ChatHead

湯浅政明監督の最新作『夜明け告げるルーのうた』はどんな映画?見どころを紹介! | rooVeR [ルーバー]

このエントリーをはてなブックマークに追加
0

湯浅政明監督の最新作『夜明け告げるルーのうた』はどんな映画?見どころを紹介!

『マインド・ゲーム』『四畳半神話大系』などで知られ、『夜は短し歩けよ乙女』も絶賛公開中の湯浅政明監督。その湯浅監督が手掛ける最新作『夜明け告げるルーのうた』が5月19日に公開となります。独特な世界観で知られる監督の初のオリジナル劇場アニメーションはいったいどんな仕上がりになっているのでしょうか? 見どころをご紹介します!

 (155825)

(C)2017ルー製作委員会

『マインド・ゲーム』『四畳半神話大系』の湯浅政明監督最新作!

映画初監督作『マインド・ゲーム』(’04年)で文化庁メディア芸術祭アニメーション部門大賞に輝くなど、国内外で高い評価を受けている湯浅政明監督。4月7日からは『夜は短し歩けよ乙女』が絶賛公開中ですが、わずか2ヵ月足らずのなんと5月19日から、最新監督作『夜明け告げるルーのうた』が公開されます。

監督初のオリジナル作品となる本作は全編flashにて制作、圧倒的な疾走感と躍動感に満ちた”アニメーションらしいアニメーション”。思わず踊り出したくなる、最新湯浅ワールドの魅力をお伝えします。
 (155826)

(C)2017ルー製作委員会

天真爛漫な人魚の少女・ルーが少年の心を解きほぐす青春ファンタジー

写真左はカイ(声:下田翔太)、同右はルー(声:谷花音)

写真左はカイ(声:下田翔太)、同右はルー(声:谷花音)

(C)2017ルー製作委員会
寂れた港町・日無町(ひなしちょう)に住むカイは、離婚した両親へ複雑な想いを抱え鬱屈とした毎日を送っていた中学生。そんな彼は音楽が趣味で、打ち込みで制作した音源をネットにたびたびアップしていました。

ある日、カイの隠れた才能に気付いたクラスメイトの遊歩と国夫は、彼を自分たちが組むバンド”セイレーン”に入らないかと持ち掛けます。気乗りしないカイでしたが、人魚島と呼ばれる秘密の練習場所で、バンドの演奏中に不思議な声を聴いて……。

その正体はなんと本物の人魚! しかし町では人魚は人を喰らい、災いをもたらす存在と言われています。カイは人魚の女の子・ルーを無事に守ることができるのか!?

脚本に吉田玲子さん、キャラ原案にねむようこさんら個性派スタッフが集結

 (155828)

(C)2017ルー製作委員会
脚本は映画『猫の恩返し』(’02年)や『けいおん!』シリーズ、映画『聲の形』(’16年)など多数のヒット&話題作を執筆した吉田玲子さん。キャラクター原案を『午前3時の無法地帯』で知られるマンガ家・ねむようこさんが手掛け、キュートでおしゃれなビジュアルに仕上がりました。

また、キャラクターデザイン&作画監督には映画『マインド・ゲーム』『ピンポン THE ANIMATION』(’04年)などと、これまでも湯浅監督とタッグを組んできた伊東伸高さん。アニメーションは湯浅監督がプロデューサーのチェ・ウニョンさんと2013年に設立し、先の『夜は短し歩けよ乙女』も制作したサイエンスSARUが制作します。

さらに本作で重要な要素となる音楽は、映画『クライマーズ・ハイ』(’08年)や『思い出のマーニー』(’14年)、『64-ロクヨン-前編』(’16年)など、映画やドラマ、ミュージカルなどで多数の音楽を手掛けてきた村松崇継さんが担当しています。

全編Flashアニメで描いたポップでクリエイティブな世界観

 (155827)

