ChatHead

柴犬の飼い方は?性格は?習性は?寿命は?値段は?選び方は? | rooVeR [ルーバー]

via rooVeR
このエントリーをはてなブックマークに追加
0

柴犬の飼い方は?性格は?習性は?寿命は?値段は?選び方は?

素朴でありながら、賢くりりしい姿の柴犬は、海外でも人気のある犬種です。日本生まれで天然記念物でもある柴犬は、日本でもっとも多く飼われており、日本人の暮らしに合った犬といえましょう。

柴犬の性格や習性は?

柴犬は数少ない日本生まれの犬種で、秋田犬や紀州犬などの他の日本犬同様天然記念物になっています。古くから日本人と共に生活をしてきた柴犬は、湿気の多い日本の気候にもっともなじんでいる犬と言われています。「シバ」の語源は、古代日本の「ちいさなもの」を示す古語(こご)といわれており、太古から日本人の良きパートナーでありました。

昔ながらの番犬といえば…柴犬ですよね

rooVeR (121175)

via rooVeR
柴犬は日本犬ならではの、ご主人様一筋(ワンオーナー気質)でがんこな性格の持ち主です。良くも悪くも昔ながらの「日本の番犬」のイメージが強く、持ち前の警戒心から吠える犬も少なくありません。最近はインスタグラム等で人気の「まる」(https://www.instagram.com/p/BRQLMf0AG9f/?taken-by=marutaro&hl=ja )のように、にこやかでフレンドリーな印象のある柴犬ですが、ルーツは野山を駆けめぐった猟犬でツンデレ気質の持ち主でもあることをお忘れなく。

柴犬の寿命は?

12~15歳が平均だと言われています。

rooVeR (121184)

via rooVeR
中型犬の柴犬は、比較的短命な大型犬(8~10歳前後)に比べ、12~15歳前後まで長生きします。年を取っても足腰がしっかりしている犬が多く、老犬になっても長めの散歩を平気でこなす体力があります。

柴犬の値段は?

種類や大きさによって異なりますが、5~20万が相場です。

rooVeR (121187)

via rooVeR
柴犬の値段は毛色によって差があり、数の少ない色合い(ゴマ)の犬は高めです。価格は5~20万円前後ですが、血統や個体によって差が大きくなり、もっともポピュラーな赤毛は比較的安価です。現在世界的な人気犬種になりつつある柴犬は、海外でも「shiba」という名前で知れ渡るようになり、今まで以上に血統の優れた犬は高値で取引されることが増えると思われます。

柴犬の選び方は?

元気で健康、活発な子が一番。

rooVeR (121191)

via rooVeR
出来るだけ血統の良い犬で、遺伝性の病気の少ないブリーダーから直にゆずってもらうのが理想です。元気で明るく、物おじしない性格で、体格が良く、筋肉質で骨格がしっかりした子犬を選びましょう。柴犬に限ったことではありませんが、アイライン(目の周りのくま取り)や鼻は黒ければ黒いほど良く、目は澄んでいきいきと輝いているのが飼いやすい子犬です。
毛並みはつやつやとして、地肌に赤みがなく、しっぽはくるりと巻き上がり、肛門の汚れのない子犬が良いでしょう(ペットショップから買い求める時は、先に書いたそれぞれのポイントを細かくチェックください)。

柴犬と暮らすのに必要なものは?

rooVeR (121195)

via rooVeR
家の中で飼うなら、
1.ハウスとしてのクレートやケージ(とびらのあるもの)
2.ベッドやマット
3.食器(フードと水入れ、それぞれ1つずつ)
4.散歩用の首輪やリード、レインコート
5.毛並みの手入れ用のブラシやシャンプー・リンス
などが必要になります。
柴犬は年2回の換毛期(毛の生え変わる時期)に、毛がかたまり状で大量に抜けるので、スリッカー(http://www.tokyopetshoji.com/lawrence_top.html )やファーミネーター( http://www.lhouse.jp/furminator.html )など抜け毛専用ブラシを用意しておくと便利です。

外で飼えますが、極端に寒い日や暑い日は気を付けて

柴犬は日本の気候にもっとも適応した犬なので、外で飼うことも出来ますが、犬小屋は夏の日射しや冬の寒さから身を守ることの出来る場所に設置して下さい。柴犬は警戒心が強く、番犬に向いている犬種ですが、テリトリー意識が剥き出しになると、通りすがりの犬や人に吠える犬になる恐れがありますので、子犬のうちからしっかりしつけておくと良いでしょう。

柴犬のごはんは?

