ChatHead

えっ活動休止…!?大島優子の活躍がまだまだ見たい!これまでの出演作品をまとめてみた | rooVeR [ルーバー]

このエントリーをはてなブックマークに追加
0

えっ活動休止…!?大島優子の活躍がまだまだ見たい!これまでの出演作品をまとめてみた

芸能活動をしばらく休止し、海外渡航することが明らかになった大島優子。時期は明らかにされていませんが、しばらく大島優子の活躍が見れないなんて寂しい!しばらく過去作品で見返して大島優子の帰りを待つしかありません……。大島優子のこれまでの出演映画をまとめてみました。

大島優子、海外渡航することが明らかに!

A photo posted by Yuko Oshima (@yuk00shima) on

ファンミーティングで「人生チャレンジ」ということで海外へ渡ることを発表した大島優子。
かねてから海外留学の夢を明かしており渡航先や時期は明らかにしていませんが、しばらく芸能活動は休業する見込み。ファンにとっては大島優子の復帰まで活躍が見れなのは寂しいですよね。

今回はそんな大島優子の過去の出演映画を振り返ってみました。AKB48を卒業してから、今日まで女優とした駆け抜けた今回は大島優子の活躍を振り返ります。

スキー場でスノーボードを披露! 東野圭吾原作『疾風ロンド』

2016年公開の『疾風ロンド』は人気小説家・東野圭吾原作のミステリー小説の映画化です。舞台はスキー場。大島優子は「すご腕のスノーボード選手」という設定で瀬利千晶役を演じました。彼女曰く、スノーボードの趣味はあったものの、すご腕のプロという設定だったため、プロの指導を受け、立ち姿がバッチリ決まるよう練習したそうです。

もともとシリアスな脚本だったそうですが、連続テレビ小説『あまちゃん』の演出で知られる吉田照幸監督により、コメディ要素が盛り込まれ笑えるシーンもいっぱいに。大島優子は、阿部寛やムロツヨシとの息もぴったりで、作品全体がかなり楽しい作品に仕上がったようです。彼女のスノーボード姿も見どころということで、ファンとしてはぜひチェックした作品です。

『疾風ロンド』
公開日:2016年11月26日
監督:吉田照幸
脚本:ハセベバクシンオー
原作:東野圭吾『疾風ロンド』
出演:阿部寛、大倉忠義、大島優子、ムロツヨシ ほか
配給:東映

恋する女忍者を演じた、時代劇映画『真田十勇士』

真田幸村を演じる中村勘九郎の主演で、2016年に公開された映画『真田十勇士』。この作品で大島優子は女忍者・火垂を演じています。“くノ一”という設定だけあって、俊敏なアクションを披露。木から駆け下りるシーンでは、ワイヤーアクションにもチャレンジしたそう。

そういったアクションへのチャレンジも見せつつ、松坂桃李演じる霧隠才蔵には恋心を抱くという役どころで、恋する乙女という表情も演じています。時代劇ということもあり、今までにない衣装や台詞回しを聞かせる彼女を堪能できる作品になっています。

『真田十勇士』
公開日:2016年9月22日
監督:堤幸彦
脚本:マキノノゾミ
出演:中村勘九郎、松坂桃李、大島優子、永山絢斗 ほか
配給:松竹

ロマンスカーで働く26歳の女性を等身大で演じた『ロマンス』

AKB48卒業後、大島優子が初めて主演をつとめた、2015年公開の映画『ロマンス』。小田急線のロマンスカーで働く26歳の女性・北條鉢子を、等身大で演じました。仕事ぶりは優秀だけど彼氏はだらしないし、母親との関係もうまくいっていないし……という悩めるヒロイン鉢子の、小田原・箱根を巡る1日を描いたハートフルムービー。

大島優子と、共演の大倉孝二との、軽妙なやりとりが心地よく楽しめます。ロマンスカーのアテンダントの制服もぴったりで、26歳の彼女がキラキラ輝やく、魅力的な作品となりました。

『ロマンス』
公開日:2015年8月29日
監督:タナダユキ
脚本:タナダユキ
出演:大島優子、大倉孝二、野嵜好美、窪田正孝 ほか
配給:東京テアトル

若さゆえのずるさを見事に演じ、助演女優賞に輝いた『紙の月』

2014年に公開された、宮沢りえ主演の犯罪サスペンス映画『紙の月』。大島優子は銀行の窓口で働く相川恵子役。横領という犯罪に走ってしまう宮沢りえ演じるヒロインを翻弄するような、小悪魔的なキャラクターを演じています。彼女は、この作品で数々の助演女優賞に輝きました。女優として評価をぐっと上げた出世作といえるでしょう。

『紙の月』
公開日:2014年11月15日
監督:吉田大八
脚本:早船歌江子
原作:角田光代『紙の月』
出演:宮沢りえ、池松壮亮、大島優子、田辺誠一 ほか
配給:松竹

人気シリーズの完結編に謎の役で出演『劇場版 SPEC〜結〜』

『劇場版 SPEC〜結〜』は、戸田恵梨香と加瀬亮の主演でのシリーズもので、テレビドラマとしてスタートした作品『SPEC』の劇場版完結編です。前後編の2部形式で、2013年11月中に立て続けに公開されました。

大島優子は「白い女」と呼ばれる謎の存在の役。向井理が演じる「セカイ」とともに、白い衣装で登場しました。「おそらく、2人は人間ではないのではないか?」といわれていて、その正体は最後まで謎に包まれたままです。ミステリアスな存在をスタイリッシュに演じる大島優子が楽しめる人気作品です。

『劇場版 SPEC』
公開日:2013年11月1日(漸ノ篇)、2013年11月29日(爻ノ篇)
監督:堤幸彦
脚本:西荻弓絵
出演:戸田恵梨香、加瀬亮、北村一輝、大島優子 ほか
配給:松竹

海外チャレンジする大島優子に期待したい!

子役として芸能界デビューし、AKB48でトップを飾り、卒業後も女優として絶え間なく活動してきた大島優子。しばらく大島優子の活躍が見れなくなってしまうのは残念ですが、ずっと夢だったという海外を経験し彼女の演技がどう変わるのか、期待したいですよね。

もしかしたら、今後は海外作品にも挑戦していくのかもしれません。今後も応援していきましょう!
このエントリーをはてなブックマークに追加

WRITER

RECOMMEND

CATEGORY RANKING

CATEGORY RANKING

RECOMMEND

WRITER