ChatHead

【アクアマリンふくしま】水族館なのにフェネック?世界最大級の人口砂浜にも注目! | rooVeR [ルーバー]

このエントリーをはてなブックマークに追加
0

【アクアマリンふくしま】水族館なのにフェネック?世界最大級の人口砂浜にも注目!

かわいいアザラシやフェネックにも会えちゃいます♡幻想的なクリオネの水槽にうっとり…。参加体験では自分で釣った魚を食べることも。生きものとの関わり方を考えさせられる、水族館です。

▶アクアマリンふくしまについて知りたい!◀
1.アクアマリンふくしまとは?
2.どんな生きものに会えるの?
3.こんな体験ができる!
4.お土産、お食事はここがおすすめ

アクアマリンふくしまとは…

JR常磐線「泉駅」より線バスで15分、下車後歩くこと10分で見えてくるのがアクアマリンふくしまです。この施設は2000年に開園した水族館で、太平洋に面して立地しています。
アクアマリンふくしま (131637)

via アクアマリンふくしま
広大な敷地内には屋内展示はもちろん、屋外には潮干狩りが楽しめる人工ビーチや自然がいっぱいの広場もありますよ。
アクアマリンふくしま (131422)

via アクアマリンふくしま

こんな動物たちに会える!

かわいいアザラシや大迫力のトドに会える「北の海の海獣・水鳥」エリア

「北の海の海獣・水鳥」エリアでは、北の海にすむゴマフアザラシやクラカケアザラシ、トドが展示されています。
水中を優雅に泳ぐクラカケアザラシとゴマフアザラシ。ころんとした体型がかわいらしいですよね!
アクアマリンふくしま (131646)

via アクアマリンふくしま
生まれたばかりのゴマフアザラシは最初からゴマ模様になっているというわけではなく、白い産毛をまとっています。運が良ければ生まれたばかりのゴマフアザラシに会えるかも!
アクアマリンふくしま (131463)

via アクアマリンふくしま
アシカ科の中では最大の大きさを誇るトド。オスは体長3mもあり、体重はなんと1トンにも及びます。インパクトがとっても大きなトドにぜひ会いに行ってみてくださいね。

壮観!「潮目の大水槽」

アクアマリンふくしま (131654)

via アクアマリンふくしま
福島県沖で出会う親潮と黒潮の「潮目」を表現した「潮目の大水槽」。雄大な三角トンネルの中を力強く泳ぐ魚たちの姿に圧倒されちゃいます!
アクアマリンふくしま (131643)

via アクアマリンふくしま
水槽内にはカツオ・キハダ・マイワシ・グルクマ・ギンカガミのほか、エイやボラなども泳いでいます。20,000匹以上にも及ぶ魚たちの群れの壮大な光景をぜひ目に焼き付けてください!

クリオネ・クラゲの神秘的な姿にうっとり…

"流水の天使"とも呼ばれるクリオネは、国内では北海道沿岸に生息する巻貝の仲間です。水槽の中をプカプカとただよう様子は幻想的。
アクアマリンふくしま (131657)

via アクアマリンふくしま
そのかわいらしい見た目とはうらはらに、エサの時間になると本能をむきだしに!そのギャップもまた魅力のひとつです。
幻想的な生物といったらこちらを忘れてはいけませんね。クラゲの水槽で泳ぐトガリテマリクラレゲです。そのミステリアスな姿にうっとりして、つい時が過ぎるのを忘れてしまいそうです。

フェネックのかわいさにキュンキュンする~♡

この施設には海の生物だけではなく、キツネの仲間・フェネックも暮らしているんですよ!メスのソフィーとオスのマルクルがピョンピョンと元気に走り回る姿はなんともキュート♪
アクアマリンふくしま (131645)

via アクアマリンふくしま
あ~、連れて帰りたくなっちゃう!

こんな体験ができる!