(C)2017ルー製作委員会
鬱屈した日々を過ごしていたカイがルーと出会うボーイミーツガール的なストーリー序盤に対して、中盤からは巨大なサメ姿をしたルーのパパや人魚ならぬ犬魚が登場するなど、少しずつファンタジー色の色濃い世界へと転換していきます。

そんなオリジナリティ溢れるキャラクターたちが活き活きと画面を動き回るアニメーションは、全編Flashで制作。Flashアニメとは、点の座標とそれを結ぶ線によって構成した画をプログラミングで動かすアニメで、パラパラマンガのような従来の制作方法と比べて、なめらかな動きを表現できると言われています。

『夜明け告げるルーのうた』では、ルーの髪の中を小魚が絶えず泳いでいたり、主人公たちのちょっとコミカルで流れるような動きなどFlashならではの表現があちこちにたっぷり盛り込まれていて、細部まで目が離せません。特にルーの歌に合わせ町の人々が踊り出すクライマックスは圧巻です!

キューブ状で宙を舞う不思議な水や様々に姿を変える海などの水の質感、そしてルーやカイを照らす温かな月、命を燃やす鮮烈な夏の日差しなど、光の描き方にもぜひ注目してみてください。

人気子役からベテラン勢まで実力派たちの演技に注目

 (155829)

(C)2017ルー製作委員会
主人公・カイ役には映画『くちびるに歌を』(’15年)で注目を集めた14歳の下田翔大さん、ルー役をドラマ『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない』(’15年)のめんま役が記憶に新しい12歳の谷花音さんが演じ、ふたりの瑞々しい声と透明感に満ちた歌声が胸に響きます。さらに元柔道五輪選手の篠原信一さんのほか、柄本明さん、寿美菜子さん、斉藤壮馬さんなどが出演。ベテラン俳優から人気声優まで幅広いキャストが脇を固めています。

ちなみにお笑いコンビ・千鳥の大悟さんとノブさんがゲストとして登場しており、町人をコミカルに演じ箸休めにひと役かっています。お笑い芸人さんが多数出演した『マインド・ゲーム』や星野源さんを主演に抜擢した『夜は短し歩けよ乙女』など、プロの声優以外の人物を積極的に起用していくあたりは、湯浅さんらしいキャスティング術かもしれません。

家族みんなで湯浅ワールドにどっぷりハマろう!

 (155830)

(C)2017ルー製作委員会
ちょっぴり上級者向けな印象が強いこれまでの湯浅作品でしたが、本作は湯浅監督ファンはもちろんのこと、ルーの可愛らしいキャラクター&シンプルなストーリーが小さなお子さんにも入りやすく、幅広い人たちにおすすめできる映画になった印象を受けました。

斉藤和義さんの歌う主題歌『歌うたいのバラッド』とともに、鑑賞後はきっと軽やかで温かな余韻に浸れるはず。ぜひ劇場でご覧ください!

『夜明け告げるルーのうた』2017年5月19日公開

声の出演:谷花音、下田翔大、篠原信一、柄本明、斉藤壮馬、寿美菜子、大悟(千鳥)、ノブ(千鳥)
監督:湯浅政明
脚本;吉田玲子・湯浅政明
音楽:村松崇継
キャラクターデザイン原案:ねむようこ
キャラクターデザン/作画監督:伊東伸高
アニメーション制作:サイエンスSARU

(C)2017ルー製作委員会
テキスト=M.サイトー

映画『夜明け告げるルーのうた』公式サイト

映画『夜明け告げるルーのうた』公式サイト
湯浅政明監督作品 映画『夜明け告げるルーのうた』公式サイト 2017年5月19日公開。圧倒的な独創性で観客を魅了する“天才”湯浅政明がほんとうに作りたかった物語
このエントリーをはてなブックマークに追加

WRITER

RECOMMEND

CATEGORY RANKING

CATEGORY RANKING

RECOMMEND

WRITER