ChatHead

フレンチプレスってこんなにおいしい! ボダムで淹れる毎日飲みたいコーヒー | rooVeR [ルーバー]

このエントリーをはてなブックマークに追加
0

フレンチプレスってこんなにおいしい! ボダムで淹れる毎日飲みたいコーヒー

家でもカフェのようなコーヒーが飲みたいけれど、ペーパーフィルターだとあの味を再現できない…。そんな人におすすめなのがフレンチプレス。その代名詞ともいえる「BLAZILフレンチプレスコーヒーメーカー」の使い方を学びましょう。

ラクしておいしいコーヒーが飲みたいならフレンチプレス

ボダムジャパン (111515)

via ボダムジャパン
フレンチプレスとは、圧縮式のコーヒーメーカーのこと。日本では紅茶を淹れるための道具と思われがちですが、ヨーロッパではコーヒーを淹れるのがスタンダードです。金属製のフィルターでこすので、コーヒーの油分(オイル)がフィルターに吸収されず、豆の旨味や香りといった素材本来のおいしさが楽しめます。

そして一番の特徴は「淹れるのがラク」な点。その手軽さから、コーヒーフリークの間ではすっかり浸透しています。

コーヒーメーカーのキング・オブ・キングはやっぱり「ボダム」

ボダムジャパン (111544)

via ボダムジャパン
フレンチプレスの代名詞ともいえるのが、1944年にデンマークで誕生したボダム社。現在までに製造したフレンチプレスはなんと約1億個にも及びます。

1958年、サイフォン式コーヒーメーカー「サントス」を発表し大成功、ボダムの名が一躍ヨーロッパ中に知れ渡ると、1974年にはフレンチプレス「ビストロ」を発売。いまでは世界中のプロも御用達の、コーヒーメーカーのスタンダードとなっています。

「BLAZILフレンチプレスコーヒーメーカー」はとってもおしゃれ!

ボダムジャパン (111551)

via ボダムジャパン
毎日使うアイテムは、使いやすさだけでなくビジュアルも重要。キッチンやダイニングにしっくりなじむ、ごくシンプルで飽きのこないコーヒーメーカーを選びましょう。

ボダムのフレンチプレスの中でも、手軽でおしゃれにコーヒーライフを楽しめるのがBLAZIL。「よいデザインは高価であってはならない」というデザインポリシーを象徴した、無駄な装飾を省いたデザインとリアルプライスが魅力です。

手順はとってもシンプル! お湯を注いで4分待つ

ボダムジャパン (111565)

via ボダムジャパン
①粗挽きに挽いた豆をフレンチプレスに入れます。豆の分量は、カップ1杯(120cc)に対して7gが目安。
②その上からお湯(90~96℃)を注ぎます。
③マドラーなどで軽く混ぜフタをのせ、4分ゆっくりと抽出します。
④4分後、プランジャーを押し下げたらできあがり。コーヒー豆の風味をすべて封じ込めた味わい深いコーヒーが楽しめます。
ひと言でいうと「粗挽き豆にお湯を注いで4分待つ」。プロセスはたったこれだけなんです。

コーヒーオイルの味わいが特徴! 好みを探して

ペーパードリップやサイフォンなど、コーヒーにはいろいろな抽出方法がありますが、フレンチプレスで出すコーヒーの特徴はオイルの味わい。

ペーパーフィルターのすっきりとした味に慣れていると微粉の粉っぽさが気になるかもしれませんが、これこそコーヒーオイルまでしっかりと抽出された味わいなのです。

微粉が苦手なら、豆を粗めに挽くのがポイント。逆に、豆をじっくり味わいたいなら中粗挽きをセレクト。好みに合わせて調整しましょう。

誰でも簡単にカフェの味! コーヒー派の強い味方

フレンチプレスで淹れたコーヒーは豆の味をダイレクトに伝えるため、飲んだ後も口の中に残り、甘味を感じることができます。豆の中でも香りと風味が際立った、最高品質を誇るスペシャルティコーヒーを味わうなら、フレンチプレスがぴったりです。

ただし豆は空気に触れると酸化が進みます。おいしいコーヒーを味わうなら新鮮な豆がマスト。豆の管理にも気をつけましょう。
適切な豆とお湯の量さえ覚えれば、フレンチプレスを使って簡単にカフェのコーヒーが再現できます。フレンチプレスとコーヒー豆さえあればいいので、オフィスでのコーヒーブレイクにもぴったり。インスタントは卒業しフレンチプレスにシフトしてみては。

使ってみてよかったアイテムは、大切な人へおすすめしたくなるもの。友人へのギフトにも喜ばれそうです。フレンチプレスで、快適なコーヒーライフを!
【商品情報】
「ボダム BLAZILフレンチプレスコーヒーメーカー 」(全2色:ブラック、オフホワイト)
価格:(350mL)3,240円/税込、(1L)4,860円/税込
URL:http://www.bodum.com/jp/ja/10938-01j
このエントリーをはてなブックマークに追加

WRITER

RECOMMEND

CATEGORY RANKING

CATEGORY RANKING

RECOMMEND

WRITER