世界最大級タッチプール「蛇の目ビーチ」

アクアマリンふくしま (131639)

via アクアマリンふくしま
屋外に広がる「蛇の目ビーチ」は、磯・干潟・砂浜を再現した世界最大級の人口ビーチです。こちらでは岩場の陰に隠れるヒトデやウニなどに実際に触れて観察したり、砂浜で裸足で遊ぶことができちゃいます。
アクアマリンふくしま (131640)

via アクアマリンふくしま
干潟エリアでは、砂を掘ってアサリやハマグリなどが探せますよ。ちなみにここのビーチでは獲った生き物は持ち帰れませんのでご注意を。

"釣る・調理する・食べる"が楽しめる釣り体験

アクアマリンふくしま (131666)

via アクアマリンふくしま
「アクアマリン えっぐ」釣り場では、釣りが楽しめるだけでなく、釣った魚を唐揚げにして食べることができます。
アクアマリンふくしま (131667)

via アクアマリンふくしま
土日祝日には調理体験も開催されています。自分で釣った魚を調理して食べれば、その味はまた格別のものに…!ファミリーやカップルにおすすめですよ!

エサを追いかけるカワウソが見られる!エサの時間

アクアマリンふくしま (131470)

via アクアマリンふくしま
わくわく里山縄文の里にある「カワウソのふち」コーナーでは、10:00と15:30の1日2回エサの時間が開催されています。水中を素早く泳いで魚を追いかけるユーラシアカワウソの様子が見られるのは貴重ですね。

お土産さがし・お食事をするならここ!

オリジナルグッズも盛りだくさん!ギフトショップ

アクアマリンふくしま (131477)

via アクアマリンふくしま
施設には、入館口前の「JOHMON」、館内の「uminos(ウミノス)」「GOMBESSA(ゴンベッサ)」と3か所のギフトショップが設けられています。カラフルな文房具や雑貨、限定グッズがたくさんそろっていますよ。

海の幸をお腹いっぱい!レストラン

アクアマリンふくしま (131644)

via アクアマリンふくしま
小名浜の海を一望できる「おいしい水族館~アクアクロス」では、魚介類を中心としたメニューが楽しめます。「ヘミングウェイのカジキメンチ(単品:460円)」をはじめ、エビやイカをふんだんに使った海鮮チャーハン(670円)など、海の幸が思う存分堪能できますよ。
アクアマリンふくしま (131479)

via アクアマリンふくしま
「潮目の大水槽」前にある「寿司処 潮目の海」では、優雅に泳ぐ魚たちを眺めながら、資源量が安定した魚を中心としたにぎり寿司が楽しめます。

観光だけではなく、魚のことも学べちゃう!

アクアマリンふくしまでは、生き物たちを観察できるのはもちろんのこと、実際に触れたり釣りを楽しんだり食べたりすることで、自然の大切さを学ぶこともできる施設です。夏のシーズンには「蛇の目ビーチ」で裸足になって遊ぶのも楽しそうですね!

ぜひ一度おでかけになってみてはいかがでしょう?
【施設概要】
施設名:アクアマリンふくしま
住所:福島県いわき市小名浜字辰巳町50
アクセス:JR常磐線「泉駅」より線バス15分 下車後徒歩約10分
電話番号:0246-73-2525
料金:一般 1,800円 / 小学生~高校生 900円
営業時間:通常期(3月21日~11月30日) 9:00~17:30、冬期(12月1日~3月20日) 9:00~17:00
休園日:年中無休

「環境水族館」アクアマリンふくしま

「環境水族館」アクアマリンふくしま
福島県いわき市にある環境水族館。潮目の大水槽は、三角トンネルを境にカツオやマグロ、イワシなど多彩な生物を展示。春に世界最大のタッチプール「蛇の目ビーチ」を併設した子ども体験館「アクアマリン えっぐ」がオープン。シーラカンスの調査研究にも取り組んでいる。
このエントリーをはてなブックマークに追加

WRITER

櫻井れき
櫻井れき

こんにちは。グルメライターの櫻井れきと申します。 東京都内のグルメスポットや観光情報、海外についてはタイの情報を中心に記事をお届けいたします。 食べ歩き・飲み歩きはもちろん、コンビニ新商品チェックも欠かせない日課となっておりますので、こちらの方も記事にしていきたいと思っています。 どうぞよろしくお願いいたします。

お気に入り登録 >> 他の記事もチェック

RECOMMEND

CATEGORY RANKING

CATEGORY RANKING

RECOMMEND

WRITER