rooVeR (121200)

via rooVeR
基本はドッグフードで、与える量はパッケージにある一日あたりのフード量の目安(体重10kgの成犬で600kcal/日)を参考にします。フードは10kgで1000円前後の安いものから、1kg1000~3000円前後(材料や品質にこだわれば、更に高くなります)のプレミアムフードまで色々ありますが、愛犬の身体や体質にあったものをほどよい量で与えるようにしましょう。
日本人と長く暮らしていた柴犬は、魚由来のタンパク質やオイル(魚油)が不足すると、シニア期に認知症を発症するともいわれているので、時々サーモンオイルなどのフィッシュオイルをフードに混ぜて与えるとよいでしょう。また最近はアレルギーのある犬が増えているので、フードによって皮膚トラブルが起きたりした場合は、すみやかに獣医の先生に相談することをお勧めします。

適切な温度や湿度、環境は?

rooVeR (121204)

via rooVeR
柴犬は高温多湿な日本の風土に順応してきた犬で、夏の暑さも冬の寒さも自前の毛並みで完璧に対応出来る犬種です。春の換毛期の抜け毛が凄まじいのは、寒さを乗り切るための冬毛が抜け落ちるせいで、かなり見た目がほっそりする犬もいます。(こちらのブログ参照。http://48inu.com/makimama/2010/10/20/post-4131.html )そしてフラットな毛並みで夏を迎えるため、猛暑でもバテることなく乗り切ります。
ただどれほど日本のジメジメした夏(夏の室温は28℃前後、冬は20℃前後が適温)になじんでいても、汗で身体の熱を放出出来ない犬は暑さに弱く、炎天下や直射日光の当たる場所に長時間放置するのはかわいそうです。外で飼うなら、夏は強い日差しを避けることの出来る涼しい日陰に、冬は冷たい風や雪が吹き込まない日の当たる暖かな場所に、犬小屋を置いてあげてくださいね。

毎日のお世話は?

rooVeR (121209)

via rooVeR
たった一日でもブラッシングをサボると、自慢の毛並みがもつれてボロボロになる長毛犬種に比べ、柴犬のお世話は数倍ラクです(断言)。フードの好き嫌いがあまりなく、老犬になっても散歩が大好き(毎日1時間~)で、日々ごきげんでご主人命の柴犬は、おそらく日本人の生活にしっかりとなじんでいて、文字通りもっとも飼いやすい犬種だといえます。
被毛のお手入れも、換毛期のもさもさで大量な抜け毛を除けば、短毛の柴犬はブラッシングは簡単だし、シャンプーは洗いっ放しでもすぐに乾く(冬期はドライヤーでの乾燥を忘れずに)し、トリミングの必要もありません。独立心が強く、外の犬小屋や犬だけの留守番もストレスを感じることなく過ごせる柴犬ですが、大好きな家族と一緒の生活が犬の一番の幸せであることは心に止めておいてくださいね。

しつけや、懐かせるには?

rooVeR (121213)

via rooVeR

ご主人大好き!褒められるのも大好き!

ワンオーナーでサムライ気質の柴犬は、誰よりも立派で尊敬出来るご主人が大好きです。逆に言えば、ご主人と認めた以外の家族にはさほどなつかないとも言えます(ご主人の家族だから、愛情深く接しはするけれど、ご主人に対する態度より素っ気なくなるのはそのため)。そのためしつけも、多少昔かたぎで上から命令するような形で、分かりやすく歯切れのよい言葉で伝え、出来たら徹底的にほめてあげることが大事です。

小さい頃に、しっかりとコミュニケーションをとっていれば大きくなってからも問題ありません。

また警戒心の強さから、身体をさわられることをいやがる犬がいますが、日々のお手入れ(ブラッシングやシャンプーなど)や動物病院での診察などで困ることが多くなりますから、子犬の頃から少しずつ人の手に慣れるように、普段の生活の中にうまくスキンシップを取り入れてみると良いでしょう。

まさに大和魂!日本人といえば、柴犬なのかもしれません。

アメリカでも大人気の柴犬のトリビアサイトで、柴犬の性格は「悍威【かんい、気迫と威厳】、良性【忠実かつ従順】、素朴【地味だが気品と風格がある】」と紹介されていましたが、これはまさに大和魂を体現したような犬なのだなと思いました。日本人と柴犬は、切っても切れない最良の相棒なのですね。
text:minami
このエントリーをはてなブックマークに追加

WRITER

RECOMMEND

CATEGORY RANKING

CATEGORY RANKING

RECOMMEND

WRITER