってしまう。

極めた人の作品はどれも美しい

A post shared by Monami Ohno (@monamincb) on

ダンボールで工作…誰もが幼少期に経験したことがあるでしょう。それを極めてしまった女子がここにいます。

はじめは遊びだったかもしれません。ダンボール工作自体は誰にだってできる、けれど彼女はその誰でもできることを、誰にもできない領域まで辿り着いてしまったのです。

子供のころの遊びが、芸術になるなんてゾクゾクしませんか?涙が出るほど素晴らしい作品を作り出している彼女に大きな拍手を!

MON AMOUR MONA ROOM | 大野萌菜美

MON AMOUR MONA ROOM | 大野萌菜美
ダンボールクリエイター大野萌菜美のポートフォリオサイト。ダンボール作品をはじめMOBOT(ロボット)作品やスケッチなど作品情報を紹介。Japanese Cardboard craft Art .

▼関連記事

このアートは合法?それとも犯罪?モスクワのアーティストの「汚れ」を使ったアート「Dirty Car Art」 | rooVeR [ルーバー]

このアートは合法?それとも犯罪?モスクワのアーティストの「汚れ」を使ったアート「Dirty Car Art」 | rooVeR [ルーバー]
もちろん路上の落書きは禁止です。それは世界中どこでも同じ。けどこの場合は?モスクワのアーティストが新たな形のストリートアートを提案。絵の具も使わず、スプレー缶も使わず。街に「あるもの」だけを使った最新アートとは?

スウェーデンのユルカワ発明家、シモン・イェッツ。発明はくだらないけどかわいいから許す! | rooVeR [ルーバー]

スウェーデンのユルカワ発明家、シモン・イェッツ。発明はくだらないけどかわいいから許す! | rooVeR [ルーバー]
日々、研究に勤しんでいる発明家たち。しかしスウェーデン出身の天才発明家はちょっと趣向が違う。

人間がめんどりの卵を孵化させた…?フランス人のアーティストが3週間卵をあたため続け、孵化に成功!? | rooVeR [ルーバー]

人間がめんどりの卵を孵化させた…?フランス人のアーティストが3週間卵をあたため続け、孵化に成功!? | rooVeR [ルーバー]
フランスの現代アーティストがこれを実現。24時間卵に付きっ切りで必死にあたため、卵を孵化させることに成功しました。このアーティスト、過去にも耳を疑う作品をたくさん生み出しているのです。
このエントリーをはてなブックマークに追加

WRITER

編集部ono the one
編集部ono the one

焼肉食べたいなぁ。人の金で。

お気に入り登録 >> 他の記事もチェック

RECOMMEND

CATEGORY RANKING

CATEGORY RANKING

RECOMMEND

WRITER